なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

ナコンパノム市内のメコン川沿いの広場で観光。pa ya nakは必見です。

ナコンパノムのpa ya nak

タイのナコンパノムで素敵な景色を見ながらランチを食べた後は、友達が市内のメコン川沿いにある広場に連れて行ってくれました。

この広場にはpa ya nakという大きな蛇の神様の像があり、マーライオンのように常に口から水が噴き出ています。

お土産屋さんやメコン川のクルージングの船の乗り場もあります。

近くにはインドシナマーケットもあります。

景色もとてもよく、ここがナコンパノムで地元の人や観光客で一番賑わっている場所になります。

f:id:kawada1234:20180802112035j:plain

平日の昼間でも駐車場には車がたくさん停まっています。

天気もとてもよく、この道を歩くだけでもとても気持ちがいいです。

f:id:kawada1234:20180615142605j:plain

こちらの建物はインドシナマーケットになります。

特にほしいものはないので行きませんでした。

f:id:kawada1234:20180802112126j:plain

綺麗なお寺もあります。

f:id:kawada1234:20180802112240j:plain

メコン川沿いに移動してみました。

f:id:kawada1234:20180802112258j:plain

ラオスまで2キロ、ベトナムまで145キロ、中国まで831キロだそうです。

写真に写っている船は日中は動いていませんが、夜になるとクルージングレストランとなって動き出します。

料金は船への入場料200バーツと食事代です。

夕方あたりからこの看板の前にクルージングレストランの係の人が立つようになります。

その人にお金を入場料を払えばクルージングレストランの船に乗る事ができます。

クルージングレストランに関してはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

f:id:kawada1234:20180802112336j:plain

この船は遊覧船です。

16時くらいからこの場所で受付が始まって人数がいっぱいになったら動き出します。

f:id:kawada1234:20180802112350j:plain

遊覧船に乗ろうと思ったのですが、看板にはこの日は運航していないと書かれているようです。 

がっかりです。

f:id:kawada1234:20180802112425j:plain

川の向こう側はラオスです。

タイとラオス、こんなに近いのに風景が全然違うのが驚きです。

f:id:kawada1234:20180802112445j:plain

ラオスを背景にたくさんの人が写真を撮っていました。

超インスタ映えスポットです。

f:id:kawada1234:20180802112515j:plain

このメコン川沿いで一番の目玉となるのがこのpa ya nakです。

蛇のような形の神様のようです。

常に口から水が噴出されています。

f:id:kawada1234:20180802112532j:plain

pa ya nakに向かってお祈りをしている人がたくさんいます。

かなり神聖な像なのでしょう。

f:id:kawada1234:20180802112556j:plain

f:id:kawada1234:20180802112609j:plain

pa ya nak、いろんな角度で撮ってみたくなるものです。

f:id:kawada1234:20180802112621j:plain

綺麗なお姉さんもいたので、素敵なピースと笑顔をいただきました。

f:id:kawada1234:20180802112634j:plain

川沿いとはいえタイなので、暑いです。

木陰で休んでいると東京では見た事がない鳥がいました。

f:id:kawada1234:20180802112646j:plain

鳥を撮っていたらかわい子ちゃんが通りました。

なので素敵な笑顔とピースをいただきました。

f:id:kawada1234:20180610130140j:plain

この広場、ナコンパノム観光には欠かせない場所です。

クルージングの船の乗り場があり、インドシナマーケットも近いし、インスタ映えする場所も多数あります。

ナコンパノムへ行く際は訪れてみてください。

ナコンパノムでのおすすめ観光地やレストラン、空港などに関してはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

スポンサーリンク
 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク