なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

タイ・バンコクでクラトムを買う方法や使用する方法

f:id:kawada1234:20220124180915j:plain

2021年からタイではクラトム(Kratom)が合法化されました。

それまでタイでクラトムは麻薬指定され所持や使用で逮捕となっていましたが、現在は自由に売買や使用ができ嗜好品として使用する事ができます。

日本人にはあまり知られていないクラトムですが、タイに足を踏み入れた人ではクラトムに興味がある人もいるのではないでしょうか。

先日タイ人のおばちゃんからクラトムを貰って試してみたのですが、クラトムはどんな感じかやどこで買えるのかを説明するので興味のある方は参考にして下さい。

 

クラトムとは

そもそもクラトムって何って方も多いでしょうが、クラトムは2021年までタイでは麻薬指定されていたデカい葉っぱです。

興奮作用や鎮痛作用やほんの少しの酩酊状態になる作用があるなんて言われていて、日本では危険薬物として今でも違法の葉っぱです。なのでタイから日本に持っていかないようにしましょう。捕まります。

日本ではほとんどの人が存在自体しらないマイナーな葉っぱですが、タイではほとんどの人が知っている葉っぱです。

合法化される前は毎年多くのクラトム所持、使用により逮捕者が出ていました。中にはクラトム使用で逮捕されて長い刑期を過ごしたうえ、刑期を終えてすぐクラトムが合法化になったなんて残念な方もいたでしょう。

クラトムを買える場所

f:id:kawada1234:20220129144243j:plain

クラトムは露店・屋台で売られている事が多いです。

まだ合法化したばかりだからでしょうか、クラトム屋はあまり多くなく、見かける機会はまだあまりありませんがデカい葉っぱを売っていたらクラトム屋さんです。

f:id:kawada1234:20220129143134j:plain

僕にクラトムをくれたおばちゃんはBTSプロンポン駅前にある屋台で買ったと言っていました。僕は店の場所を確認していませんが、おばちゃんの話では駅のすぐ近くにあるとの事でした。

日本人にとって行きやすい場所なので、これからクラトムを購入してみようと思っている方はプロンポン駅前をうろついてみてください。クラトム屋を発見できなければ、駅周辺にいるバイタクのおじさんとかにクラトムの画像を見せれば教えてくれるでしょう。

f:id:kawada1234:20220410103432j:plain

また、サトーンのトゥンマハーメーク警察署の近くで規模は小さいですがクラトムを売っているのを見かけました。

f:id:kawada1234:20220410103447j:plain

こんな感じで売っています。最近まで違法だった物を警察署の近くで堂々と売っているのがなんだかおもしろい。こちらの売店の場所ですが、地図の赤ピン辺りです。

 

 

クラトムを試してみる

f:id:kawada1234:20220129145315j:plain

こちらが僕が貰ったクラトム。ものすごい大量ですが、こんなにあってもお値段は100バーツくらいです。

クラトムは煮たり飲み物に入れたり、葉っぱをチューチューしてエキスを吸ったりして使用します。

僕はひとまず食べてみました。しっかりと葉っぱを噛みながら口の中でチューチューし、クラトムエキスがなくなったと思ったら飲み込みましたが味はかなり苦く、美味しくはありません。

ただ、良薬口に苦しという言葉もあるのでどれほどの効果があるのかと期待していました。

ただ、しばらく経っても軽く酔っ払ったような感覚がくるだけで、その時お酒も一緒に飲んでいたのでアルコールの作用なのかクラトムの作用なのかよくわかりませんでした。

クラトムを大量に貰い、初日は余ったので後日再度クラトムを利用してみましたが、やはりさほどの効果は感じず。

人それぞれの体質によって効果の程度に差があるのかもしれませんが、その日も余ったクラトムは冷蔵庫に保管。その後、特にクラトムを服用したいという気にもならず、気がついたらクラトムは冷蔵庫の中で干からびかけていたので捨てました。

タイ人ではクラトムが好きな方もいるので、人によっては合うのかもしれませんが、僕はもういいかなって感じでした。

日本では違法ですがタイでは合法でどうどうと使用できるので、値段も安いし気になる方は一度試してみてもいいと思います。

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ