なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

タイガーパーク パタヤの紹介と各種料金【ネコ好きに超おすすめ!】

タイガーパークパタヤの紹介

パタヤにあるタイガーパーク パタヤ(Tiger Park Pattaya)は2017年にできたばかりのトラと触れ合える観光スポットです。

生後2カ月から48カ月、赤ちゃんトラから大人の大きいトラとまで、一緒に触れ合ったり、ミルクを飲ませてあげたり、写真を撮ったりする事ができます。

また、サファリパークのようにトラが生活しているゾーンをカートに乗って至近距離から観察する事もできます。

僕のタイ人奥さんはネコ好きで、タイガーパークに興味津々。という事で行って見たらとても楽しい時間を過ごせました。特に赤ちゃんトラとのふれあいの時間はものすごく癒され、動物好き、特にネコ好きの方には超おすすめ!

そんなタイガーパーク パタヤではどんな事ができるのか、どんな施設があるのか、料金はいくらなのかを解説するので、興味がある方は参考にして下さい。

 

タイガーパーク パタヤの場所と行き方

タイガーパークパタヤはパタヤビーチから南へ10キロほどの場所に位置します。

タイガーパークの近くには水上マーケットやダイナソーパークなどもあるので、周辺で観光スポットをいくつかまとめて周る事ができます。

車がない方は、グラブタクシーで行くのが一番手っ取り早いし、ぼったくられる事もなくストレスもありません。パタヤビーチからタイガーパークまでのグラブの料金は200バーツいくかいかないかくらい。

タイガーパークの地図はこの記事の下の方に貼っています。

グラブの使い方はこちら。

大きな道路沿いにあるので、車で行く方は地図を見ながらでサクッと行けると思います。入口前には駐車場もあります。

グラブで行った僕は、タイガーパークの入口まん前で降ろされました。

タイガーパークの紹介

チケットの買い方と料金

館内に入ったらまずはカウンターでチケットを購入します。

タイガーパークは無料で入れますが、トラと触れ合うにはチケットを購入しないといけません。

タイガーパークのチケットの料金は、

・Newborn 850バーツ

・Smallest 650バーツ

・Small 550バーツ

・Medium 550バーツ

・Big  650バーツ

・Forest Safari 650バーツ

となっています。トラと触れ合えるチケットは、トラの年齢や大きさによって料金が分かれています。

赤ちゃんのトラにミルクをあげたいという方はNewbornのチケットを購入しましょう。

また、Forest Safariはサファリパークのようにカートに乗ってトラを観察する事ができます。

オプションでセットチケットや、専属カメラマンに一眼でトラと一緒に写真をとってもらうというチケットもあります。

チケットを購入したら後ろにあるカウンターで支払いをします。なぜかチケット発券カウンターと会計カウンターは分かれています。

僕はNewbornとForest Safariのチケットを購入しました。キューナンバーは113番。

館内にはモニターがいくつかありますが、そこで予約状況を確認できます。自分のキューナンバーがどこにあるのか確認しておきましょう。

自分のナンバーが一番上に来たら、自分の番となります。

どれくらいの時間待つのか、何時からスタートかは記載されていないので、時間が気になる方は係の人に何分待ちか聞きましょう。

時間の目安として、トラと触れ合うのは1グループ15分くらいです。

僕の場合はトラとのふれあいは90分待ちくらいで、Forest Safariは60分待ちくらいでした。

館内の施設

トラと触れ合ったりするには待ち時間があるので、その間施設内を適当に探索してみます。

こちらは待合室のような部屋。軽食や飲み物が売られています。

この部屋の奥にあるドアの先にトラのいるゲージやトラと触れ合える場所、サファリパークがあります。

レストランもありますが、僕が行った時はタイがコロナ明けで外国人観光客を受け入れ始めたばかりの時だったのでまだオープンしていませんでした。

こちらはトラと触れ合えるゾーンです。自分の時間が来るのを待っている人達がたくさんいます。

こちらはMediumサイズのトラとのふれあいゾーン。お客さんは写メをパシャパシャとっています。

Newbornゾーンではお姉さんが赤ちゃんドラと記念撮影。タイガーパーク専属カメラマンに写真を撮ってもらっています。

触れ合いゾーン周辺にはトラのいるケージがいくつかあります。トラは全員名前があり、名前を呼ぶと反応してくれるトラもいます。

暑いのでほとんどのトラはだるそうに寝っ転がったりダラけています。お昼寝タイム中のトラ、体は大きいですが-寝相がとてもかわいい。

プールには気持ちよさそうに水浴びをしているトラがいました。

こちらは館内にあるお土産屋さん。トラのぬいぐるみやトラ雑貨など、様々なトラグッズが売られています。

館内にはカフェもあります。

ふれあいゾーンやトラのケージのあるゾーンは外のため暑く、時間近くになるまでカフェで待機。

 

 

Forest Safari

こちらはForest Safariの待合場所。Forest Safariは数グループまとめてカートに乗るので、その分キューの減りが早いです。

自分の番になったらカートに乗って出発。

カートの横には透明のプラスチックのカバーがありますが、本気のトラに襲われたらすぐに壊れてしまうのでしょう。

サファリゾーンをカートはゆっくりと走ります。どのトラも綺麗な毛並みでかっこいい。トラを至近距離で見れて、大人たちもテンションが上がっていきます。

暑いからか、それともトラは夜行性だからか、みんなだるそうに横になっています。

時々道を塞いでいるトラもいます。

が、どのトラもカートが近づいてくるとめんどくさそうにのそのそと歩き、道を開けてくれます。

水場周辺は大人気のようです。

気持ちよさそうに寝ていたり、平和そうにぼーーーっとしているトラ多数。

別グループのカートとすれ違う事もありますが、みんなテンション高くトラをパシャパシャ撮影しています。

時々カートにものすごく接近してくるトラもいますが、どのトラもみんな穏やかな性格のようで特に怖いとかは感じません。

トラ達は人間に写真を撮られたり手を振られたりするのを日常として受け入れているようです。

赤ちゃんトラと触れ合う

Newbornのトラはこの日一番人気だったようで、90分ほどまってようやく僕達の番になりました。

赤ちゃんトラは2頭いますが、どちらも僕の前のグループにたっぷりミルクを貰ったようで眠そうにしています。

なので、僕たちが赤ちゃんトラにミルクをあげる事はできませんでしたがそれは仕方ないのでしょう。

眠そうにしているのにかまうのは悪いなぁと思っていたら、係の人が赤ちゃんを僕の膝の上に置きに来ました。

なので、眠い所申し訳ないですがたっぷり触れ合いをさせていただきます。

赤ちゃんたちは2頭とも人懐っこいですが、時々人間に触られるのがうざくなるのか、すみっこの方に走り出します。

僕の奥さんはかわいいトラの赤ちゃんにテンションマックス。なでなでしたり握手したり抱っこしたりと、赤ちゃんと楽しそうに遊んでいます。

ただ、やはり赤ちゃん達は係の人がすごく好きなようです。係の人に抱っこされるとすごく安心した顔になります。

15分ほどの短い時間でしたが、赤ちゃん達とのふれあいの時間はものすごく楽しくて癒される時間でした。

パタヤのおすすめすポット

タイガーパークのすぐ近くにあるパタヤの水上マーケットについてはこちら。

東南アジアナンバー1の規模、パタヤにあるラーマヤナ ウォーターパークについてはこちら。

パタヤでの食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

タイガーパーク パタヤ 営業情報と地図

住所(英語) 349/9 หมู่ที่ 12 Bang Lamung District, Chon Buri 20150
住所(タイ語) 349/9 หมู่ที่ 12 อำเภอบางละมุง ชลบุรี 20150
電話番号 038255221
営業時間 9:00~18:00

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ