なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

ホアヒンで食べれるオリジナルスープのラーメン屋【Ramen Cafe】

ホアヒンのラーメン屋 Ramen Cafe

タイ、ホアヒンにも日本式のラーメン屋さんはあります。

僕が行ったラーメン屋、Ramen cafeはタイ人が経営しているお店ですが日本式のラーメンの食べれるお店でした。

ホアヒンでもラーメンを食べたい、という方はいると思うので、ramen cafeの場所や行き方、メニューや値段、お店の様子等を紹介していきます。

スポンサーリンク
 

ホアヒンでもラーメンを食べたい

f:id:kawada1234:20180727180121j:plain

ホアヒンに到着してすぐ、少しだけ駅の周りを散歩してみたらramen cafeと書かれた看板を発見しました。

ラーメン大好きな僕はホアヒンのラーメンがどんなものなのかすごく気になりました。

ひとまずタクシーに乗って予約した民泊まで行き荷物を置いて一息つき、缶ビールを飲んでいたらお腹が空いてきました。

もう時間は8時を過ぎています。

先ほど見たramen cafeがなんだか気になります。

ラーメン大好きな僕は定期的にラーメンを摂取しないといけない体になっているのですが、長い間ラーメンを食べていません。

せっかくのホアヒンなのにラーメンでいいのか、という思いもありました。

が、どうしてもラーメンを食べたくなってきたので行ってみる事にしました。

ホアヒンのラーメン、果たしてどんな味なのでしょう。

ramen cafeの場所と行き方

ramen cafeはホアヒン駅から200メートルほど歩いた所にあります。

ついさっき駅から来たばかりだけど、タクシーに乗ってまた駅方面へ向かいます。

外はすっかり雨です。

どしゃぶりになってきました。

タクシーの運転手にramen cafeと言っても、グーグルマップを見せてもいまいち伝わらなかったので、ひとまずホアヒン駅で降ろしてもらいます。

雨の中、そこから道沿いに沿って歩きramen cafeに到着しました。

ramen cafe お店の様子とメニュー

f:id:kawada1234:20180727175601j:plain

こちらがラーメンカフェの外観になります。

お店中央のテーブルは屋根もなく雨でびしょ濡れですが、上にトタン屋根があるテーブル席もあります。

f:id:kawada1234:20180727182625j:plain

厨房にも屋根がついています。

厨房の後ろにあるボードにはメニューや絵がかかれているのですが、とてもオシャレです。

ボードの写メも撮っておけばよかったと今猛烈に後悔しています。

f:id:kawada1234:20180727180648j:plain

屋根の下の雨を防げるテーブルに着きます。

土砂降りですが、この席は雨から完全に守られています。

f:id:kawada1234:20180727183129j:plain

テーブルに着くと店員さんがすぐにメニューを持ってきてくれました。

f:id:kawada1234:20180727183202j:plain

お値段はどのラーメンもかなり安いです。

全てタイ語でかかれていますが店員さんが、これはみそラーメン、これは醤油ラーメン、と写真を指さしながら教えてくれます。

醤油ラーメンと味噌ラーメン、そしてそれぞれのチャーシュー麺、トムヤムラーメンがあります。

辛いものが食えない僕は味噌にするか醤油にするか、すご~~~~く悩んでいました。

すると店員さんが醤油ラーメンの写真を指さし、オリジナル ショウユ スープ、と説明してきました。

タイ人の作るオリジナル醤油スープ、それは気になる!

という事で僕は醤油チャーシュー麺を注文しました。

f:id:kawada1234:20180727183549j:plain

ラーメン以外にも魚や揚げ鶏の定食があります。

定食もかなり安いです。

スポンサーリンク
 

ラーメンをいただきます

f:id:kawada1234:20180727153328j:plain

注文して待つ事数分。

ラーメンが運ばれてきました。

しょうゆチャーシュー麺でお値段は50バーツ、日本円で約160円です。

円への換算はこれを書いている今のレートでています。

見た目は古き良き昔ながらの日本のラーメンです。

こういうラーメン、時々無性に食べたくなります。

ナルトの代わりのかまぼこなのでしょう。

メンマが入っているのも嬉しいです。

こんな素敵なルックスのラーメンが50バーツだなんて、とってもお得です。

では、いただきます。

f:id:kawada1234:20180727185038j:plain

このラーメン美味しい~~~。

見た目通りの味、古き良き日本の醤油ラーメンといった感じのあっさり目の味です。

タイで大人気の8番ラーメンに近い、学生時代に学校帰りにフードコートで食べたようなラーメンの味です。

でも、ほのかに甘味が感じられます。

タイ人って甘い物が好きでタイ料理店にはテーブルの上の調味料の中に砂糖もあるのですが、何にでも砂糖をドバーーっとかける人が多いです。

タイのラーメン屋でも卓上に砂糖を置いているお店がありますが、そういうお店でタイ人の食べ方を見ているとラーメンにも砂糖をドバーーっと投入しています。

日本人からしたら考えられないですが、それがタイ人好みのスタイルなのでしょう。

この甘味はタイ人の好みに合わせたからなのでしょうが、ほのかな甘さなので気になりません。

こういう味もありだな~って感じます。

そして、何かわかんないですがタイ料理を食べている時にたまに感じる香りもあります。

タイの何かを使ってその香りを出しているのでしょうが、ラーメンとマッチしていて美味しいです。

f:id:kawada1234:20180727185049j:plain

この甘味と香りを美味しく味わえるスープがこのお店のオリジナル醤油スープなのでしょう。

この店のタイ人の大将は日本のラーメンの研究を重ね、そこにタイ人にも好かれる要素をぶち込んだ、そんなオリジナル醤油スープで作ったラーメンだというのがよくわかります。

f:id:kawada1234:20180727190748j:plain

こちらはトムヤムラーメンになります。

見た目が超豪華ですが、お値段は100バーツ、約330円です。

一口食べさせてもらったのですが、辛いものを一切食べる事ができない僕は辛いという事しかわかりませんでした。

でも、きっとこのお店の大将が作ったラーメンなのですからこちらも辛いもの好きな人にとっては美味しいはずです。

f:id:kawada1234:20180727191128j:plain

食べている途中で雨は止みました。

すると地元のお姉さん達の集団がやってきました。

僕がお店に着いた時は雨だったからか客はいませんでしたが、雨が止んだらすぐに客が増えてきました。

地元のお姉さん達も注文の時、みそラーメン、醤油ラーメン、と言っていました。

ホアヒンという異国の地で地元の人がみそラーメンとか醤油ラーメンという日本語を使っているのを耳にするとなんだか嬉しくなって気持ちがホッコリします。

地元民の方々も美味しそうにもくもくとラーメンを食べています。

ホアヒン初日のディナーにramen cafeを選んでよかったです。

ホアヒンでラーメンを食べたくなったら世界の中でここでしか食べる事のできないオリジナル醤油スープのラーメンを試してみてください。

お店情報と地図

電話番号 062-0742842
住所(英語) Hua Hin 78 Alley, Tambon Hua Hin, Amphoe Hua Hin, Chang Wat Prachuap Khiri Khan 77110
住所(タイ語) ถนนพระปกเกล้า ประจวบคีรีขันธ์ (เลยสถานี รถไฟ หัวหินมา 100 เมตร ร้านติดอยู่ ทางรถไฟ)
営業時間 18:00-23:00

ホアヒンの楽しみ方

ホアヒンのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストラン、ホテルなどについてはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

 

スポンサーリンク
 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク