なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。


バンコクで食べれる世界一うまいマッサマンカレーのあるローカル食堂【Krua Aroy-Aroy】

世界一のカレーを食べれるKrua Aroy-Aroyの紹介

タイ・バンコクで世界一美味しいと言われたマッサマンカレーを食べるのならシーロム通りにあるローカル食堂のKrua Aroy-Aroyがおすすめです。

マッサマンカレーとは数年前、CNNに世界一美味しい料理と認定された料理で、じゃがいもと鶏肉をじっくりと煮込んだカレーです。

日本ではほとんど知られていないマッサマンカレーですが、世界一の称号を受けてからは世界での認知度がかなり高まっています。

タイのカレーといえば辛そうというイメージがありますが、カレー中辛が限界の辛さ耐性が非常に低い僕でもマッサマンカレーは美味しく食べる事ができます。

辛くないカレーが大好物な僕はおいしいマッサマンカレーを食べにKrua Aroy-Aroyに行ってきたので紹介します。

 

Krua Aroy-Aroyの場所と行き方

f:id:kawada1234:20190325140837j:plain

Krua Aroy-Aroyはシーロム通り沿いにあります。

一番近い駅はBTSチョンノンシー駅で、徒歩だと10分くらいかかります。

f:id:kawada1234:20190325141123j:plain

シーロム通りという大きな通りを歩いているとSRI MAHAMARIAMMAN TEMPLEというインドの寺院が見えてきます。

インドの寺院のある道を曲がります。

f:id:kawada1234:20190325141400j:plain

曲がるとすぐにセブンイレブンがあります。

セブンイレブンの隣がKrua Aroy-Aroyになりますが、通りには屋台が並んでいるので屋台の内側の歩道を歩かないとお店を発見しにくいです。

f:id:kawada1234:20190325141516j:plain

こちらがKrua Aroy-Aroyになります。

Krua Aroy-Aroy お店の様子

f:id:kawada1234:20190325141553j:plain

お店の前のガラスケースには日本語で休業日は第二・第四日曜日と書かれた紙が貼っています。

日本人にも大人気のお店なのでしょう。

f:id:kawada1234:20190325141737j:plain

キッチンにはたくさんの鍋が置かれています。

どの鍋の中身も美味しそうで、じっくり煮込まれている感が伝わります。

f:id:kawada1234:20190325141740j:plain

カレー以外の食材もたくさん置かれています。

f:id:kawada1234:20190325141852j:plain

テーブルの上には調味料があります。

完全なるタイのローカル食堂です。

f:id:kawada1234:20190325141932j:plain

椅子の下にはかわいい猫ちゃんがいました。

僕が座ろうとしたせいで起きてしまいましたが、僕が座ったらまた眠りに入りました。

Krua Aroy-Aroyのメニュー

f:id:kawada1234:20190325142155j:plain

こちらがメニューになります。

マッサマンカレーはライス付きで100バーツ、約350円。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

f:id:kawada1234:20190325142554j:plain

初めて行く方は店員さんにマッサマンカレーはどれ?と聞くと教えてくれます。

チキンとポークのマッサマンカレーがあります。

f:id:kawada1234:20190325142732j:plain

カレー以外のタイ料理もたくさんあります。

キッチンに置かれているカレー以外の食材や鍋をみるとどれも美味しそうなのですが、僕はここにきたら常にカレー一択です。

f:id:kawada1234:20190325142830j:plain

コーヒーやコーラ、様々な紅茶などがあり、ドリンク類も充実しています。

 

マッサマンカレー いただきます

f:id:kawada1234:20190325143017j:plain

最初に運ばれてきたのはThai iced black coffee。

その名の通り、タイ風のブラックコーヒーです。

見た目はかなり苦そうですが、飲んでみるとかなり甘いです。

f:id:kawada1234:20190325143232j:plain

マッサマンカレーの登場!

僕が注文したのはチキンと豆の入っているマッサマンカレーです。

f:id:kawada1234:20190325143220j:plain

タイではなかなか食べる機会のないジャガイモは、しっかり茹でられていてかなり柔らかく、スプーンで簡単に一刀両断できます。

その柔らかいジャガイモにカレーがたっぷり沁み込んでいて、食べるととっても美味しい。

辛さは中辛くらいでピリッとした辛さもあります。

辛い物が苦手で松屋のカレーを食べる事もできない僕ですが、このカレーは美味しく食べれます。

f:id:kawada1234:20190325144140j:plain

ぶっかけてワンプレートにして食う!

カレーを一番美味しく食べるにはこうするしかありません。

スプーンでご飯をすくってカレーにくぐらせるなんていうチマチマした食べ方なんてしてられません。

f:id:kawada1234:20190325144354j:plain

こちらは鶏肉。

写真うつりは少々汚くなってしまいましたが、ものすごく柔らかくて美味しいチキンです。

タイの初めてのお店で料理を注文する時にチキンかポークかビーフの選択肢が出てきたら、まずはチキンを注文しましょう。

僕はタイ人からそう教わったのですが、その教えを忠実に守っています。

なんでもかんでもタイ料理はチキン味が一番うまい。

そしてカレーに入っている豆はしんなりしているわけではなく、いい歯ごたえがあります。

豆のカリっとした歯ごたえも心地いい。

さすが世界一に選ばれたカレーだけあって美味しい。

3日くらい連続で食べても大丈夫そうです。

具材もジャガイモとチキンなので、日本のカレーと非常に似ています。

カレー大好きな日本人が食べたら大満足間違いなし。

黄レンジャーも大満足でしょう。

ただ、写真を見てわかる通り日本のカレーよりもかなりオイリーです。

富士丸のラーメンのように油の層が浮いていて、カロリーは高そうです。

高カロリーって美味しいですが、カロリーが気になる方は油の吸収を抑える肥満治療薬のゼニカルを準備してからマッサマンカレーに挑みましょう。

タイや日本でゼニカルを買う方法はこちら。

日清のカップヌードル・マッサマンカレーについてはこちら。

Krua Aroy-Aroy 営業情報と地図

住所(英語) 14 ซอย Pan Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
住所(タイ語) 4 ซอย ถนนปั้น แขวง สีลม เขต บางรัก กรุงเทพมหานคร 10500
電話番号 02 635 2365
営業時間 9:00~18:00 
定休日 第二・第四 日曜日

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ