なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者の1980年生まれ、アラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログです。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

タイ、バンコクの回転タイスキと寿司の食べ放題レストラン【Shabushi(シャブシ)】

f:id:kawada1234:20180504145050j:plain

タイ風のすき焼き、タイスキとお寿司が食べ放題のレストラン、Shabushi(シャブシ)に行ってきました。

このレストラン、レールの上で回っているのはお寿司ではなくタイスキの具材です。

レールの上で回っている好きなタイスキの具材をとってしゃぶしゃぶして食べる、というスタイルのレストランです。

タイスキやお寿司の他におでんやおかずやデザートもあります。

全部食べ放題でお値段は399バーツ(1375円)という、コスパのいい素晴らしいレストランです。

ただ、ビールは別料金になります。

円への換算はこれを書いている時のレートでしています。

シャブシの場所

f:id:kawada1234:20180504144036j:plain

シャブシはバンコクのほとんどのショッピングモールの中にあります。

今回僕はBig Cの4階にあるシャブシに行きました。

f:id:kawada1234:20180504175257j:plain

Big CはBTSのチットロム駅からもサイアム駅からも歩いていくことができます。

セントラルワールドの道路を挟んで向かい側にあります。

ちなみにセントラルワールドにもシャブシはあります。

店内の様子と食べ方

f:id:kawada1234:20180504175857j:plain

僕は一人だったのですが、一人で来ている人は少ないです。

一人の僕はカウンター席に案内されました。

f:id:kawada1234:20180504180128j:plain

席に着いたら最初は鍋のスープとタレを選びます。

僕はしゃぶしゃぶのスープとすき焼きのタレを選びました。

f:id:kawada1234:20180504180506j:plain

f:id:kawada1234:20180504180523j:plain

まずはドリンクバーに行きます。

ここのお茶、日本のお茶感覚で飲んだらびっくりします。

砂糖の入ったグリーンティーです。

f:id:kawada1234:20180504181739j:plain

ドリンクバーの隣にはアイスがあります。

f:id:kawada1234:20180504181821j:plain

f:id:kawada1234:20180504181842j:plain

f:id:kawada1234:20180504181901j:plain

f:id:kawada1234:20180504181936j:plain

お寿司やおでん、たこ焼き、エビフライ、餃子に果物、いろんな食べ物があります。

食べたいものを手当たり次第取っていきます。

f:id:kawada1234:20180504180727j:plain

店員さんがスープの入った鍋を持ってきてセッティングしてくれました。

f:id:kawada1234:20180504145050j:plain

レールの上の具材を選びます。

牛肉豚肉鶏肉にシーフード、いろんな種類の野菜やキノコが流れてきます。

f:id:kawada1234:20180504191916j:plain

お肉や野菜を手当たり次第に取って投入していきます。

f:id:kawada1234:20180504192239j:plain

どういう風にして食べればいいのかわからないので、隣の人の食べ方をマネします。

まず、鍋からとってタレに付けます。

f:id:kawada1234:20180504192447j:plain

タレに付けたら一度小皿に置きます。

そして食べます。

これが正しいタイスキの食べ方の作法なのでしょうか。

でも、僕は手っ取り早く、タレに付けたら小皿に置かずにそのままダイレクトに食べる事にしました。

このスキヤキのタレですが、日本のスキヤキのタレではなくタイスキのタレです。

少し辛いですが美味しいです。

f:id:kawada1234:20180504193053j:plain

f:id:kawada1234:20180504193117j:plain

この白いのはエビのつみれです。

初めて食べたのですが、これもすごくおいしかったです。

 食べ放題なのでここぞとばかりに食いまくりました。

これで399バーツ(1375円)、かなり満足です。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク