なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへ移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクの水上レストラン オシャレなフェリーのSirimahannop

バンコクのレストラン Sirimahannopの紹介

バンコクのアジアンティークにある水上レストランのSirimahannop(シリマハノップ)はオシャレなフェリーの上で食事を楽しめるレストランです。

食事やショッピングを楽しめるバンコクの夜の大人気オシャレスポットのアジアンティークは常に多くの人でにぎわっていましたが、コロナの規制で長らくオープンできず。これを書いている今、2021年の10月は規制が緩和されてきてアジアンティークも一応は営業していますが、ほとんどのお店は営業していなく客足激減で閑散としています。

そんな中、いつの間にかアジアンティーク内にある桟橋に大きくて綺麗でオシャレなフェリーが常に停泊しているようになりました。

そのフェリーがレストランのSirimahannopです。

ものすごく雰囲気のいいオシャレな空間で美味しい食事を楽しめるSirimahannop、大満足のディナータイムをすごせたので紹介します。

 

Sirimahannopの場所と行き方

f:id:kawada1234:20190425150126j:plain

Sirimahannopのあるアジアンティークの最寄り駅はBTSサパーンタクシン駅になります。

サパーンタクシン駅からは徒歩で10分くらいですが、駅からはアジアンティーク行の無料の船も出ています。

f:id:kawada1234:20180821170230j:plain

アジアンティークの人気スポットであるチャオプラヤー川沿いの桟橋通り。コロナ前は常にたくさんの人でにぎわっていました。

f:id:kawada1234:20210926203928j:plain

コロナ過の今は、アジアンティークは営業していてもほとんどのお店は営業していなく、桟橋通り沿いは真っ暗で人もいなく閑散としています。

f:id:kawada1234:20210924195451j:plain

すっかり寂しくなったアジアンティークのチャオプラヤー川沿いに、大きな船が泊まっています。この船がSirimahannopです。周りの電気はほとんど消えている暗い中、大きくてキラキラライトアップされている船はとても目立ちます。

f:id:kawada1234:20210926204232j:plain

チャオプラヤー沿いのPier1からSirimahannopの船に乗り込む事ができます。入口前にはメニュー表も置いてあります。

Sirimahannop 船内の様子

f:id:kawada1234:20210926204359j:plain

真正面から見た船。いい感じにキラキラ灯りがついていて、とてもオシャレです。桟橋を渡ると船にのる階段があります。

f:id:kawada1234:20210926204747j:plain

船に乗るとバンコクの街中を大砲で狙っている兵士の像があります。

f:id:kawada1234:20210926204848j:plain

甲板にはゆったりとしたスペースでテーブルや椅子、ソファーが置かれています。店内はとても落ち着いていて、いい感じ。

f:id:kawada1234:20210926205021j:plain

甲板の後ろはキッチンになっています。

f:id:kawada1234:20210926205057j:plain

キッチンの後ろにある船長室は個室となっています。

f:id:kawada1234:20210926205203j:plain

僕が店員さんに案内された席はこちら。甲板の真ん中あたりにあった席ですが、夜景がより近くで見える端っこの席に変えてもらいました。どの席も椅子と座り心地のいいソファーがあります。

Sirimahannopのメニューとお値段

タイのレストランにしては珍しく、メニュー数は少なめで食べ物は2ページ分だけ。船の上での営業なので食材をたくさん使うのがむずかしいからでしょうか。そんなSirimahannopのメニューをざっくりと紹介します。

f:id:kawada1234:20210926205501j:plain

ビーフステーキは450バーツ、スパイシー シーフード コリアンヌードルは290バーツ。

ポークチョップは440バーツ、魚系料理は160~290バーツ。

f:id:kawada1234:20210926205754j:plain

生ガキは1個88バーツで1ダース720バーツ。

近くの席の人が食べていて、僕も次回注文しようと思ったおいしそうなエビや貝などのシーフードがたっぷり入ったシーフードバスケットは990バーツ。

ビーフ グリーン カレーは390バーツ、スパイシー エッグプラントカレーは320バーツ。

アイスやケーキ、タルトなどのデザートは90~145バーツ。

f:id:kawada1234:20210926210303j:plain

この時は店内飲酒が不可だったのでお酒類はなかったですが、ノンアルコールのカクテルは数種類ありました。お値段は200~250バーツです。

メニュー表は英語表記とタイ語表記の2種類がありました。

 

Sirimahannop いただきます

f:id:kawada1234:20210926210540j:plain

ビールで乾杯といきたかったのですがお酒は頼めなかったのでお水で乾杯。

ミネラルウォーターは125バーツ。船乗りの服を着た店員さんがいい感じにお水をついでくれます。

f:id:kawada1234:20211001205403j:plain

まず運ばれてきたのは半ダースの生ガキで390バーツ。

f:id:kawada1234:20211001205521j:plain

カキのソースは二種類で、一つはタイの緑のシーフードソース。緑のソースはどこで出されても辛く、辛いのを食べれない僕は食べる事ができませんが、辛いのが好きな人は日本人も絶賛します。

もう一つのソースはフルーティーな味のソース。生ガキにフルーティーが思った以上にめっちゃ合います。

f:id:kawada1234:20211001205732j:plain

カキの種類を一部間違えてしまったとの事で、お詫びとして店員さんがさらに3つ生ガキをサービスしてくれました。

バンコクではお詫び生ガキ二度目の経験です。とても嬉しい。

f:id:kawada1234:20211001205851j:plain

こちらはfresh asian baby greens、お値段は220バーツ。山盛りの野菜サラダです。

f:id:kawada1234:20211001210150j:plain

こちらはcitrus marinated salmon。日本語訳すると柑橘漬けサーモンって感じでしょうか。お値段は290バーツです。

僕はでかい魚系料理を注文しようと思ったのですが、店員さんが何度も何度もおすすめしてきたのでこちらのサーモンを注文。

店員さんのおすすめだけあって日本人にとってもタイ人にとって超うまい。火の通し方も絶妙で、これはまた食べたい。サーモンの新たな扉を開いてくれました。

f:id:kawada1234:20211001210726j:plain

テーブルの上はこんな感じ。

2人で食べてましたが、お値段はそこそこでも量が少々物足りません。

f:id:kawada1234:20211001210816j:plain

なのでタコスを注文。

激ウマな魚のフライが挟まれています。ちょっとクリームコロッケ感がありタイでは珍しい感じの魚のフライのようで、一緒に行ったタイ人は珍しそうに食べていましたが僕もタイ人も味には大満足。

タコスも食べてお腹いっぱい。

料理も美味しいし、オシャレな船の雰囲気が最高のSirimahannopでした。アジアンティークに人がたくさん来るようになったら平日でもきっと激混みするでしょう。

周辺のおすすめスポット

アジアンティーク ザ リバーフロントについて詳しくはこちら。

クルーズ船でのディナーを楽しめるチャオプラヤープリンセスについて詳しくはこちら。

サパーンタクシン周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

Sirimahannop 営業情報と地図

住所(英語) 72 Charoen Krung Rd, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120
住所(タイ語) 72 ถ. เจริญกรุง แขวง วัดพระยาไกร เขตบางคอแหลม กรุงเทพมหานคร 10120
電話番号 02 059 5555
営業時間 16:00~21:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ