なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクのなんじゃもんじゃはお好み焼きとビールがBuy 1 Get 1 Free

バンコク チョンノンシーのなんじゃもんじゃの紹介

バンコクのチョンノンシーにあるなんじゃもんじゃは、お好み焼きやもんじゃ、鉄板焼き料理などを楽しめるお店でグループで行くのも一人飯にも最適なお店です。

さらにコロナの規制緩和後、なんじゃもんじゃはお好み焼きとビールを一つ注文したら無料でもう一つついてくるという客にとってはとても嬉しいBuy 1 Get 1 Freeをはじめました。

二人分の食事が一人分の料金で済む、一人で行ったら料金はそのままで二人分食べれるという恐ろしいハイコスパ。無料分のお好み焼きは食べ切れなかったら持ち帰りも可能です。

お好み焼きや鉄板焼きのメニューは種類豊富でどれも美味しく、お酒もたくさんそろっていて、複数で行っても一人で行っても満足できるコスパ抜群のなんじゃもんじゃを紹介します。

 

なんじゃもんじゃの場所と行き方

なんじゃもんじゃの最寄り駅はBTSチョンノンシー駅になります。

チョンノンシー駅から徒歩2~3分、エンパイアタワーの隣にあるホテル、アスコット サトーン バンコクになんじゃもんじゃは併設されています。

アスコット サトーン バンコク

こちらがアスコット サトーン バンコク。なんじゃもんじゃはアスコット サトーン バンコクの敷地内にあります。

バンコクのなんじゃもんじゃ

敷地内に入ると和風テイストの入り口が見えてきますが、そこがなんじゃもんじゃの入り口になります。

こちらはアスコット サトーン内側のなんじゃもんじゃの入り口です。

なんじゃもんじゃ 店内の様子

かなり広い店内は二階席もあります。

4人掛け以上のテーブルには鉄板がついてます。

レジの裏には壁があり、その壁の反対側に鉄板のついてないテーブルがいくつかあります。鉄板を使わない一人・二人用の席ですが、壁がさえぎってくれているので一人でも人目を気にせずにゆっくりと食事を楽しむ事ができます。

また、一人でも鉄板のついているテーブル席を利用する事もできます。

こちらは鉄板がついているテーブル席。

テーブルの上には油や青のり・各種調味料があり、完全に日本のお好み焼き屋さんと同じ感じです。

なんじゃもんじゃのメニュー

なんじゃもんじゃのメニューはかなり種類豊富です。

お好み焼きももんじゃも、豚やシーフード、餅明太などなんでも一通り揃っています。

また、つまみ系やおかず系・揚げ物系から各種パスタなど、食事系は一通り揃っているので居酒屋利用もできますし、レストランとしても利用できます。

なんじゃもんじゃで一人飯

こちらは僕が一人飯の時に食べた野菜焼きそば。

半分くらい食べた後の写真ですが、野菜のたっぷり感は伝わると思います。なんじゃもんじゃは野菜炒めが美味しい。

こちらは店長がサービスでくれたメンチカツ。

けっこうボリュームあるよ、と言われたのですが、運ばれてきたメンチカツは僕が思っていた以上のボリュームでかなりの食べ応え。

目玉焼きが入っていて見た目も味も量も普通のメンチより全然上です。

ちなみに店長は日本人で、2019年にバンコクに来ました。

その前はシンガポール店で働いていたそうですが、お店にいくと毎回話し相手になってくれます。

お店が落ち着いている時は僕の席に座ってしっかり話し込んだりもしてくれる、とても気さくで話しやすい人です。・・・がその店長は退職してしまいました。

 

なんじゃもんじゃの鉄板焼きメニュー

こちらはもんじゃ未体験のタイ姉さんと来た時。

もんじゃやお好み焼き、鉄板焼きメニューを注文すると、店員さんが鉄板に脂を引いてくれます。

店員さんが鉄板のコンディションを整えている間に、キンキンに冷えたビールが運ばれてきました。

グラスが凍っている、ただそれだけでとても幸せになります。

もんじゃ初体験のタイ姉さんが注文したホタテもんじゃ。お値段は320バーツ。

店員さんが手際よくヘラを操り焼いてくれます。

しっかりと具を焼き、土手をつくってから出汁を入れてくれます。

青のりをたっぷりかけてもらい、もんじゃ完成!

初めてもんじゃを見たタイ姉さんはこのビジュアルに不安を感じてないか、と少し心配した部分もあったのですが、

バクバク食べています。

なんだこの見た目は?果たしてこれが完成形なのか?と、初めてのもんじゃを目の当たりにしてきっと様々な思いが頭をよぎった事でしょう。

が、食べたら美味しいと感じるのは日本人もタイ人も同じ。ビールも進みます。

さらにお好み焼きも注文。こちらは豚玉、280バーツ。

お好み焼きも店員さんに焼いてもらいます。

店員さんが焼いている間にもろきゅうを注文。お値段は160バーツ。

さらにぎんなんも注文。お値段は忘れましたが100バーツちょい。

さらに野菜盛も注文、お値段は120バーツ。食欲が止まらなくなってきました。

鉄板の空いているスペースにバターを溶かし、その上に野菜を置いて焼いていきます。

バターの匂い、野菜の焼ける音、食べる前からすでに美味しい。

そしてお好み焼きも完成。

食欲が止まらなくなった僕達は全てを美味しくガッツいてしまいました。

こちらはデザートの杏仁豆腐。

こってりした口の中を爽やかにしてくれます。

さらにとどめの白玉小豆。

一緒に食事をしているタイ姉さんは餅が好きだという事を店長に伝えたら、持ってきてくれました。

そしてこちらがなんじゃもんじゃで美味しい物を散々飲み食いした人間の末路です。

人間のお腹をここまで変形させるなんじゃもんじゃ、恐るべし。

お好み焼きとビールがBuy 1 Get 1 Free

チョンノンシーのなんじゃもんじゃ おこのみ焼きとビールがBuy 1 Get 1 Free

さらに今はお好み焼きを注文すると無料でもう一つ同じお好み焼きがついてきます。

キンキンのビールも一つ注文すると無料でもう一つついてきます。

ものすごくお得な Buy 1 Get 1 Freeは、この後もずっと続けていくとの事でした。

豚玉一つが140バーツと言う事になります。僕はちょくちょくなんじゃもんじゃに行くのですが、おかげで飲み食いする量は増えたのに使うお金は減ったという大変ありがたい事になってしまいました。

周辺のおすすめスポット

チョンノンシーのタイ料理店Sara-Jane'sもおすすめ。

チョンノンシーのおすすめスポット・レストラン・観光地についてはこちら。

なんじゃもんじゃ 営業情報と地図

住所(英語) 187, สาทร, Bangkok 10120
住所(タイ語) 187, สาทร, กรุงเทพมหานคร 10120
電話番号 02 676 7190
営業時間 11:30~22:30

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ