なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

シェムリアップのパブストリートは夜の観光の鉄板!!

シェムリアップ パブストリートの紹介

シェムリアップの夜の観光といえばパブストリートは欠かせません。

その名の通りたくさんのパブやクラブがあってお酒好きやクラブ好きにはたまらないし、カンボジア料理だけでなく様々な国のレストランもたくさんあるので、お酒が飲めない人にとっても必ず行ってもらいたい場所です。

東南アジアの繁華街にはありがちな下着姿のお姉さんが踊っているようなスケベなお店のない健全な繁華街なので、そういう雰囲気が嫌いな人、苦手な人や子供連れでも楽しめる場所となっています。

また、ナイトマーケットもすぐ近くにあるので買い物をしたりナイトマーケット見物をしたり食事をしたりお酒を飲んだり踊ったりと、パブストリートにくれば楽しい時間を満喫する事ができます。

初めてのカンボジア旅行、ほとんど何も下調べせずに来た僕ですが、今僕が通っているバンコクの学校の先生にシェムリアップに行ったらパブストリートは必ず行きな、とおすすめされました。

なのでシェリムアップに到着した初日、さっそく行ってみる事にしました。

ナイトマーケットに関してはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

スポンサーリンク
 

パブストリートへの行き方

f:id:kawada1234:20181004191528j:plain

パブストリートの地図はこの記事の一番下に貼っておきます。

パブストリートはシェムリアップの中心地にあり、トゥクトゥクで行く事になる人が多いと思います。

どのトゥクトゥクドライバーも当然ながらパブストリートの場所はわかっています。

パブストリート周辺の道路には大量のトゥクトゥクが常に待機しているので、帰りの心配もいりません。

僕はレンタルバイクで来たのですが、レンタルバイク屋さんがパブストリートから徒歩5分ほどの場所にあったので、バイクはお店に停めさせてもらいそこから徒歩できました。

シェリムアップでレンタルバイクを借りる方法はこちら。

www.bangkok-life-blog.com

パブストリートを歩く

f:id:kawada1234:20181004164038j:plain

バイクを置いて徒歩5分。

人が賑わっている所に到着しました。

看板にはPUBSTREETと書かれています。

ここがパブストリートで間違いなさそうです。

まわりを見渡すとたくさんのお店。

いろんなお店から重低音が響くダンスミュージックが聞こえてきます。

かなり賑わっています。

f:id:kawada1234:20181004191921j:plain

カンボジア初日、どうしてもカンボジア料理を食べてみたかった僕はそれっぽいレストランを探すために適当にパブストリートを歩いてみました。

f:id:kawada1234:20181004192622j:plain

地元のおっちゃん達の楽団が路上でライブをしています。

お店から流れてくる低音がドコドコ効いた音楽とは違い、いかにも東南アジアの伝統音楽です!といった音楽を演奏しています。

f:id:kawada1234:20181004192631j:plain

パブストリートの多くのお店はビール一杯0.5ドル!!

かなり安いです。

ビールが安いというのはお酒好きにとっては天国です。

f:id:kawada1234:20181004192638j:plain

なにやら見慣れない食べ物を売っているお姉さんがいました。

なんとこれ、、、

f:id:kawada1234:20181004192641j:plain

サソリやクモです!!!!

お腹が空いていた僕ですが、まずはカンボジア料理のレストランで食べたいと思っていたので何も買わずに立ち去ろうとしたら、写真代をちょうだい、と言われました。

お姉さんが首にかけてる紙を見るとわかりますが、なんと写真代が0.5ドルでした。

僕のように珍しがって写真だけ撮って買わない客が多いのでしょう。

素晴らしい商売の仕組みです。

地元民おすすめのパブストリートのカンボジアレストラン

f:id:kawada1234:20181005145846j:plain

パブストリートを一人でブラブラ歩いていると、トゥクトゥクのドライバーのおじさんに声をかけられました。

エロい店に案内するよ、との事でした。

トゥクトゥクのドライバーはスケベな店に客を連れて行くとマージンをもらえるので積極的に営業をかけてきます。

シェムリアップで大人の夜遊びをしたい方はこういう人についていけばエロマンチックな一夜を過ごす事ができますが、この日乗り継ぎのためにクアラルンプール空港で6時間ほど待ってからシェムリアップに到着した僕は疲れ果てていておじさんについていく気にはなりませんでした。

ただ、地元民が勧めるレストランに行けば間違いなしと思っている僕は、このおじさんにこの辺りでおすすめのカンボジア料理のおいしいレストランはどこ?と聞いてみたら、おじさんは案内してくれました。

f:id:kawada1234:20181005145900j:plain

こちらのレストランです。

レストランの名前は忘れたし、お店の名前が書いてある写メも撮り忘れていたのですが、上の画像の通りにあるカンボジアレストランです。

店の前にはメニューがあり、店員のお姉さんがいました。

お姉さんのおすすめのカンボジア料理を教えて、と聞いたらいくつかおすすめのメニューの写真を見せてくれて、美味しそうだったのでここで食べる事にします。

f:id:kawada1234:20181005145850j:plain

パブストリートにあるレストランはどこも広くてお客さんもたくさんいるのですが、このレストランもそうでした。

f:id:kawada1234:20181005145853j:plain

このレストランにはバーカウンターもあり、オシャレな雰囲気満載です。

スポンサーリンク
 

カンボジア料理をいただきます

f:id:kawada1234:20181005153551j:plain

まずはビールが運ばれてきました。

このレストランもビールは0.5ドルです。

夜とはいえちょっと暑いカンボジアの外の空気が入ってくる店内で飲むビールは最高にうまい。

疲れ果てた体に染みわたります。

f:id:kawada1234:20181005153732j:plain

お次の料理はstir-fried vegetable、3ドルです。

野菜炒めのカンボジアバージョンです。

3ドルという値段から小さいサイズを想像していたのですが、思った以上にでかい!!

全部食べ切る自信がなくなり注文を失敗したかも、と感じ始めました。

ただ、味はものすごく美味しいです。

胡椒の味が強くてビールがすすみます。

f:id:kawada1234:20181005154152j:plain

お次はchikin skewer、1.5ドルです。

これは日本でいうと鶏肉のバーベキュー串焼きです。

こちらも値段の割に量が多い。

そしてbaked potato、1ドル。

こちらは日本でいう所のじゃがバターです。

添えられているバターをつけて食べるのですが味は日本で食べるじゃがバターと同じでうまいです。

ただ、値段は日本に比べたら驚くほど安いです。

f:id:kawada1234:20181005154739j:plain

そしてこちらの鍋が店員のお姉さんの一番のおすすめの料理になります。

f:id:kawada1234:20181005154834j:plain

green curry、5ドル。

僕は辛いものを食べる事ができません。

店員のお姉さんにおすすめされたけど、辛い物がたべれなくても本当に大丈夫なの?と何度も念押しをしました。

タイでは店員さんに辛くないよ、と言われて食べたものが僕にとってはとても辛かったという事が何度もありました。

本当に辛くないのか半信半疑で一口目を食べたのですが、とても美味しい!!

辛さは全くありません。

日本人の幼稚園児でも食べる事ができます。

辛くないタイのグリーンカレーといった味で、たくさんのスパイスがいい具合に交じりあっているのがわかります。

f:id:kawada1234:20181005155312j:plain

メニュー写真にはライスはのっていませんでした。

だからカレーにライスはついてないのかな、と思ってじゃがバターを頼んだのですが、ライスもしっかりついていました。

当然ながら、グリーンカレーはライスにとても合います。

スプーンを動かす手が止まりません。

美味すぎます!!

f:id:kawada1234:20181005155316j:plain

ちなみに僕のテーブルの上はこんな感じでした。

まるで井之頭五郎です。

全ての料理が値段の割に量が多くて、その上まさかのライスまできました。

一人だった僕は残念ながら完食する事はできませんでした。

f:id:kawada1234:20181005155651j:plain

これだけ注文しても値段は11.5ドル。

かなり満足度の高いお食事をする事ができました。

パブストリートのバーでしっぽりと飲む

f:id:kawada1234:20181005170144j:plain

美味しい料理をいっぱい食べてお腹いっぱいになり、今度はたっぷりお酒を飲みたくなりました。

宿泊先にもどったら即寝れるくらい飲んでおこうと思い、またパブストリートをうろちょろしてみます。

大きいお店では重低音がドコドコ鳴って踊っている人もたくさんいましたが、疲れ果てていた僕はそういう所には行きたくありませんでした。

f:id:kawada1234:20181005171011j:plain

よさげなお店はないかとさ迷っていたら、パールジャムが流れているバーがありました。

おお、僕の好きな音楽だ、と思って近づいてみたら小さくてしっぽりと飲めそうなお店です。

f:id:kawada1234:20181005171201j:plain

店内もかなり落ち着いています。

ここだったらしっぽりと飲めそうなので、外の席で飲むことにしました。

f:id:kawada1234:20181005171309j:plain

音楽はサウンドガーデンやオアシスといった、90年代のロックがかかっています。

みんなしっぽりと飲んでいます。

いい具合にまったりと飲めるお店でした。

しばらく飲んで眠くなってきた僕は、次の日アンコールワットで日の出を見るために早起きしないといけないのでパブストリートを後にして宿泊先に戻る事にしました。

アンコールワットの日の出に関してはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

パブストリートの地図

地図の赤ピン周辺一帯がパブストリートとなっています。

シェムリアップの楽しみ方

カンボジア・シェムリアップのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク