なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

ピピ島 ボートチャーターでシュノーケリングと美しい島巡り

f:id:kawada1234:20181122152708j:plain

ディカプリオの映画、ザ・ビーチの舞台にもなり、映画内では楽園と言われた美しい海に囲まれたタイのピピ島。

ピピ島での観光ではボートチャーターが欠かせません。

観光客がまず行くのはピピ・ドン島ですが、ドン島の周りの島々こそがより美しい海に囲まれた観光の目玉になります。

ピピ島の島々に行くにはボートをチャーターしていくのが一番いい方法ですが、ボートに乗って美しい海や島を見たり、エメラルドグリーンの海で泳いだり、シュノーケリングをしたりと様々な素敵な体験ができます。

ピピ島に行った僕はボートをチャーターしてとてもいい時間を過ごす事ができたので、ボートをチャーターするにはどうすればいいのか、料金はいくらか、どんな体験ができるのかを説明します。

 

ボートチャーターの受付をするお店への行き方

f:id:kawada1234:20181120155917j:plain

ボートチャーターをする受付のあるお店の名前はvisa travel phiphiです。

visa travel phiphiはトンサイ地区のショッピングエリアにあります。

トンサイ港からまっすぐ歩くと右にセブンイレブンがあります。

右に曲がり、セブンイレブンを越えてまっすぐ歩きます。

f:id:kawada1234:20181122152718j:plain

一分ほど歩くとvisa travel phiphiがあります。

日本人スタッフのいるダイビングショップのすぐ近くになります。

受付には綺麗な欧米人のお姉さんがいました。

僕はダイビングを終えた後、ダイビングショップの日本人スタッフのお兄さんに『明日はボートをチャーターして綺麗なビーチを見たりシュノーケリングをしたいんですけど』と話したらvisa travel phiphiに行きな、と教えてもらう事ができました。

日本人スタッフのいるダイビングショップに関してはこちらで詳しく書いています。

ボートチャーターの料金と時間

ボートチャーターの料金は650バーツになります。

何人で乗っても料金は一律650バーツなので、人数が多いほど一人当たりの料金は安くなります。

時間は3時間。

3時間、僕のリクエストに応えて運転手はボートを運転してくれるそうです。

ピピ島の周りの島には綺麗なビーチがたくさんある、という事くらいしかわからなかった僕はとりあえずおすすめのコースを行ってください、それからシュノーケリングもしたい、と伝えました。

おすすめのコースを回るけど、現地でじっくり見たいとか立ち寄ってみたいところがあったら運転手に伝えてね、と言われ、次の日の13時30分にお店の前に集合という事になり受付は終了です。

ボートチャーターに持っていくもの

持って行くものは水着とバスタオルくらいです。

また、ボートの上ではお酒も飲めるのでビール等の持ち込みも可能です。

それから後で説明しますが、セブンイレブンや周辺のお店に売っているかっぱえびせんも必ず持参した方が後々いい事があります。

ボートに乗って出発

f:id:kawada1234:20181122153951j:plain

当日の集合時間、13時30分にお店の前にいったらすでに運転手は僕たちの事を待っていてくれました。

タイでは日中お酒を買う事はできませんが、受付のお姉さんに聞けばビールが買える近くのお店を教えてもらえます。

f:id:kawada1234:20181122170409j:plain

周辺のお店で買い物をして準備を終えたら集合場所のお店から徒歩数十秒、ボートがたくさん停めてあるトンサイビーチに到着です。

f:id:kawada1234:20181122170412j:plain

こちらが今回僕が乗るボート。

こういうボートに乗るのは初めてなのでワクワクが止まりません。

f:id:kawada1234:20181122170415j:plain

ボートに乗ったらまずはエンジンのチェックやらをして、出航の準備に取り掛かります。

f:id:kawada1234:20181122170417j:plain

そしていよいよ出発。

周りには周辺の美しい島を目指すボートもたくさんいます。

ピピ・ドン島 モンキービーチ

f:id:kawada1234:20181122171251j:plain

しばらく進むと観光名所、モンキービーチに辿り着きました。

ビーチにはたくさんの猿がいます。

ビーチに上陸するかを運転手に聞かれたのですが、人がたくさんいたので上陸はしない事にしました。

f:id:kawada1234:20181122182832j:plain

上陸したらこんな感じで猿と一緒の時間を過ごすことができます。

ただ、食べ物を取られたりスマホやカメラを壊されたりなんて事もあるようです。

f:id:kawada1234:20181122171254j:plain

モンキービーチ周辺の海はものすごい透明度です。

この時は曇っていました。

晴れていたらもっと綺麗な海だったのでしょう。

f:id:kawada1234:20181122171632j:plain

岩山を見ると猿がいました。

猿も綺麗な海を見てたそがれています。

 

ピピ・レイ島 マヤベイ

f:id:kawada1234:20181122172032j:plain

猿とモンキービーチ周辺の海をしばらく堪能したら、次はピピ・レイ島のマヤベイを目指してボートは進みます。

f:id:kawada1234:20181122172900j:plain

ボートはレイ島に近づいてきました。

この辺りは前日ダイビングをした場所になります。

f:id:kawada1234:20181122172903j:plain

停まっている船に乗っている人達はダイビングを楽しんでいるのでしょう。

それにしてもレイ島、ものすごい岩感です。

こんな光景を間近で見れる事なんてそうそうありません。

f:id:kawada1234:20181122172906j:plain

マヤベイが見えてきました。

ボートはマヤベイに向かって進みます。

f:id:kawada1234:20181122172912j:plain

マヤベイに到着。

映画、ザ・ビーチでディカプリオが鮫と戦った場所です。

ただ、ものすごい曇り空で前日見たような美しさはありません。

そして現在マヤベイは環境保護のため、立ち入る事ができません。

観光客のゴミで汚されてしまった美しいマヤベイを復活させるため、現在マヤベイは閉鎖されています。

いつ立ち入れるようになるかは決まっていません。

ボートも湾内に設置されているブイラインまでしか行く事はできません。

マヤベイでシュノーケリング

f:id:kawada1234:20181122173731j:plain

マヤベイ周辺に停まっているボートの人達はシュノーケリングを楽しんでいます。

僕もここでシュノーケリングをする事にしました。

f:id:kawada1234:20181122175214j:plain

曇っていても海はものすごい透明度です。

ボートの上からでも海中を泳いでいる魚達の姿を見る事ができます。

もしかしたら、と思って海にかっぱえびせんを投げてみました。

f:id:kawada1234:20181122175217j:plain

するとものすごい勢いで大量の魚が集まってきます!

f:id:kawada1234:20181122175220j:plain

僕が乗っているボートの近くにシュノーケリングをしているお姉さんが泳いできました。

お姉さんの前にかっぱえびせんを投げたら、やはりかなりの魚が集まってきます。

これは楽しくなりそうだ!

という事でかっぱえびせんを投げ、魚が集まってきた所にダイブ。

海中でも僕の手にはかっぱえびせんが握られています。

そのかっぱえびせんをめがけてたくさんの魚が僕に集まってきます。

f:id:kawada1234:20181122180045j:plain

ものすごい光景です。

という事でシュノーケリングをする方はかっぱえびせんの準備も忘れないように!

ただ、あまり多くのかっぱえびせんを使うと海の汚れにつながるかもしれません。

ほどほどにしておきましょう。

また、シュノーケリングの際に海中でこのような魚の写真を撮るにはこちらのカメラがおすすめです。

海中にはいろんな魚がいます。

デカい魚も時々現れますが、デカいものって見るとなぜかテンションが上がります。

f:id:kawada1234:20181122180321j:plain

小さな浜があったので泳いで目指してみる事にしました。

この浜に上陸したら、あまりのゴミの多さに悲しくなりました。

ゴミのほとんどは漂流して流れ着いたペットボトルでしたが、マヤベイで遊んでいた観光客達が捨てたゴミなのでしょう。

浜の近くの海中には大きな缶も沈んでいました。

その缶を持ち上げてみたら僕の手が真っ赤に染まりました。

缶で手を激しく切ったのかな、と思ったのですがどうやら缶の中に赤いペンキがたくさん入っていただけでした。

こんなに綺麗で魚がたくさん泳いでいる海にペンキ入りの缶までも捨てる不届き物もいます。

マヤベイの封鎖って仕方がないのでしょう。

綺麗な海で魚と戯れると普段は考えもしない環境保護の意識が高まってきます。

 

ピピ・レイ島 ピーレイラグーン

f:id:kawada1234:20181122184009j:plain

シュノーケリングを楽しんだあとはびっくりするほど綺麗な海が広がっている湾のピーレイラグーンを目指します。

f:id:kawada1234:20181122184012j:plain

途中途中にある綺麗なポイントではシュノーケリングを楽しんでいる人達がいます。

f:id:kawada1234:20181122184014j:plain

ピーレイラグーンを目指しているボートはたくさんいます。

僕のボートと並走しているお姉さん達から素敵なピースをいただきました。

f:id:kawada1234:20181122184018j:plain

ピーレイラグーンが近づいてきました。

湾の入り口からすでに海水の色が違います。

f:id:kawada1234:20181122185257j:plain

ものすごい透明度の海が広がっています。

f:id:kawada1234:20181122185301j:plain

みんな湾の奥へと向かっています。

僕のボートも奥へと向かっています。

海もすごいですが、周りの岩山とそこに生えている植物もすごい。

感動的な光景です。

湾の奥はとても広く開けていて、たくさんのボートが止まっています。

f:id:kawada1234:20181122185303j:plain

みんなが目指しているピーレイラグーンの奥に到着。

と同時に曇っていた空が晴れてきました。

ものすごいエメラルドグリーンです。

こんなに綺麗な色の海は初めてみました。

f:id:kawada1234:20181122152708j:plain

周りをみると泳いでいる人、シュノーケリングをしている人がたくさんいます。

僕も海に飛び込みます。

なんだか他の海で泳いでいるのとは違う感覚がするのは気のせいなのでしょうか。

f:id:kawada1234:20181122185311j:plain

続々と舟が集まってきます。

エメラルドグリーンの海、なんだかおいしそうに見えてきました。

なので一舐めしてみたのですが、味は普通の海水です。

f:id:kawada1234:20181122185312j:plain

泳いではボートの上で寝っ転がって休憩し、そしてまた泳ぐ。

そんな事を繰り返してかなりの時間をピーレイラグーンで過ごしました。

ピピ・レイ島 バイキングケーブ

f:id:kawada1234:20181122192342j:plain

ピーレイラグーンでかなりの時間を過ごしていたら、戻らないといけない時間になっていました。

もっとまったりとエメラルドグリーンの海で過ごしたかったのですが、仕方ありません。

f:id:kawada1234:20181122192749j:plain

ピーレイラグーンを後にボートは進んで行きます。

f:id:kawada1234:20181122192345j:plain

レイ島に沿ってボートは進みます。

f:id:kawada1234:20181122192349j:plain

すると巨大な洞窟が見えてきました。

f:id:kawada1234:20181122192355j:plain

バイキングケーブに到着です。

ここは元々海賊の住処で、洞窟内部には古代に書かれた壁画があります。

今では燕がたくさん住んでいて、燕の巣がたくさんとれる名産地となっていて洞窟にある足場は燕の巣を取るための物です。

洞窟、海賊の住処、古代の壁画。

少年ジャンプとドラクエで育ってきた僕にとってはかなり興味深い場所なのですが、観光客が洞窟内に入る事はできません。

ボートの上から見るだけになります。

ピピ・ドン島へ戻る

f:id:kawada1234:20181122192359j:plain

バイキングケーブを見た後はピピ・ドン島のトンサイ岬を目指します。

綺麗な海もすごいけどこの岩山の景色もすごい。

岩の下の方はとてつもなく長い間、波が当って削られていったのでしょう。

窪んでいます。

これから先、途方もない未来ではこの岩山は波によって崩されてしまうのでしょうか。

f:id:kawada1234:20181122192403j:plain

しばらく走るとトンサイ岬に到着です。

これで今回のボートでのクルージングは終わりです。

トンサイ岬に着いたのは17時頃。

ボートは3時間の貸し切りでしたがボートに乗っていた時間は3時間30分。

30分オーバーしても特に追加料金を請求される事もなく、密度の高いとても楽しい時間を過ごす事ができました。

visa travel phiphi 店舗情報と地図

住所 PQQC+GH アオナン, クラビー ムアンクラビー
住所(英語) 54/12 Moo 7 Ao Nang, Ko Phi Phi Don, Muang, Chang Wat Krabi 81210
電話番号 075 601 255
営業時間 8:00~20:00 

ピピ島の楽しみ方

ピピ島への行き方、お得に旅行する方法、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ