なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

ラオス・ビエンチャンでメコン川を見ながらのんびりする

f:id:kawada1234:20180522164345j:plain

ラオスってどんな国か、何があるのかわからないままでラオスに来た僕ですが、メコン川の存在は知っていました。

ラオスといえばメコン川。

という事でレンタルバイクに乗ってメコン川へと向かいました。

ビエンチャンはそんなに広くありません。

バイクに乗って数時間適当に走っていたら、ある程度の地理は把握できます。

何度も川沿いを走ったので、まずはまた川沿いを目指します。

f:id:kawada1234:20180523144632j:plain

画像の右手側が川沿いです。

ビエンチャンは首都ですが建物が少ない場所はたくさんあります。

こういう道を走るのは気持ちがいいです。

f:id:kawada1234:20180523144849j:plain

屋台が見えてきました。

f:id:kawada1234:20180523145039j:plain

屋台の近くには駐車場があります。

f:id:kawada1234:20180523145344j:plain

バイクを停めて、ちょっとまったりします。

この辺りでは、まったりしている人を何人か見かけました。

ビエンチャンのまったりスポットなのでしょう。

f:id:kawada1234:20180523145545j:plain

スルメを焼いているおばちゃんがいました。

ビールのつまみにスルメって最高なのに、タイではスルメをなかなか見かけません。

長い間スルメを食べていません。

いい匂いもするし、スルメを購入しました。

数か月ぶりのスルメは相変わらずうまい。

どこで食べてもスルメはうまい。

ただ、できればマヨネーズも欲しかった。

f:id:kawada1234:20180523145850j:plain

スルメと一緒にビールも飲みたかったのですが、ビールが売ってる屋台はありませんでした。

なのでコーラを買います。

スルメとコーラを手に、メコン川をボーっと眺めます。

空はあいにくの曇り。

晴れてれば最高だったのに。

地元の人たちもメコン川をボーっと眺めています。

青春を語っているのでしょうか。

f:id:kawada1234:20180523152122j:plain

またバイクに乗って周辺を一回りしてみます。

f:id:kawada1234:20180523152151j:plain

f:id:kawada1234:20180523152204j:plain

ここにいる人達はみんなのんびりまったりしています。

とてもいい感じです。

東京で何人かいましたが、こういう時間の使い方ができない人って病んでいくのでしょう。

残念です。

f:id:kawada1234:20180523154430j:plain

この辺りの道は夜になるとナイトマーケットが開かれます。

大きい規模のナイトマーケットで、とても賑わっています。

f:id:kawada1234:20180523152345j:plain

おばちゃんに声をかけられます。

このおばちゃんはマニキュアを塗る商売をしています。

声をかけてくれたのはうれしいけど、マニキュアは僕には必要ありません。

f:id:kawada1234:20180523153033j:plain

メコン川に近づくには舗装されていない道を通ります。

f:id:kawada1234:20180523152939j:plain

このゲートの先からはバイクで行くことはできません。

ここにバイクを停めます。

ゲートを通るには入場料を払います。

値段はわすれましたが、日本円で100円もしなかったと思います。

f:id:kawada1234:20180522164345j:plain

メコン川をビーチ風に開発しているのでしょうか。

ボートにも乗れるようですが、天気も悪いしいまいち気乗りしなかったので乗りませんでした。

f:id:kawada1234:20180523153844j:plain

馬がきました。

馬ものんびりまったりしています。

f:id:kawada1234:20180523154055j:plain

まったりとした時間を満喫できたので、メコン川を離れる事にします。

ビエンチャンでまったりしたい人、メコン川がおすすめです。

僕が行った場所はグーグルマップの赤いピンがあるあたりです。

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク