なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

美容にもいい!?バンコクの緑の丼マーク付きおすすめカオカームー【Chula Pork Leg】

バンコク ローカル食堂のカオカームー

カオカームーとはスープでトロトロになるまで長時間煮込んだ豚足をご飯に乗せたタイの激ウマ料理です。

僕が行ったChula Pork Legはカオカームーの食べれる緑のどんぶりマークのあるバンコクの食堂です。

f:id:kawada1234:20180820132619j:plain

タイでは緑のどんぶりマークのあるお店に行けば間違いはありません。

タイの王家の血を引く料理評論家が身分を隠しタイ国内のお店を回り、美味しいと認定した料理にだけこの緑の丼マークを授けたそうで、タイのミシュランのようなものです。

 

Chula Pork Legの場所

f:id:kawada1234:20180820132702j:plain

Chula Pork LegはMRTサムヤーン駅から徒歩5分程度の場所にあります。

f:id:kawada1234:20180906151215j:plain

サムヤーン駅の2番出口を出ると、大きい通りラマ4世通りがあります。

その通り沿いに歩道をまっすぐ歩きます。

f:id:kawada1234:20180906151219j:plain

横断歩道を渡ります。

f:id:kawada1234:20180906151223j:plain

そのままラマ4世通りをまっすぐ進みます。

f:id:kawada1234:20180906151228j:plain

一つ目を曲がります。

f:id:kawada1234:20180906151453j:plain

曲がった先にいくつか食堂があるのですが、その一つがChula Pork Legです。

そしてこの辺りはとても美味しいローカル食堂が密集しています。

安いくせにうまいという、とても素晴らしいお店だらけです。

このお店以外にも緑のどんぶりマークのあるお店は周りにいくつかありますし、緑の丼マークがなくても美味しいお店もいくつもあります。

すでにブログで紹介しているお店もありますし、今後紹介していこうと思っているお店もいくつもあります。

サムヤーン駅周辺で日本人旅行者を見かける事はあまりないですが、タイのローカルフードに興味がある方には是非訪れてもらいたい地域です。

お店の様子

f:id:kawada1234:20180820132738j:plain

サムヤーンのローカル食堂密集地域に行くと店の前と上、二つの緑の丼マークの看板を掲げたお店があります。

ものすごい緑の丼マークアピール力です。

このお店がChula Pork Legになります。

緑の丼マークの下に書かれているタイ語が認定を受けた料理名になります。

丼マークの認定を受けた料理が食べたかったら看板を指差してプリーズといえばどこの店でも通じます。

f:id:kawada1234:20180820132754j:plain

外から店内を見るとこんな感じです。

混んでたら嫌だから14時頃にいったので、お客さんはいません。

f:id:kawada1234:20180820132813j:plain

店の前にはトロトロに煮込まれた豚足が入った鍋があります。

この豚足の肉をそぎ落としてご飯にかけてた料理がカオカームーです。

f:id:kawada1234:20180820132827j:plain

がっつりと煮込まれた豚足と玉子が入っている大鍋を見て味のしみこみまくった美味しいおでん屋を思い出しました。

こんなの美味しいに決まっています。

そして豚足といえばコラーゲン。

きっと美容にもいいのでしょう。

玉子にも味がたっぷりしみこんでいて、とても美味しそうです。

f:id:kawada1234:20180820132843j:plain

緑の丼マークの認定を受けたカオカームーを注文したら、次にスープを選びます。

数種類のスープの中から好きなスープを選ぶことができます。

スープは蒸し器の中に入っているので熱々です。

f:id:kawada1234:20180820132858j:plain

テーブルについて料理が運ばれてくるのを待ちます。

テーブルの上の調味料はこれだけです。

他のタイ料理店と比べて味変用調味料が少ないのは、提供された料理の味をそのまま食べてほしいからなのでしょうか。

f:id:kawada1234:20180820132913j:plain

f:id:kawada1234:20180820132927j:plain

壁にはメニューが貼られていますが、全部タイ語なので読めません。

f:id:kawada1234:20180820132945j:plain

店内では店員さんがゆで卵の殻むきをしています。

ゆで卵、かなりの数があります。

毎日たくさんのお客さんが来るのでしょう。

カオカームーをいただきます

f:id:kawada1234:20180820132959j:plain

最初は熱々のスープが運ばれてきます。

こちらはタイゴーヤのスープです。

タイゴーヤは僕たちが知っているゴーヤと違ってイボイボがありません。

タイゴーヤを日本で食べる機会ってほとんどないと思います。

味はゴーヤのように苦いですが、ゴーヤ好きの僕は好きな味です。

f:id:kawada1234:20180704152234j:plain

これがタイゴーヤの売られている時の姿です。

f:id:kawada1234:20180820132425j:plain

続いてカオカームーも運ばれてきました。

お値段は80バーツだったか100バーツでした。

f:id:kawada1234:20180820133032j:plain

カオカームー、いただきます。

f:id:kawada1234:20180820133053j:plain

柔らか~~い豚足がすごく美味しい。

タレもご飯にいい具合にしみ込んで、とってもうまい!

豚足とご飯を一緒に食べると最高です。

煮卵もかなりうまいです。

タレがいい具合にしみ込んでます。

タイ人も日本人と同じように玉子料理が大好きです。

日本と同様にタイでも美味しい煮卵を作るために昔から試行錯誤されてきて今に繋がっているのでしょう。

煮卵好きにはぜひ食べてもらいたい。

f:id:kawada1234:20180820133116j:plain

そしてびっくりしたのがこれ。

タイ風厚揚げって感じの食べ物ですが、これもかなりうまい。

タレががっつりしみ込んだ厚揚げですが、厚揚げとタレがすごく合います。

日本のおでんとは一味違うタイ風厚揚げとタイ風煮卵、日本人には日本のものと食べ比べてほしい。

二度目にこのお店に行った時は厚揚げが皿の上になかったのですが、店員さんに食べたいって言ったら持ってきてくれました。

もしこのお店に行って厚揚げや煮卵がお皿に乗ってなかったら店員さんに言ってください。

お店情報と地図

住所 284 จุฬาฯ 15 Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

スポンサーリンク
 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク