なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

バンコクの電車のキップの買い方と乗り方。スカイトレインBTSと地下鉄MRT。

f:id:kawada1234:20180822151601j:plain

バンコクにも電車はあり、常に道路が渋滞しているバンコクでの移動には電車を利用するのがとても便利です。

頭上を走るスカイトレイン、略してBTSという高架鉄道と地下鉄のMTRという二つの電車をうまく利用すれば、バンコクでの移動はとても便利で楽になります。

初めてBTSに乗った時はキップの買い方もわからなくて随分手間取った僕ですが、言葉も通じない地でどうしていいのかわからない状態になるのって嫌なものです。

そこでバンコクの電車BTSとMRTのキップの買い方と乗り方を分かりやすく説明していきます。

 

路線図

f:id:kawada1234:20180822150936j:plain

こちらがBTSとMRTの路線図になります。

スマホにダウンロードしておけば何かと役に立ちます。

BTS(スカイトレイン)の利用方法

BTS(スカイトレイン)の駅の入り口

f:id:kawada1234:20180822151707j:plain

BTSは頭上の高架鉄道を走っているので、駅に入るには階段やエスカレーターを上っていく事になります。

f:id:kawada1234:20180822151748j:plain

BTSの入り口のには、駅の名前とBTSのマークがあります。

BTS(スカイトレイン)のキップの買い方

f:id:kawada1234:20180822151804j:plain

駅に入ったらこの機械でキップを買う事ができます。

f:id:kawada1234:20180822151913j:plain

キップを買う前に、料金を確認します。

料金は機械の隣に書いてあります。

駅名の横に書いてある数字がキップの料金です。

今いる駅はサラデーン駅で、16という数字が書いてある丸が黄色で塗られています。

行きたい駅はサイアムで、23と書かれています。

キップの料金は23バーツという事です。

f:id:kawada1234:20180822151856j:plain

23バーツなので、23のボタンを押します。

そうすると23のボタンが点灯します。

点灯したら23バーツを入れてください。

f:id:kawada1234:20180822151949j:plain

するとカードが出てきます。

このカードがBTSのキップになります。

お釣りがある場合はキップが出てくる下の部分から出てきます。

忘れずにお釣りを取りましょう。

f:id:kawada1234:20180822152003j:plain

BTSのキップを買う機械は小銭しか使えません。

お札しか持ってなかったら窓口へ行けば両替してくれます。

言葉がわからなくても、なにも言わずにお札を渡せば察してくれて小銭に両替してくれます。

BTS(スカイトレイン)の乗り方

f:id:kawada1234:20180822152029j:plain

キップを買ったら改札へ行きます。

f:id:kawada1234:20180822152044j:plain

改札の正面にキップを入れる所があります。

そこにキップを入れます。

f:id:kawada1234:20180822152058j:plain

キップを入れると改札の上の部分からキップが出てきます。

この切符を取ると改札の扉が開きます。

キップは駅から出る時も使うので、なくさないようにしておきましょう。

f:id:kawada1234:20180822152112j:plain

改札を抜けたらホームに行き、電車を待ちます。

f:id:kawada1234:20180822152130j:plain

電車の行き先を確認したいときや、自分の乗る電車がどのホームに来るかわからない場合は、ホームにある路線図を見てください。

緑で塗られている線が、こちらのホームから乗る電車が進むラインです。

薄いグレーの線にはいきません。

f:id:kawada1234:20180822152150j:plain

反対側、後ろの乗り場の路線図だとこうなっています。

f:id:kawada1234:20180822152205j:plain

電車がきました。

電車の行き先が間違いなければ乗りましょう。

f:id:kawada1234:20180822152221j:plain

f:id:kawada1234:20180822152240j:plain

電車の中で写真を撮っていたら、

f:id:kawada1234:20180822152254j:plain

f:id:kawada1234:20180822152318j:plain

みんなでの写真の撮り合いが始まりました。

こうなると電車移動も楽しくなります。

でも、バンコクでは電車内の撮影は禁止だそうです。

f:id:kawada1234:20180822152337j:plain

目的地に着いたら電車を降り、改札に向かいます。

改札で、キップを入れます。

f:id:kawada1234:20180822152353j:plain

すると扉が開き、改札を抜ける事ができます。

キップは出る時は改札の機械に吸い込まれていき、戻っては来ません。

スポンサーリンク
 

MRT(地下鉄の利用方法)

MRT(地下鉄)の駅の入り口

f:id:kawada1234:20180822152831j:plain

MTRは地下を走っているので、駅に入るには階段やエスカレーターを下っていく事になります。

f:id:kawada1234:20180822152848j:plain

MTRの入り口のには、駅の名前とMTRのマークがあります。

MRT(地下鉄)のキップの買い方

f:id:kawada1234:20180822152901j:plain

駅に入ったらキップを買う機械を目指します。

f:id:kawada1234:20180822152925j:plain

これがキップを買う機械です。

f:id:kawada1234:20180822152949j:plain

キップ販売機の上にはMRTの路線図と料金の書かれた看板があります。

黄色い丸が今いる駅になります。

赤い四角の中の数字はその駅までの料金になります。

f:id:kawada1234:20180822152939j:plain

MRTのキップの買い方ですが、タッチパネルで行きたい駅を押すと金額が表示されます。

その金額を入れるとキップが出てきます。

でも、最初はタッチパネルはタイ語で表記されています。

これでは全く分かりません。

英語がわからない人でも、まだ英語表記の方がなんとかなると思います。

なので、画面右上のENGLISHを押します。

f:id:kawada1234:20180822153021j:plain

すると画面が英語表記になります。

英語表記になったら僕の行きたい駅、silomを押します。

すると画面右下にキップの料金42バーツと表示されます。

タッチパネル内の赤丸は今自分がいる駅で、緑丸は行きたい駅です。

表示された42バーツを入れてキップを購入します。

f:id:kawada1234:20180822153048j:plain

MRTはお札も小銭もつかえますが、使えないお札もあります。

旧札だか新札だかは使えないので、お札が機械に入っていかなかったら他のお札を財布から出して使いましょう。

また、1000バーツ札も使う事ができません。

MRT(地下鉄)の乗り方

f:id:kawada1234:20180822153103j:plain

MRTのキップは丸いコインのようなものです。

これをもって改札に向かいましょう。

f:id:kawada1234:20180822153125j:plain

改札の横には窓口があります。

1000バーツ紙幣しかなかったらここで両替ができます。

またMRTでは窓口でキップを買う事もできます。

キップ販売機に行列ができていたり、キップ販売機で買うのが不安だったら窓口でキップを購入しましょう。

f:id:kawada1234:20180822153226j:plain

キップを買ったら改札へ行きます。

改札の上の部分にキップをタッチします。

そうすると改札の扉が開き、改札内に入る事ができます。

キップは出る時も使うのでなくさないようにしましょう。

f:id:kawada1234:20180822153146j:plain

改札を抜けたらホームに行き、電車を待ちます。

f:id:kawada1234:20180822153336j:plain

電車の行き先を確認したいときや、自分の乗る電車がどのホームに来るかわからない場合は、ホームにある路線図を見てください。

青で塗られている線が、こちらのホームから乗る電車が進むラインです。

薄いグレーの線の方向にはいきません。

f:id:kawada1234:20180822153356j:plain

出る時は改札のキップ挿入口にキップを入れます。

そうすると扉が開きます。

出る時はキップは戻ってきません。

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク