なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

おすすめの求人
在宅(国内・国外OK)orマレーシア勤務 メール・電話対応 未経験OK経験不当年齢制限なし 月給20万円以上 8時間週5勤務 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクでマリファナジュースを買える場所3選

バンコクで売っているマリファナジュース

2022年からタイでは大麻の規制が緩和されてきて合法化され、マリファナジュースやマリファナクッキー、マリファナフードなど、様々なマリファナ食品が販売されるようになりました。

規制が緩和されて以降、僕が住んでいるタイのバンコクでもマリファナ食品を見る機会が一気に増えてきました。

日本では販売されていないマリファナ食品、タイに来たのなら試してみたいと思う方もいると思います。
そこで、誰でも手っ取り早く購入できるマリファナジュースの売っている場所を説明します。マリファナ食品に興味津々な方は参考にして下さい。

違法と合法の境目

タイでは大麻の規制が緩和されてきて大麻グッズも増えてきたとはいえ、扱い方によっては違法となり逮捕されてしまいます。

まず、合法化されたとはいえ、ブリブリになる成分であるTHCは0.2%未満でないといけません。0.2%以下であれば許可を取れば商業用での使用や嗜好用大麻の個人使用はOKです。

ただ、最近タイ各地でまれに見かける看板を出して堂々と商売しているマリファナ屋さんでは、THC10~20%くらいのジョイントを普通に売っています。

どのお店にも、この商品は10%、この商品は20%、と説明書きのあるカタログが置いてあり普通に売っているので、そういうお店に行けば普通に購入できます。

また、吸引や公共の場での使用はダメなようです。

ただ、マリファナジュースは公共の場で売られていてその場から持ち歩いて飲む感じの物が多いし、THCが0.2%以下かどうかも小さなお店や個人でやっている所ではちゃんと計っているのか、計れるかどうかも疑問です。そもそも100グラム中の0.2%だと少なく感じますが、1キロの0.2%だと多く感じますし。

また、タイ政府は各家庭に大麻草を配布予定のようですが、僕の家にも届くのか、届いた物をどう使うと違法になってしまうのかもよくわかりません。

法整備もきっちり固まっていないようですし、なんだかよくわからない事だらけですが、とりあえずどっかで吸っている所や葉っぱの所持を警察に見つかったら、今まで通り逮捕されたり賄賂を要求されたりすると思うので、旅行者の方はタイでは大麻はなんでもOKと勘違いしないようにしておきましょう。

その辺を詳しく知りたい方は自身で調べて下さい。

セブンのマリファナジュース

マリファナジュースを一番手っ取り早く買える場所はセブンイレブンになります。

タイのセブンイレブンのマリファナジュースの値段は17バーツ。コカ・コーラと変わらないお値段です。

パッケージにはわかりやすく葉っぱの写真と【CANNABIS WATER】との記載があるので、見たらすぐにわかるでしょう。

また、スーパーやコンビニでこんなタイプのマリファナジュースも売っています。こちらも【CANNABIS WATER】と書かれていたり、葉っぱがプリントされているのでわかりやすいです。

ビタミンも入っているので健康にもいいのでしょう。

ナイトマーケットのマリファナジュース

バンコクではナイトマーケットや屋台群でマリファナジュース屋さんを見る事もたびたびあります。

こちらはインディーマーケットのマリファナジュース屋さん。

購入するにはまず、どの味にするかを選びます。味はマンゴーやストロベリー、アップル、ブルーハワイなど、ものすごくたくさんあります。

味を選ぶと、店員さんは奥にある大麻を煮込んでいる鍋から煮込み汁を取りだします。

鍋にたっぷり葉っぱがはいってる、というのを見せてくれる店員さん。

取りだした煮込み汁とジュースをカップに入れ、まぜまぜします。

そして、煮込み汁とジュースを混ぜたものをコップに注ぎます。選んだジュースはアップルジュース。緑色なので選びました。

仕上げに葉っぱをちょんちょんと上にのせます。

アップル味のマリファナジュースの完成です。

お値段は100バーツくらいで、他のジュースに比べたら結構高いです。

購入したジュースは蓋をされ、袋に入れて渡されます。その辺をぶらつきながらジュースを飲めます。

インディーマーケットについてはこちら。

自販機のマリファナコーヒー

マリファナコーヒーの自販機

バンコクにはマリファナコーヒーを販売している自販機もあります。

マリファナコーヒーの隣はクラトムコーヒーの自販機です。クラトムも2021年にタイで合法化された葉っぱで、日本では違法の葉っぱです。

この自販機はなかなか見る事がないですが、ショッピングモールの駐車場や日本人や外国人観光客がほとんどいない、ゴリゴリのタイローカルエリアでたびたび見かけます。

お値段は20バーツとかなりの安さです。ちなみにタイではカフェでコーヒーを買うと60バーツくらいします。

以上、バンコクでマリファナジュースを買える場所についてでした。

クラトムについてはこちら。

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ