なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
日本国内在宅勤務orマレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで部屋探し・買い物や仕入れ・メールやLINE等の通訳・翻訳をタイ人に安くお願いしたいという方は【こちらをクリック】

タイ・バンコクでアイコスやVAPEなどの電子タバコを買う方法

タイではアイコスやVAPEなどの電子タバコは違法ですが、バンコクでは電子タバコを購入する事ができます。

また、タイのバンコク以外の地域でも、お店があるかはわかりませんがネットで電子タバコを購入する事ができます。

アイコスやグロー、プルームテックやベイプなどの電子タバコを日本からタイにもってきて空港で見つかってしまうとタイに入国できなかったり、タイで電子タバコを吸うと最悪逮捕されてしまう可能性もあります。逮捕をされなくても、電子タバコを所持していたという事で警察から罰金を取られた日本人はたくさんいます。罰金は5万バーツくらいで、警察によってはそれより安かったり高かったりもしますが、結構痛い金額です。

でも、タイではその辺で電子タバコを吸っている人をたびたび見かけるし、普通に流通しています。警察や政府は基本黙認状態、だけどたまに逮捕しちゃうって感じのようです。

タイではリスクもある電子タバコですが、タイで電子タバコを吸いたい、購入したいという方もいると思います。そんな方は参考にしてください。

 

ネット通販で買う方法

電子タバコを買う方法として一番多いのはネットでの購入でしょう。タイ人も、タイ在住日本人も、電子タバコをもっている人はネットで買ったという人が多いです。

ラインやフェイスブックで電子タバコを販売している業者がタイにはちょこちょこいます。

以前はネットでアイコスを買ったというタイ人が多かったですが、最近はVAPEが主流のようです。

リキッドもいろんな種類のものが売られています。日本では販売が禁止されているニコチン入りリキッドもタイの通販にはたくさん売られています。

タイでの電子タバコ所持は違法なので、ネットショップのURLはのせませんが、タイでネットで電子タバコを買いたいという方は、周りにいる電子タバコを吸っているタイ人や日本人に教えてもらいましょう。

また、VAPE以外のアイコスなどの電子タバコはネットでしか売っていません。こちらもあえてURLはのせませんが、ほしい方は英語でタイの地名+IQOSなどで検索して自力で探してみましょう。

路上の屋台で買う方法

違法の電子タバコですが、路上の屋台でも堂々と売られています。

BTSスクンビット駅、MRTアソーク駅からナナ駅にかけての路上では電子タバコを売っている屋台があります。

駅を降りてテーメーカフェを目指して歩いていれば、電子タバコの屋台を何件か発見できます。

テーメーカフェについて詳しくはこちら。

また、パッポン通りとタニヤ通りの間にあるシーロム ソイ 4という通りあたりでも、夕方辺りから電子タバコ屋さんの露店が現れます。

バンコク サラデーン駅周辺の電子タバコ屋さん

こちらはBTSサラデーン駅から徒歩2~3分ほど。

地図だとこちらのサンライズタコスの前あたりになります。

※追記 2023年4月現在、路上の電子タバコ屋台は姿を消してしまいました。警察による締め付けが強化されたのでしょう。ただ、これを書いている今は姿を消していますがタイの事なのでまた復活する可能性も十分にあります。

※さらに追記 2023年7月現在、BTSサラデーン駅ちかくの電子タバコ屋さんが復活していました。たぶん今後も時期によってお店があったりなかったりするので、どうしてもお店で買いたいという方は念のためにお店があるかチェックしてみましょう。

 

お店で買う方法

バンコクでは、ナイトマーケットの屋台で電子タバコを売っているのをたびたび見かけます。

ナイトマーケットの電子タバコ屋さんの前では警察が食事をしていました。でも、何のお咎めもなしでした。また、お巡りさんの近くの席で食事をしている人が電子タバコを吸っていても、注意すらもされていませんでした。

電子タバコは違法とはいえ、現場では黙認状態のようです。

こちらがマーケットのお店に売られている電子タバコになります。

全てVAPEになります。本体はスティック状の物や、煙が大量に出る物など、いくつかの種類が売られています。

リキッドもたくさんあり、マルボロやメビウスといった日本でもメジャーなタバコから、Marboといったパチもの感満載の物、ミロやファンタ、ストロベリーといった食べたら美味しい物まで様々なものが売られています。

本体のお値段は1200~1800バーツくらいになります。また、本体を買ったら好きなリキッドを一本おまけしてくれたりするお店もあります。

ちなみに電子タバコの本体は売っているお店によって値段が違います。こちらの屋台で売られているものと同じものが他だと1000バーツ近く高かったりするので、僕は電子タバコの本体を買う時はこちらのナイトマーケットまで来て購入しています。

購入した電子タバコは中身が見えないよう真っ黒い袋に入れられて渡されます。

また、バンコクでは禁酒日にこっそりお酒を売ってくれる店でも中身が見えないよう真っ黒い袋に入れて渡してくれます。なので逆に真っ黒い袋を持っている人は、ルール違反の買い物をしているというのがバレバレでわかりやすいような気もします。電子タバコの入った黒い袋を持ち歩くのが不安という方は自分で中身の見えないバックを用意しておきましょう。

電子タバコ屋さんがあるナイトマーケットですが、インディーマーケットに行けば見つける事ができます。観光客が多いナイトマーケットには電子タバコ屋さんはありません。お店で買いたいという方は中規模以上のローカル色の強いマーケットを探してみましょう。インディーマーケットの駐車場側は電子タバコやフレーバーの種類が豊富です。

※追記 2023年以降、違法なので摘発を恐れてインディーマーケットの電子タバコ屋さんはTシャツ屋さんやライター屋さんにカモフラージュしていたりする場合があります。もし電子タバコ屋さんが見つからないという場合は、駐車場側の売店周辺にいれば電子タバコを売り買いしている所を見れるのでそのお店に声をかけて購入しましょう。

バンコクのナイトマーケット、インディーマーケットの場所や行き方、お店の様子についてはこちら。

タイでのタバコの買い方や値段についてはこちら。

タイの禁酒日にお酒を買う方法はこちら。

バンコクのマリファナ屋さんについてはこちら。

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ