なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
日本国内在宅勤務orマレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで部屋探し・買い物や仕入れ・メールやLINE等の通訳・翻訳をタイ人に安くお願いしたいという方は【こちらをクリック】

ビエンチャン中心部のリーズナブルなホテル Phongsavath Boutique Hotel

ラオス・ビエンチャンの中心部でリーズナブルなホテルに泊まるのなら、Phongsavath Boutique Hotelがおすすめです。

ナイトマーケットやナンプ広場は徒歩でサクッといけて、周辺徒歩圏内には他にもラオス料理店・イタリアン・カフェ・コンビニ・レンタルバイク屋などがあるので立地はとてもいいです。

部屋は快適で、部屋によってはバルコニーもあるので喫煙者も安心。

当日の早い時間にホテルについてアーリーチェックインをお願いしたらOKしてくれたりと、対応もバッチリ。

ビエンチャン中心部にある同ランクのホテルに比べたらお値段はとてもリーズナブルなPhongsavath Boutique Hotel。泊まってみたらすごくよかったので紹介します。また、お得に安く泊まる方法も紹介します。

 

場所と行き方

Phongsavath Boutique Hotelはビエンチャンの中心地にあり、ナンプ広場から200メートルほど、ナイトマーケットまでも400メートルほどの場所に位置しています。

空港や陸路から来る場合はタクシーやトゥクトゥクでホテルまで移動する事になると思いますが、運転手に地図を見せればOKです。

ホテルの地図はこの記事の下の方に貼っています。

Phongsavath Boutique Hotelの紹介

外観とロビー

こちらがホテルの外観になります。実際に訪れてみると古さを感じますが、古いというよりは趣のあるアンティーク感があります。

こちらはロビー。チェックインは14時からです。

陸路で来た僕は10時前という早すぎる時間にホテルについたのですが、アーリーチェックインは可能かをフロントの人に聞いたら、掃除をするから30分くらい待ってくれたらOKだよ、と言ってくれました。

今まで僕はビエンチャンの様々なホテルを利用してきて、中にはアーリーチェックインは不可のホテルもありました。可能なホテルでも2時間くらいは待つ事になりました。当日にお願いしたのにこんなにも早い時間からホテルの部屋へ入れるなんてとてもありがたかったです。
僕の後に来た人もアーリーチェックインは可能かを聞いていたのですが、僕のすぐ後に部屋に入れるようになっていました。

また、チェックアウトの際はフロントの方に頼めばタクシーを呼んでもらえます。

ロビーの隣には朝食会場があります。

フロントの奥に階段があります。

エレベーターはなく、上に行く手段は階段のみ。だから他のホテルに比べても料金が安いのでしょうか。僕は2階だったし荷物も少ないので階段でも問題なかったですが、巨大なキャリーバックをもって階段で4階までいったりするのはキツイかもしれません。

また、プールやジムといった共有施設はありません。その辺もホテルのリーズナブルな料金の理由に影響しているのでしょう。

 

部屋の様子

こちらが僕が泊まった部屋のバルコニーがあるスーペリアツインルームです。

部屋の広さは15平方メートルで約9畳。ベッドが二つあり、二人で泊まっても全く窮屈しない部屋の広さです。

エアコンも快適に作動します。

壁に掛けられたテレビの下にはテーブルがあり、ケトルやミネラルウォーター、紅茶などが置かれています。

テーブルが大きいので、パソコン作業はしやすいです。

ネットの速度はダウンロードが81、アップロードが90と、ビエンチャンのホテルの中ではかなりいい方です。

動画はサクッと見れるし、大きなファイルの送受信もストレスなくできます。

二人で利用しても余裕で使えるクローゼットの中には冷蔵庫とドライヤーがあります。

冷蔵庫の中にはコーラなどのソフトドリンクやビアラオが入っていて、飲んだ分はチェックアウト時に清算となります。

バルコニーは細く快適さはないですがタバコを吸う分には問題ありません。

トイレは水洗で紙を流さないようにとの注意書きがありますが、僕はトイレットペーパーを流しても詰まる事はありませんでした。

また、ラオスのホテルでは珍しくコンディショナーも置いてあります。

シャワーは水圧、温度ともに問題なし。日中の暑さで汗だくになってもシャワーで綺麗さっぱりになります。

部屋の電気はドア横にカードキーを差し込まないと使えないタイプですが、ポイントカード等のカードを代わりに差し込んでいても電気を使えます。

僕はカードキーの代わりにバンコクの日本食屋のオレンジハウスのポイントカードを差し込んで、部屋にいない時も部屋の温度を保っていたり充電をしていました。

朝食

朝食は目玉焼きやスクランブルエッグなどから一種類を選ぶかたちになります。

また、野菜サラダとパンはビュッフェ形式で好きなものを好きなだけ食べる事ができます。

こちらが僕が注文したオムレツです。ソーセージやカリカリベーコン、焼きトマトやキノコ炒めもついています。

味は見た目から想像できる通りの味で、朝食には全く不満はありませんでした。

ロケーション

ロケーションは抜群に良く、ナイトマーケットまでは400メートルほど。ぶらりとナイトマーケットまで歩いて行く事ができます。

コロナ前はビエンチャンのランドマーク的なスポットだった、ライトアップされている噴水が綺麗なナンプ広場までは200メートルほど。

ホテルからナンプ広場へ行くまでの道にはカフェやイタリアン、ラオス料理店などがあります。

周辺にはレンタルバイク屋も何件かあります。レンタルバイク屋が近いと借りる時、返す時の手間がかからないのがとても便利。

また、日本人が経営しているレンタルバイク屋も近くにあります。ビエンチャンで初めてバイクを借りるという方は日本語の通じる日本人経営のお店でバイクを借りるのが何かと安心なのではないでしょうか。

ビエンチャンレンタルバイクを借りたいという方はこちらを参考にして下さい。

ホテルから徒歩移動でもビエンチャンを十分楽しめる、とてもいい場所にホテルはあります。

一泊の料金

時期と予約のタイミングで値段は変わりますが、僕が泊まった時は一泊約2000バーツ、4000円ほどの料金です。二人で泊まれば一人一泊2000円ほどの激安価格。しかも朝食代込みです。

ビエンチャン中心部にあり、徒歩でも様々な楽しみ方ができて部屋も問題がなくバルコニーまでついているのにこの価格はかなりコスパが高いです。

お得に安く泊まる方法

ホテルの予約はブッキングドットコムかアゴダを使うとお得です。僕は毎回二つのサイトで値段を比べて安い方で予約しています。

下のリンク先から料金を調べたり、予約したりする事ができます。

  agoda-Phongsavath Boutique Hotel

【Booking.com】世界のホテル割引予約  

まだブッキングドットコムのアカウントがない方はこちらから登録すると、1800円のキャッシュバックが付きます。

¥1800キャッシュバック Booking.com

ビエンチャン旅行に役立つ記事

ビエンチャンのプール付きのホテル、チャンダラ ブティック ホテルについてはこちら。

ビエンチャンのホテル、シティー イン ビエンチャンもおすすめです。

ラオス旅行では必須のアプリ、通貨換算アプリのCurrencyの使い方とインストールはこちら。

ラオス・ビエンチャンでの食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

営業情報と地図

住所 Rue Samsenthai, Vientiane 01000
電話番号 +8562055856868
チェックイン時間 14:00
チェックアウト時間 12:00

 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ