なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
日本国内在宅勤務orマレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで部屋探し・買い物や仕入れ・メールやLINE等の通訳・翻訳をタイ人に安くお願いしたいという方は【こちらをクリック】

ナコンパトムの火山エビが超有名なクンオップ プーカオファイの紹介

ナコンパトムの火山エビ@クンオップ プーカオファイ

ナコンパトムのクンオップ プーカオファイ(Kung Ob Phu Khao Fai/ร้าน กุ้งอบภูเขาไฟ)は超有名な火山エビのレストランです。

バンコクからは車で片道1時間ほどで行けるので僕のバンコク在住日本人の友達は火山エビを食べるためだけにナコンパトムに行ったりもするほどクンオップ プーカオファイにはまっています。

タイ人からも日本人や日本人以外の観光客からも絶大な人気の火山エビはナコンパトムで必ず食べておきたい鉄板の料理です。という事で僕もナコンパトムに行った際に火山エビを食べてきました。

そんなクンオップ プーカオファイを紹介するのでナコンパトムに旅行に行く方、エビ好きな方、火山エビが気になるという方は参考にして下さい。また、火山エビの超おすすめの食べ方も紹介します。

 

場所と行き方

クンオップ プーカオファイはナコンパトムを通っている道で一番大きい国道4号線沿いにあります。

バンコクから車で来る場合は4号線にさえたどり着ければあとはひたすら走るだけです。お店の駐車場には火山の描かれた巨大な看板があるので近くになればすぐにわかります。お店の地図はこの記事の下の方に貼っています。

ナコンパノム内から行く場合は、グラブタクシーで行くのが手っ取り早いでしょう。

大きな駐車場があるので車で来る方は安心して停めておくことができます。

お店の様子

店内もとても広くお店に入ってすぐの場所にカフェスペースとご当地お菓子などのお土産品や虫よけスプレーなどが売られてるカウンターがあります。

席はエアコンの効いた屋内席やエアコンなしの半屋内席、テラス席などが様々な席があります。

敷地内には生け簀もあるようで、お店で使うエビは全て店内の生け簀で稚エビから育てたエビだそうです。

僕はタイ人奥さんと二人でしたがそれでも大きな回転テーブルの席に案内されました。
僕達がお店に入ったのは20時頃で普通ならこの時間はタイではどのお店もお客さんがいなくなっていく時間です。でも、クンオップ プーカオファイは20時過ぎでもほぼ満席。週末や食事時は行列ができている事もあるそうです。

メニューとお値段

シーフード系タイ料理を中心としたメニューのあるクンオップ プーカオファイ。一部のメニューとお値段を紹介します。

火山エビはサイズによって400バーツから。

エビのガーリックチリ炒めは200バーツと290バーツ。

エビフライがたくさん添えられているエビサラダやエビのカレー炒め等、各種エビ料理は250バーツ。

タイでは何を食べても美味しいデカい魚料理はタイ式焼きや蒸し焼き、フライがあり160~360バーツ。

デカい魚のフライの入ったソムタムは魚のサイズによって350~570バーツ。

空心菜炒めは小が65、大が85バーツ。

イカと玉子炒めは小が175、大が245バーツ。

エビとアスパラガス炒めは小が400、大が600バーツ。

グリーンカレーは小が155、大が255バーツ。

飲み物はビールやソフトドリンク、コーヒーや紅茶系など様々なものがそろっています。

デザートメニューにはタイ版のかき氷やアイクスクリーム、ゼリーなどがあります。

 

いただきます

まずはビールで乾杯。

ハイネケンの瓶ビールは90バーツ。

日本では見た事がない貝、ホイクレーンは150バーツ。

軽くゆでられていて僕周りのタイ人は大好きな人が多く奥さんも大好物です。ビールにも合う美味しい貝。

お米は24バーツ。

画像にあるソースはホイクレーン用のですが、辛さ耐性のない僕にとっては食べれないほどの辛さなので使わずに食べてます。

こちらはSnakehead Ban Rai。お値段は320バーツ。

Snakeheadとはその名の通り蛇のような頭をした雷魚の事で、クンオップ プーカオファイでは二種類のソースがあります。

顔は怖いですが川魚の嫌なクセはなく淡白系の味で日本人でも美味しく食べれます。付け合わせの茄子がやたらと美味しい。

そしてこちらが火山エビ。一番小さいサイズでお値段は400バーツ。

まずは店員さんが火口に液体燃料を投入。火山鍋はお店オリジナルの特注品で、他で見る事はできません。

そして噴火。火山からは小さな炎が噴き出しますが、火はすぐに消えてしまいます。写真を撮りたいという方は燃えている瞬間を逃さないようにしましょう。

そして火山オープン。エビと香味油のいい匂いが漂ってきます。エビは厨房で焼かれ、火山で蒸されていい感じに仕上がっています。

お店で稚エビから食用サイズになるまで育てられた超新鮮エビはプリプリ感とエビのうま味がとても強く、香味油との相性も抜群で信じられないほどの美味しさ。エビ味噌も美味しい。

バンコクから火山エビの為に一時間かけて通う友達の気持ちもよくわかりました。

エビの下には激ウマ香味油がたっぷり。

ナコンパトムに行く前にタイ人の友達に教えてもらったがこの美味しすぎる香味油の使い方です。まず、殻をむいたエビは再度たっぷりと香味油を付けてから食べましょう。香味油を付ければつけるほどエビは美味しくなります。

そして香味油はご飯にもかけて食べましょう。ご飯と香味油の相性も抜群です。僕達は香味油を美味しく食べるために白ご飯も注文したのですが、ご飯+香味油だけでもすごく美味しいです。さらにご飯の上にエビを乗せ、その上から直にたっぷりと香味油を垂らしてお口にインしてもすごく美味しいです。

香味油をエビとご飯に存分に使うのが超おすすめの食べ方なので、行ってみる方は是非試してみてください。

営業情報と地図

住所 885 Phet Kasem Rd, Sanam Chan Sub-district, Mueang Nakhon Pathom District, Nakhon Pathom 73000
電話番号 034241109
営業時間 10時00分~21時00分

 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ