なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

シェムリアップ国際空港の様子。カンボジアからタイ・バンコクへ。

シェムリアップ国際空港

シェムリアップへ来るまでは、ずっとシェムリアップの事をシェリムアップだと思っていました。

そんな勘違いに気づかせてくれたシェムリアップでの楽しい日々も終わり、バンコクへ帰る事になりました。

旅行の終わりはいつも悲しい。

スポンサーリンク
 

市内からシェムリアップ国際空港へ行く

帰りの支度を終え、シェムリアップ国際空港へ行くためにまずはトゥクトゥクを探さないといけません。

トンレサップ湖へ一緒に行ったトゥクトゥクに乗って空港まで行きたいと思い、まずはドライバーの彼を探すことにしました。

f:id:kawada1234:20181117144042j:plain

するとかわい子ちゃんが乗っているトゥクトゥクを発見。

僕を見て爆笑しています。

カンボジアでは学校教育で虐殺の歴史を教えていません。

なので多くの子供たちは悲惨な過去があった事をしりません。

でもそれは、臭い物に蓋をするという意味で教えないのではなく、悲しみや憎しみを子供たちの世代に持ち越さないようにするためです。

学校内で、『俺の家族はお前の家族に…!!』とか、『お前の親は俺の親に逆らえなかったんだからお前も俺に逆らうな』とか、そういう事を防ぐ為に教えない事は必要なのでしょう。

トンレサップ湖へ行った時、ドライバーの彼は僕の宿泊先から50メートルほど先の食堂の前で待機をしていました。

なので今日も食堂の前にいるかなと思い、向かってみたのですが姿が見えません。

食堂のおばちゃんに『彼はいないの?』と聞いたら、今日は来ないと言われました。

がっかりです。

なので、近くで待機していたトゥクトゥクに声をかけ空港まで乗っけていってもらう事にしました。

f:id:kawada1234:20181019210331j:plain

シェムリアップの街を空港目指して走ります。

シェムリアップのドライバーは他の東南アジアの都市と比べてみんなゆっくりでかなりの安全運転です。

シェムリアップ国際空港の様子

f:id:kawada1234:20181019210711j:plain

20分ほどでシェムリアップ国際空港に到着。

外にある喫煙所で一服してから空港内に入ります。

f:id:kawada1234:20181019210714j:plain

カウンターで手続きを済ませます。

シェムリアップからバンコクまでの航空券は最安で4000円代というのがあります。

驚きの安さ!

スカイスキャナー を使えば最安の飛行機のチケットを簡単にゲットできます。

スカイスキャナーの使い方はこちら。

f:id:kawada1234:20181020124357j:plain

荷物検査をサクッと終わらせ、免税店に行きます。

到着ロビーに着いた時はショボ!と思ったのですが、出発ロビーはとても綺麗です。

免税店の数は少ないですが、服や雑貨、民芸品、食べ物、コスメ用品など、大きな国際空港の免税店で買えるものは一通りあります。

僕はタバコを買って買い物終了。

搭乗ゲートに向かい、飛行機が来るのを待つ事にします。

f:id:kawada1234:20181020124403j:plain

出発ロビーにはとても綺麗なレストランがあります。

f:id:kawada1234:20181020124414j:plain

f:id:kawada1234:20181020124418j:plain

バーガーキングやフードコートもあります。

そして吉野家!!

吉野家にはお客さんがたくさん入っていました。

f:id:kawada1234:20181020124423j:plain

ハードロックカフェの服屋さんやリーバイスなんかもあります。

国際空港の出発ロビーには喫煙所がなく、飛行機に乗る前の一服ができない所もありますが、シェムリアップ国際空港には喫煙所があります。

飛行機に乗る前に吸いだめができて安心です。

f:id:kawada1234:20181020125754j:plain

バンコク行の飛行機が到着しました。

滑走路を歩いて飛行機まで行きます。

飛行機⇔空港間の移動がバスの所はとても嫌いですが、歩いていける所は政府要人になった気がして気分がいいもんです。

最後のシェムリアップの空気を肌で感じて飛行機に乗ります。

下調べなしに、バンコクに帰る前になんとなく寄ってみたシェムリアップですが、いろんな所に行けていろんな経験ができて、美味しい物もたくさん食べれて、シェムリアップの人達と触れ合えて、素敵なお姉さんとも友達になれて、いい事だらけの日々でした。

これだから旅はやめられません。

シェムリアップにいる間にやりたい事、行きたい場所がどんどん出てきたのですが、時間の都合で行けなかった所、やれなかった事がいくつかあります。

バンコクからは気軽に行けるので、近々またシェムリアップを訪れようと思っています。

シェムリアップの楽しみ方

カンボジア・シェムリアップのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク