なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

初めてのリペ島旅行におすすめのホテル Sita Beach Resortの紹介

リペ島のホテル Sita Beach Resort

リペ島にはたくさんのホテルがありますが、初めてリペ島に行く方はリペ島の港があるパタヤビーチ沿いのホテルに泊まる事をお勧めします。

自然が豊かな分交通網の発達していないリペ島で港から遠いホテルをとってしまうと、まずはリペ島到着時に荷物を持ってホテルまで行く事が大変です。

また、パタヤビーチはリペ島観光やショッピングの要であるウォーキングストリートの入口があり、ウォーキングストリートを歩けば島唯一のセブンイレブンにも到着します。パタヤビーチ沿いには様々なレストランもあるので、パタヤビーチ沿いのホテルに泊まれば初めてのリペ島でも苦労する事なく楽しめて、リペ島がどんな島かを把握できるでしょう。

そんなリペ島のパタヤビーチ沿いのホテルの中でもおすすめなのがSita Beach Resortになります。

帰る日を決めずにリペ島に行った僕は最初は数日Sita Beach Resortに泊まって、その間によさげなホテルを探して途中でもっといいホテルに移ろうと思っていたのですが、結局宿泊を延長してリペ島滞在時はずっとSita Beach Resortに泊まっていました。

僕にとってものすごく良かったSita Beach Resortを紹介するので、リペ島のホテルを探している方は参考にしてください。また、お得に安く泊まる方法も紹介します。

Sita Beach Resortの場所と行き方

Sita Beach Resortは、リペ島の港があるパタヤビーチ沿いにあります。港から海を背にパタヤビーチを左に600~700メートル歩くとSita Beach Resortになります。

荷物を持って砂浜を歩くには若干めんどくさい距離だしもっと港に近い位置にホテルはたくさんありますが、港に近い場所は夜になるとレストランやバーが盛り上がり人も多く、静かじゃありません。

Sita Beach Resortの周辺ビーチは夜になっても人が少なく静かです。

Sita Beach Resortでは予約時に送迎の車を頼むこともできます。送迎の車を頼んでいなくても、港にはタクシーがいるので、歩くのがめんどくさい場合はタクシーを利用できます。ただ、リペ島のタクシーは原チャリにサイドカーがついた物で、車のタクシーではありません。タクシーは僕が利用した時はどこにいっても一人50バーツでした。

リペ島はしっかり舗装された道路が少なく、道も便利な感じにできていません。

港からホテルにタクシーで行くと大回りになり、舗装されていない道路や山道も通っていく事になります。ビーチを歩いて行った方がタクシーよりも早くホテルに到着できます。
帰りはチェックアウトの際にフロントの人に頼めばホテルの車で港まで無料で送っていってもらえます。

Sita Beach Resortの紹介

ロビー

こちらがSita Beach Resortの入口です。パタヤビーチ沿いにはたくさんホテルがありますが、似た外観のホテルはないのでわかりやすいです。

ロビーは吹き抜けで、海から気持ちいい風がよく入ってきます。フロントにはものすごく感じのいいお姉さんがいます。

また、ものすごく人懐っこいネコちゃん達がいて、ロビーやロビー周辺、ホテル前のビーチでしょっちゅう宿泊客にじゃれついてきます。

ものすごく広いSita Beach Resort。部屋は全てヴィラタイプで、まるで一つの住宅街の様です。

ロビーからビーチ側をみると、パタヤビーチの白い砂浜と綺麗な水平線が広がっています。宿泊中は何度もこの景色を見る事になりますが、毎回気分を良くさせてくれる景色です。

山を切り開き整備して作られたSita Beach Resort。途中から坂道になっています。上の方の部屋だと毎回行き来するのが大変です。僕は最初は真ん中より上あたりの場所の部屋でしたが、宿泊延長した際はロビー近くの部屋に変えてもらいました。

坂道を歩くのがめんどくさい時は、スタッフの運転するカートに乗って上まで移動できます。カートは日本からの直輸入のようで、操作法などが日本語で書かれています。思わぬ所で日本語を目にしました。

部屋の様子

こちらが僕が泊まったデラックス ヒルサイドルームのお部屋です。Sita Beach Resortは上の場所にある部屋ほどグレードが高くなります。

全部屋禁煙ですが、全ての部屋の入口前にテーブルと椅子が置かれていて、テーブルの上には灰皿が置かれています。タバコは玄関前か、バルコニーがある部屋だったらバルコニーで吸えます。

部屋の広さは45㎡。二人で泊まっても窮屈さは一切感じません。部屋の真ん中にはクイーンサイズのベッドが置かれています。また、ベッドの両脇にはコンセントがあります。

エアコンはガッツリ効くし、部屋の電気は外出時でもつけっぱなしにできるタイプなので、充電をしたまま外出できます。

また、無料でWi-Fiも使えます。ネットフリックスをスムーズに見れたので、Wi-Fiの速度も問題ありません。

入り口わきにはフカフカの四角い物が置かれています。ベッドを汚したくない僕はフカフカに寝っ転がってスマホをいじりながらお菓子を食べていました。

大きなクローゼットやテーブル、椅子、鏡、テレビ、ドライヤーもあります。

冷蔵庫には毎日ミネラルウォーターが二本ずつ補給されていました。ジュースやビールはありませんが、僕はウォーキングストリートのお店やホテルのレストランで飲み物をかって冷蔵庫をパンパンにしていました。

ケトルやコップ、コーヒーも置かれています。

トイレ、バスルームはかなりの広さです。

トイレは洋式水洗で、トイレットペーパーを流しても詰まる事はありませんでした。

歯ブラシやシャンプーなどのアメニティもありますが、僕はセブンイレブンで購入したシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃りを使っていました。

こちらはシャワールームです。暖かいお湯もきちんとでますが、この部屋の欠点が水圧が弱い事でした。ただ、水圧が弱いのには原因があって、シャワーヘッドのホースの接続部が壊れかけていて水漏れしていたからでした。

シャワールームの奥にはバスタブがあります。そしてバスタブのシャワーは水圧はいい感じで全く問題なかったので、シャワールームでなくバスタブのシャワーを使っていました。

バスタブの存在はかなり嬉しく、灼熱のリペで汗だくになったり、海水でベトベトになった状態でのバスタブでのまったりタイムは最高でした。

ただ、なぜかバスタブは暖かいお湯がでるまでに3分くらい時間がかかりました。また、微妙な露天タイプなので雨が降ると上から雨水が降り注いできます。

こちらは宿泊延長した際に変えてもらったロビー近くの部屋です。上記で説明した部屋と中身はほとんど変わりません。

唯一の違いはバスタブが完全露天タイプでした。

水圧も水温も最初の部屋とは違い全く問題なく、オーブの映るバスタブで綺麗な星空を眺めながらの入浴は素晴らしかったです。

レストラン・朝食

ホテルの入り口横にはバー&レストランがあり、朝食ビュッフェの会場となっています。

タイ料理+洋食のビュッフェはメニューが毎日若干変わるので連泊しても飽きずに食べれます。

ホテルのバー&レストランは、飲み物やビールのつまみになる軽食やタイ料理などのメニューがあります。

頼めばホテル前のビーチまで飲み物や食べ物をもってきてくれます。

施設

Sita Beach Resortには二つのプールがあります。こちらはロビーから入ってすぐにあるプールです。一番深い所は150センチ以上ありますが、浅いプールもあるので大人も子供も楽しめます。

ホテルのレストランで飲み物や食べ物を注文すると持ってきてくれます。

こちらは坂を上り切った所にあるプールで、ジャグジー付きです。標高がそこそこ高い場所にあるので、眺めも最高です。

上にあるプールにはバーもあります。プールの中には椅子もあるので、まったりとプールに浸かりながらドリンクを飲む事もできます。

Sita Beach Resortではシュノーケリングツアーも行っています。ボート貸し切りは2000バーツですが、僕は頼んでいないのに1800バーツに値下げしてくれました。

また、グループでいくスピードボートだと一人250バーツです。リペ島のツアー会社でシュノーケリングを申し込むと、巡る島の数にもよりますが大体500バーツ前後になります。

ホテルのグループボートは一人250バーツと、他でのシュノーケリングよりも半額程度の値段。ランチもついているのでとてもお得なお値段でシュノーケリングツアーに参加できます。

シュノーケリング当日、ボートはホテル前に来るので移動の手間もかかりません。綺麗な島やシュノーケリングポイントを何か所もめぐり、たったの250バーツでものすごく充実した時間をたっぷりとすごせます。

リペ島のシュノーケリングツアーについてはこちら。

ロケーション

ロケーションは抜群に良く、昼間は観光客はシュノーケリングやダイビングいっていたり暑くて部屋の中に閉じこもっているため、ホテル前のパタヤビーチはほとんど人がいなく貸し切り状態のようになります。

リペ島の出入り口の港からは600~700メートルのため、行き帰りにも便利です。

夕方辺りから人が増えて盛り上がってくるホテル周辺のパタヤビーチ。日中は閉まっていますが、涼しくなってくるとビーチ沿いにいい感じのレストランやバーが並びだします。

パタヤビーチにあるおすすめのビュッフェレストラン、アキラ リペ リゾートについてはこちら。

パタヤビーチにはウォーキングストリートの入口があります。お土産屋やレストランやスーパーが並ぶウォーキングストリートとパタヤビーチのみでも十分にリペでの楽しい時間を過ごせます。

ウォーキングストリートについて詳しくはこちら。

また、ウォーキングストリートの入口前では夜になるとファイヤーダンスショーもはじまります。タイでは一部のファイヤーダンスでは火花は飛ぶけど安全そうな棒を使ってファイヤーダンスを行いますが、リペ島のファイヤーダンスでは本格的な炎を使ってのファイヤーダンスです。なので、ダンサーの近くに行くと灯油臭いです。

一泊の料金

時期と予約のタイミングで値段は変わりますが、アゴダで適当な日を二人一泊で調べると僕が予約したヒルサイドルームの料金は一泊7826円で一人約3500円です。タイの他の地域に比べるとリペ島のホテルの値段は若干高めですが、それでも日本のホテルに比べたらものすごく安く感じます。

5000円の部屋もありますが、僕が予約した時はほとんどの部屋が埋まっていて、この部屋しか空きがありませんでした。人がいないと思われるタイの連休、ソンクラーンの次の週だったのですが、それでもどのホテルもほとんど空き部屋なしの状態でした。

お得に安く泊まる方法

ホテルの予約はブッキングドットコムかアゴダを使うとお得です。僕は毎回二つのサイトで値段を比べて安い方で予約しています。

下のリンク先から料金を調べたり、予約したりする事ができます。

agoda-Sita Beach Resort

【Booking.com】世界のホテル割引予約  

まだブッキングドットコムのアカウントがない方はこちらから登録すると、1800円のキャッシュバックが付きます。

¥1800キャッシュバック Booking.com

 

リペ島のサンライズ、サンセットについてはこちら。

ライセンスなしでもダイビングを楽しめる、リペ島で唯一日本人インストラクターのいるダイビングショップのforra divingについてはこちら。

リペ島での食事やショッピング、遊びや観光についての記事一覧はこちら。

Sita Beach Resort 営業情報と地図

住所(英語) 149 หมู่ที่ 7 เกาะหลีเป๊ะ ตำบล Mueang Satun District, Satun 91000
住所(タイ語) 149 หมู่ที่ 7 เกาะหลีเป๊ะ ตำบล อำเภอเมืองสตูล สตูล 91000
電話番号 074750816

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ