なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
日本国内在宅勤務orマレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで部屋探し・買い物や仕入れ・メールやLINE等の通訳・翻訳をタイ人に安くお願いしたいという方は【こちらをクリック】

バンコクからナコンパトムへ電車で行く方法 時刻表の調べ方や鉄道の乗り方について

ナコンパトム駅

バンコクからナコンパトムへはタイ国鉄の鉄道を利用すれば片道約1時間、10バーツという激安価格で行く事ができ、日帰り旅行も可能です。

世界一大きな仏塔があるナコンパトムは街のいたる所から仏塔の姿が見えるので、街中は独特の雰囲気があります。バンコクのような渋滞はなく混雑もしていないので、都会生活に疲れたから静かな場所でゆっくり過ごしたいという時にも最適。

仏塔だけではなく、名物の火山海老や観光名所の蓮の池、ワニや像のショーが見れたりウサギと触れ合えたりする事ができる動物園があったりと、見どころもあります。

バンコクに比べたら若干物価も安い為にちょっと得した気にもなれるナコンパトムへの電車での行き方を説明するので、行ってみたいから予習したいという方は参考にして下さい。

ナコンパトムではなく、タイ北部のナコンパノムへ行く方法はこちら。

 

ナコンパトム駅へ行く電車

バンコクからナコンパトム駅へ行く電車はこれを書いている2024年現在、トンブリー駅とMRTフアランポーン駅の隣にある国鉄のバンコク中央駅からとクルンテープ アピワット中央駅から出ています。

バンコク中央駅からナコンパトム駅へ行く電車は一日に3本しか出ていないので乗り遅れたらめんどくさい事になるし、クルンテープ アピワット駅は僕の家から若干遠いので、僕はトンブリー駅から電車に乗ってナコンパトムへ行きました。

トンブリー駅までは毎回自宅にグラブにを呼んで行っています。

また、南バスターミナルからバスでナコンパトムへ行く事も可能です。

電車の時刻表の確認方法

電車の発着時刻ですが、一番手っ取り早く調べる方法はグーグルマップで確認する方法です。

グーグルマップで駅名をタップして詳細を表示させると電車という項目があり、その下の方にに出発案内を見るという部分があります。

すると該当の駅に発着する電車の案内が、現在の時間から24時間分表示されます。

トンブリー駅の地図はこちらになります。

 

また、タイ国鉄の公式サイトからも電車の時刻表を確認する事ができます。公式サイトはこちら↓

https://www.railway.co.th/Station/StationList

公式サイトで電車に乗る駅と降りる駅を入力すると時刻表が表示されます。

トンブリー駅でチケットを買う

ナコンパトムへ行く日、まずはグラブを呼んでトンブリー駅へと向かいます。トンブリー駅は小さな駅で暑さをしのぐ場所もありません。なので、なるべく電車待ちの時間が少なくなるよう計算して駅へ向かいましょう。

駅に入りチケットカウンターへ行きます。

が、残念ながら家でゆっくりしすぎたせいで駅に着いた時はすでに乗ろうと思っていた電車は発車してしまっていました。

仕方ないので乗ろうと思っていた電車の次の電車に乗る事にしてチケットを購入。1時間ほど待たなくてはいけなくなってしまいました。

チケットの料金は10バーツという日本人からするとものすごい激安価格です。

チケットはタイ語なので僕は読めませんが、数字の部分には日付や電車の発車時刻や到着時刻が記載されているのが分かります。タイ語が読めなくても数字が読めればなんとかなるチケットです。

トンブリー駅前にはお店がたくさん並んでいます。

お腹が空いていたのでお弁当を購入。僕のタイ人奥さんはついでにポケットティッシュやらタイの鼻に突っ込んでスースーさせる薬のヤードム等を買っていました。

トンブリー駅

ホームの椅子に座って弁当を食べたりスマホをいじったりして時間をつぶします。

発車時刻よりかなり早くに、『ナコンパトム行の電車はこれだよ~』といった感じのアナウンスが流れてきました。

ただ、電車内にはエアコンはありません。走行中は窓から風が入ってくるために暑さは気になりませんが、止まっている電車内は風も入ってこない蒸し風呂状態。暑すぎて座っているだけでも苦痛なので、電車が発車する数分前までは誰も電車に乗ろうとしません。

 

電車内の様子

電車の中はこんな感じです。古さは感じますが、座っていても特に不便さは感じません。

席は全部自由席といった感じなので好きな席に座ってOKです。

時間通りに電車は出発。電車は途中途中で駅に停まり、お客さんを降ろしたり乗せたりしながらナコンパトムへ向かって走っていきます。

窓からは常に気持ちのいい風が入ってくるので、エアコンはないですが車内では快適な温度感で過ごせます。

基本窓の外は緑いっぱい自然豊かな景色ですが時折なんだか楽しそうな町や立派なお寺が見えたりもするので、次に行ってみたい町の候補が増えていきます。

ナコンパトム駅

電車に乗る事1時間10分ほど、時間通りにナコンパトム駅に到着。

帰りの電車に乗る際も来た時と同じようにグーグルマップで時間を調べて駅の窓口でチケットを買えばOKです。

駅から出ると目の前には世界一巨大な仏塔とそこへ続くまっすぐな道が伸びています。

巨大な物って見ただけでなぜかテンションが上がりますが、ナコンパトム駅を出てこの景色を見た瞬間もなぜかテンションが上がってワクワクしてきます。

ナコンパトムではグラブもすぐに捕まるしバンコクよりも若干安いです。ナコンパトム駅や街中での移動はグラブをおすすめします。

僕は細かな移動は全てグラブバイクでしたが、料金はほとんどの場合50バーツ以下でした。

以上、バンコクから電車でナコンパトムへ行く方法の説明でした。

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ