なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

おすすめの求人
在宅(国内・国外OK)orマレーシア勤務 メール・電話対応 未経験OK経験不当年齢制限なし 月給20万円以上 8時間週5勤務 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクの料理も雰囲気も極上のバー&レストラン The Factory

バンコクのバー&レストラン The Factoryの紹介

バンコク・サトーンのナンリンチー通りにあるThe Factoryは、タイ料理や各欧米地域の様々な料理のあるバー&レストランです。

リゾート地のような雰囲気の中でバンドの生演奏を聴きながらお酒やお食事を楽しめるThe Factoryは他のバー&レストランに比べても料理の味がワンランク上だからでしょうか、それとも雰囲気がよく居心地がいいからでしょうか、周辺の他の店に比べても常に圧倒的にお客さんが入っていて賑わっています。

客層はいつもタイ人7割、欧米人3割、日本人僕一人といった感じで、賑わってはいるけど日本人だらけの居酒屋のようなうるささはなく、とても居心地がいい。

時に有名タイ人のライブなどがあり、そんな時は超混雑してものすごい盛り上がりになりますが、料理を食べるだけでも飲みに行くだけでも大満足の時間を過ごせます。

僕がここ一年で一番食事をした超お気に入りのバー&レストランのThe Factoryを紹介します。

 

The Factoryの場所と行き方

The Factoryの最寄り駅はBTSチョンノンシー駅とMRTクロントーイ駅になります。

ただ、どちらの駅からも700メートルくらい離れているため、駅から歩いていくのはちょっとめんどくさいです。

こちらがサトーンにあるナンリンチー通り。

多くの日本人にはあまり縁のない場所で、この通りで日本人を見かけた事はまだ一度もありません。

ナンリンチー通りにトップスデイリーやAラーメンやバー、レストランが密集しているAVENUEという場所があるのですが、その中の一番奥にThe Factoryはあります。

写真だと伝わりませんが、実際この場にいくと若干リゾート地っぽい雰囲気があります。

The Factory 店内の様子

こちらがThe Factoryの外観になります。店の前にもたくさんの席があるのですが、外の席は平日に行っても満席の時もあります。

お客さんはほとんどが外の席で食べていて、店内席を利用している人はほとんどいません。外の席が満席の時、仕方なく屋内席に行くといった感じです。

屋内では22時頃までバンドがライブをしています。毎回上手な人達が演奏していて、とてもいい雰囲気で飲んだり食べたりできます。屋外席でも演奏の音はしっかりと聞こえます。

たまに有名タイ人ミュージシャンのコンサートも行われますが、そんな時はお店は超満員。店内席も外の席も人も、全席埋まってしまいます。

The Factoryのメニューとお値段

ものすごくたくさんのフードメニューのあるThe Factory。一部のメニューを紹介します。

こちらは欧米メニュー。スペアリブは220バーツ。

スモークチキンウィングは160バーツ。

フライドポークレッグは390バーツ。クリスピーシュリンプは120バーツです。

分厚いメニュー表にびっしりと書かれたメニューの半分以上はタイ料理。

トムヤンクンやパッタイから、タイ風チャーハンのカオパッド、パパイヤサラダのソムタムや辛いタイ版サラダのヤム、ムンセンやタイ版野菜炒めなど、基本的なタイ料理はだいたいあります。

ビールもタイのビールからハイネケンや何かわからないビールと、たくさんの種類があります。各種ドラフトビールもあります。

ワインやハイボールもあるので、いろんなお酒を楽しめます。

 

The Factory いただきます

The Factoryにはチャンのビールを販売している売り子さんがいて、ウェイトレス的な事もしています。僕は普段はタイのビールのLEOを飲んでいますが、このお姉さんはCHANGビールの売り子さん。なのでここでは毎回CHANGを注文しています。

ちなみにこちらのお姉さん、実物は写真の倍綺麗です。

ビールタワーは700~750バーツ。LEOやCHANGのドラフトビールが3リットル入っています。奥さんと一緒に行った時一度だけ注文したのですが、この時はビールタワーを注文するとビールのピッチャーも無料でついてきました。

さすがに二人では全部飲み切る事ができませんでした。

毎回最初に出てくるお通し的なスナック。一度口に入れてしまうと次から次に食べてしまい、止まらなくなってしまう謎の中毒性があります。

ソーセージの盛り合わせは250バーツです。欧米風の、日本人はなじみがない感じの大ソーセージが3本入っています。それぞれ味が違い、一つはそこそこの辛さです。

こちらは豚肉のワイン焼きだかそんな感じの料理ですが、ものすごく美味しいです。何を注文していいか迷ったらこちらをお勧めします。

タイ料理の鉄板、ラープもかなりの美味しさ。僕は辛さなしで注文していますが、今まで食べたラープの中でもトップ3に入ります。

ラープはそのままで食べても美味しいですが、ライスを頼んでラープ丼にすると極上の美味しさになります。

カニ春巻きは160バーツ。飲み目的で来た時はつまみの定番となっています。

トムヤンクンは170バーツ。奥さんがよく注文しています。僕の奥さんはタイ人の中では辛いのが苦手な方で、辛さ控えめで注文しているので色は赤くないですが、それでも僕にとっては激辛です。

こちらはイカやエビの入ったシーフードヤム、お値段は200バーツ。

ヤムは具材によって140~300バーツです。

こちらは想像以上にオイスターだらけだったオイスターサラダ。

生エビにニンニクとトマトが乗せられたタイ料理。口に入れるまではずっとチーズだと思っていたのがニンニクでびっくりしました。

ビールにも良く合う、日本では食べた事がないけど多くのタイ人が好きな貝。

こちらはタイのタニシでしょうか。日本のタニシのように、田畑を感じるワイルドな味がします。

ブラックハイボールは150バーツ。

日本人の僕もタイ人奥さんも、毎回どの料理を頼んでもハズレなしでいつも大満足のディナータイム、飲みタイムを過ごせるThe Factoryの紹介でした。

周辺のおすすめスポット

The Factoryの近くにあるAラーメンについてはこちら。

ナンリンチー通りにある安くて超美味しい串焼き屋台についてはこちら。

The Factory周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

The Factory 営業情報と地図

住所(英語) จันทร์เก่า ซอย T.T 1, ถนน นางลิ้นจี่ Chong Nonsi, Yan Nawa, Bangkok 10120
住所(タイ語) จันทร์เก่า ซอย T.T 1, ถนน นางลิ้นจี่ แขวง ช่องนนทรี เขต ยานนาวา กรุงเทพมหานคร 10120
電話番号 0814321146
営業時間 17:00~1:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ