なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
日本国内在宅勤務orマレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで部屋探し・買い物や仕入れ・メールやLINE等の通訳・翻訳をタイ人に安くお願いしたいという方は【こちらをクリック】

ルアンパバーンのパークウー洞窟への行き方と紹介

ルアンパバーンのパークウー洞窟

パークウー洞窟(Pak Ou Caves)はルアンパバーンにある観光名所の一つです。ルアンパバーン市街から25キロ程の位置にあり、切り立った崖にある洞窟の中には約4000体の大小様々な仏像が置かれている神秘的な場所となっています。

ルアンパバーン市街から日帰りで行けるため、多くの観光客に人気の場所となっているパークウー洞窟。

今回僕はルアンパバーンに行ってきた際にパークウー洞窟への観光にも行ってきたのでパークウー洞窟への行き方やどんな様子かを紹介します。これから行ってみようと思っている方は参考にして下さい。

 

場所と地図

パークウー洞窟はルアンパバーン市街から25キロほど離れたメコン川の上流に位置します。メコン川にそって進み街中から山道に入り船着き場を目指します。船着き場から船に乗って2~3分ほどでパークウー洞窟となります。

ルアンパバーン市内からのどのホテルからも50分ほどで到着できます。

こちらの地図の赤ピンの周辺が船着き場となるので、レンタルバイクなどで自力で行く場合は船着き場を目指しましょう。

行き方

ルアンパバーンからパークウー洞窟へはタクシーやトゥクトゥク、ツアー、レンタルバイクで行く事ができます。それぞれの行き方を紹介します。

タクシー・トゥクトゥク

タクシーもトゥクトゥクも日中はどこかしらで客待ちをしています。どこにも見当たらない時はナイトマーケットが開催される周辺に行けば客待ちタクシーやトゥクトゥクを発見できます。

また、ほとんどのホテルではフロントに頼めばタクシーを手配してくれます。タクシーで行きたい場合はまずはホテルのフロントにタクシーの手配をお願いしてみましょう。

僕がホテルにタクシーを手配してもらったときは大きなバンがきました。

クアンシーの滝まで行った時は900000キップ、約6400円だったので、パークウー洞窟への料金もそれくらいだと思われます。

ツアー

ルアンパバーン内には至る所にちょこちょこと現地ツアー会社の窓口があります。お店の前に観光地のポスターや看板などがあるのですぐにわかります。現地の方と英語やラオ語で話ができるのなら前日あたりにツアー会社の窓口の人に頼めばOKです。

どこのツアー会社もホテルまでの送迎をしてくれるし、ルアンパバーンから船でメコン川を進んでパークウー洞窟まで行くなんていうツアーもあります。

ネットで現地ツアーのチケットを買うのならkkdayを使うのが安いし便利です。kkdayは日本語表記だし割引価格の上にさらに初回登録時に500円の割引クーポンもついてくるのでかなりお得です。

また、KKdayからは当ブログの読者割引のクーポンを発行してもらっております。3,000円以上のご予約で5%OFFの割引となっています。

当ブログの読者割引のクーポンのコードは【BKKLIFE5OFF23】です。

KKdayを利用する際は一番安くなるクーポンコードをコピペしてご利用ください。KKdayのクーポンの使い方こちらに詳しく書いています。

パークウー洞窟へのツアーチケットはこちらから購入できます↓

KKday-日帰りツアー:パークウー洞窟へのメコン川クルーズ

レンタルバイク

僕はホテルからパークウー洞窟までレンタルバイクで行きました。地図を見ながら行けば簡単にたどり着けます。また、日本では見る事ができない景色も見る事ができて、運転しながら楽しめるポイントがいくつもありました。レンタルバイクの料金は1日1100円ほどです。

ルアンパバーンでのレンタルバイクの借り方はこちら。

ルアンパバーン市街からパークウー洞窟までの道のり

ルアンパバーンからパークウー洞窟までの道のりですが、まずはどこのホテルから出発するにしてもOld French Bridgeという橋を目指します。

橋は上記画像の場所にあり、スタート地点がどこからでもこの道を曲がる事になります。

こちらがOld French Bridge。グーグルマップにもOld French Bridgeと記載されています。

日本ではあまり見かけないタイプの野生感溢れる橋で画像の通りバイク通行OKのワイルド橋です。まずはこの橋を通り、ルアンパバーンを流れるナムカーン川を渡ります。

橋を渡ったら1キロほど直進するとこちらのモニュメントが見えてきます。

地図には世界遺産シンボルと表記されていますが、このシンボルの前を左折すると13号線になります。地図に13と記載されているので13号線だと思うのですが、あとは13号線を道なりにひたすら進みます。

13号線は他の道より大きな道路でルアンパバーン空港の裏側の道となっています。

13号線は途中から山道となりますが、山道に入ってもひたすらまっすぐ進みます。

山道に入ると所々で水牛が道端の草を食べていたりお散歩をしたりしています。お散歩している水牛の群れを追い越す時はびっくりさせないように注意しましょう。以前ルアンパバーンのフレンチレストランでバッファローステーキを食べたのですが、彼らの親族なのでしょうか。

道中にはガソリンスタンドやバイクの修理屋もあったので、バイクで行く際も安心です。

13号線の山道をひたすら進んでいくと分かれ道があります。門のようなところがあるので、左折してそこをくぐってさらに進んでいきます。

道は細くなり、より山道感が増してきます。メコン川が見えてくると景色もすごくいい感じ。この景色をみながらバイクで風を浴びて進むのはすごく気持ちがいいです。

お散歩をしている水牛の群れともたくさんすれ違います。道をふさいでお散歩をしている水牛たちはバイクや車がくると端っこによって道を開けてくれます。

山道を進んでいくとものすごく小さな村になります。目的地の船着き場まではもう少し。

村の中で道に迷いさまよっていたら、僕が船着き場へ行こうとしている事を察した地元っ子達が来て道を教えてくれました。どこのちびっ子たちも元気で優しい。

教えてもらった通りの方向を目指しバイクで走り出したらちびっ子たちは僕のバイクを追いかけてきました。その様子を見ていたちょっと離れた所にいたおばちゃんが、『危ないから道路を走るんじゃないよ!!』みたいな感じで子供たちにデカい声で注意していました。こういう日常はどこに行っても変わらないようです。

船着き場

村から細い坂道を下ると船着き場になります。川の反対側にある切り立った崖の中にパークウー洞窟があります。

船着き場には駐車場とものすごく小さなお店とレストランやトイレがあり、移動中ずっとおしっこを我慢していた僕のタイ人奥さんはやっとトイレにいけて一安心。僕はトイレを利用していませんが、見た感じトイレは桶で水を流す方式の綺麗ではない東南アジア田舎トイレだと思われます。

川の上には水上レストランがあります。

僕が着いたのは17時前だったので観光客はもうほとんどいなく、レストランも営業していませんでした。

ちなみにパークウー洞窟の営業時間は8時から17時までです。僕はかなりギリギリの時間に到着したようです。

船は全てエンジン付きの細長木製ボート。ボートにいるおじさんに洞窟まで乗せていってとお願いし、乗り込みます。料金はいくらか忘れましたがかなり安い金額で、日本円にして500円もしなかったと思います。

ボートは僕と奥さんと後から乗ったバイク親子を乗せて進んでいきます。バイク親子はバイクごとボートに乗りました。ボートってバイクもOKなんですね。

ちなみにこちらのココナッツジュースを奥さんが船着き場のお店で買ったのですが、かなり美味しい。船着き場に来たらこのジュースを試してみる事をおすすめします。

パークウー洞窟の紹介

ボートに乗る事数分。パークウー洞窟のある崖下の船着き場に到着。

ボートを降りると揚げバナナなどを売っている売店がありますが、ドリンク類はなし。パークウー洞窟全てを見て回るには長い階段の上り下りをする事になりかなり汗をかくので、特に暑い日は自分で飲み水を用意しておきましょう。

Lower Cave

パークウー洞窟にはLower CaveとUpper Caveの二つの洞窟があります。Lower Caveが一般的に知られている洞窟となっています。

まずはLower Caveを見て回る事にします。

船着き場から階段を上り、右側にある洞窟がLower Caveです。川の反対側からでも見えた岸壁にある洞窟です。

階段を上り洞窟内にはいると目に着くのはものすごくたくさんの仏像の数々。

昔は4月の旧正月の水かけの時期になると王族が厄除けの水かけの為に訪れていました。現在でも水かけ祭りの時期になると偉い人が来て水かけが行われます。

中サイズの仏像から小サイズの仏像まで、様々な仏像が洞窟内にびっしりと置かれています。

小さな仏像も全て精巧に作られていて、洞窟内はとても神秘的な雰囲気です。

僕が行った時は営業時間終了ギリギリ前だったので観光客はほとんどいませんでしたが、日中はこの狭い洞窟内に大量の観光客が来ています。

ツアーだと人が多い時間になってしまいますが、人がほとんどいない中でゆっくりと見たいという方はレンタルバイクで16時頃に着くように行った方がいいでしょう。

小さな横穴があるので通ってみます。かなり滑りやすく、サンダルを履いていた僕は短い距離を歩行中何度か滑ってコケそうになりました。

横穴を抜けるとメコン川の絶景を見れるスポットとなっていました。

ただ、足場はものすごく狭い岩です。滑って転んで落ちたら大惨事になるので、横穴を通る方は気を付けましょう。

 

Upper Cave

船着き場から階段を上り左へ行くとUpper Caveになります。

かなり長い階段。奥さんはこの階段を見て上るのをあきらめました。人によっては10分くらい階段を歩くハメになるかもしれません。

途中には休憩できるような小屋がありベンチもありますが、速い人なら5分ちょいで着くと思うので中途半端な休憩はせずに一気に上まで目指した方がいいと思います。

長い階段を上り終えるとUpper Caveの入り口となります。

ただ、僕が行った時は洞窟の入り口の門が施錠されていて中に入れませんでした。17時過ぎで営業時間終了となってしまったからか、それともこの時は何らかの理由で解放されていなかったのかはわかりませんが、階段上りが無駄足となり無念でした。

誰もいないUpper Cave、門から中をのぞいてみるとホラー感があって恐怖を感じました。

Upper Caveの中は、夜一人では絶対に行きたくないような雰囲気の洞窟になっています。昼間でも日光が差し込まなく暗いので、懐中電灯のレンタルを行っています。

Upper Cave内にも多くの仏像が祀られています。

パークウー洞窟には約4000体の仏像がありますが、全て住民の手によって運ばれたものです。運んだ人達はさぞ大変だった事でしょう。

メコン川遊覧

パークウー洞窟の観光を終え、戻るために再びボートに乗ります。

ボートの乗客は僕と奥さん二人だけだったのですが、運転手さんが気を利かせてくれて追加料金なしで周辺の遊覧をしてくれました。

中華っぽい雰囲気の山の景色。断崖絶壁だらけです。

天気は曇りですが暑いラオスでは心地よく、川の上を通ってくる夕方の風がとても気持ちいい。趣味なのか仕事なのかはわかりませんがボートに乗って釣りをしているおじさんをちょこちょこ見かけます。

川沿いには水上ホテルの部屋が浮かんでいます。ベランダでバーベキューをしている宿泊者が手を振ってくれました。のんびりと過ごせる時間が快適でテンションが上がっているようです。

ボートはゆっくりと進んでいきます。

次に見えたのは藁の屋根の小屋。どうやらここはレストランのようです。自然の中でものすごくのんびり過ごしたいという時がきたらいつかこの辺で一泊くらいするかもしれません。

周辺の川をのんびりとボートは巡ってくれて、船着き場へと戻ります。ボートから降りてバイクにのり、パークウー洞窟を後にしました。

お散歩をしていた水牛たちのお肉なのでしょうか、バッファローのステーキが美味しいルアンパバーンの人気フレンチのエレファントについてはこちら。

ルアンパバーンのナイトマーケットについてはこちら。

ルアンパバーンのクアンシーの滝についてはこちら。

ラオスの通貨が難しいという方は必須のアプリ、Currencyの使い方とインストールはこちら。

ルアンパバーンでの食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ