なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクの海鮮居酒屋・海野家 魚介料理だけでなく鍋も絶品で一人飯にもおすすめ

バンコクの居酒屋 海野家の生ガキ

僕の中ではタイの磯丸水産と呼んでいるバンコク・スリウォン通りにある海鮮居酒屋の海野屋。

海鮮系の料理はもちろん居酒屋メニューも一通り揃っていて、さらに海鮮系ではない鍋も絶品。

お酒も日本のお酒が各種たくさんそろってあります。

僕は一人飲み、一人飯で行く事が多いのですが、日本人の舌に合うのはもちろんタイ人にも喜ばれる居酒屋です。

近くにはタニヤ・パッポンもあり、夜遊びで来ている男性は夜のお姉さんを連れていっても喜ばれる事間違いなし。

昼はリーズナブルでお得なランチセットもあります。

バンコクに住んで二年近く、僕が一番たくさんいった居酒屋の海野屋を紹介します。

 

海野家の場所と行き方

f:id:kawada1234:20190808152033j:plain

海野家はBTSサラデーン駅とMTRサムヤーン駅の中間あたりにあります。

サラデーン駅からパッポン通りをまっすぐ歩くと大きな通り、スリウォン通りになります。

スリウォン通り沿いに海野家はあります。

バンコク スリウォン通りの海鮮居酒屋 海野家

外観は完全なる日本風。

ここだけ見るとタイとは思えません。

店の前の箱にはたくさんの牡蠣の殻が入っています。

牡蠣好きの僕は大量の牡蠣の殻を見るだけでテンションが上がります。

海野家 店内の様子

f:id:kawada1234:20190808152912j:plain

店内も完全なる日本の居酒屋ですが、女性店員は皆タイ人です。

席は座敷とテーブル席があり、扉のあるボックス席もあります。

タバコはボックス席でのみ吸えます。

小さなカウンターもあるのですが、僕は一人できてもカウンターに案内された事は一度もありません。

一人でもテーブル席や座敷を案内してくれるのが嬉しい。

店内では常に懐かしのJ-POPが流れています。

海野家でいただきます

f:id:kawada1234:20190808164207j:plain

まずはアサヒの生中。

お値段は100バーツ、約340円になります。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

f:id:kawada1234:20190808164415j:plain

お酒はタイのビールや日本酒、焼酎、サワーと各種あります。

梅酒を飲んだことがないタイ人に梅酒を試してもらった事が何度もあるのですが、今の所100%で大絶賛し梅酒にハマります。

f:id:kawada1234:20190808150832j:plain

こちらは生ガキ4個。

お値段は640バーツで約2200円。

f:id:kawada1234:20190808165019j:plain

生ガキをちゅるっと美味しく頂く幸せ!!

絶品の生ガキです。

f:id:kawada1234:20190808165115j:plain

こちらはオイスターグラタン。

お値段は200バーツで約690円。

オイスターグラタンも美味しいのですが僕の中ではやはり生ガキに勝る牡蠣はありません。

f:id:kawada1234:20190808165341j:plain

タイ料理のヤムウンセンもあります。

お値段は380バーツ、1180円。

タイ人にお任せで頼んでと言われた時は毎回このヤムウンセンを頼みます。

春雨とサラダ、エビやイカが入っていて味付けはさっぱりピリ辛。

辛い物が食べれない僕にとってはピリ辛でも辛すぎて無理なのですが、タイ人は大絶賛。

辛い食べ物が好きな日本人にもおすすめです。

f:id:kawada1234:20190808170324j:plain

こちらはイカの塩辛に辛い唐辛子が入ったヤム塩辛。

お値段は220バーツ、約750円。

イカの塩辛好きなタイ人ってけっこうたくさんいます。

僕は唐辛子を取って食べていますが、日本人もタイ人も美味しくつまめる一品です。

f:id:kawada1234:20190808170426j:plain

マグロ納豆もあります。

今まで何人かのタイ人にマグロ納豆を試してもらいましたが、美味しいと言ってバクバク食べたタイ人は僕が通っている学校の先生一人だけでした。

ほとんどのタイ人にとって納豆は無理のようですが、納豆未体験のタイ人と同行する時はチャレンジしてもらっています。

f:id:kawada1234:20190808171209j:plain

こちらは鶏肉とエビ団子と野菜がたっぷり入ったちゃんこ鍋。

お値段は550バーツで約1900円。

ガスコンロと鍋はテーブルまで持ってきてくれるので、常にアツアツ状態で食べれます。

f:id:kawada1234:20190808171449j:plain

鍋用のうどんもあります。

鶏と野菜の美味しさがたっぷりとしみ込んだちゃんこ鍋の鰹出汁で食べるうどんはものすごく美味しい。

この他にも各種刺身や焼き鳥などの串系など、メニューはたくさんあります。

海野家でおすすめ一人飲み・一人飯の方法

f:id:kawada1234:20190808192136j:plain

僕がたまに一人で海野家で行く時の基本的な注文パターンも紹介します。

テーブルにあるのはビールとつまみ一品。

バンコク 海野家のもつ鍋

そして牛モツとブタバラの豚骨鍋を注文します。

お値段は520バーツ、約1800円です。

鍋は一人で食べるには量が多いのですが、それでも一人で注文します。

f:id:kawada1234:20190808192800j:plain

鍋はテーブルに持ってきてくれて、店員さんが全てやってくれます。

鍋がグツグツいって具材が煮込まれているのを見ながらビールを飲みます。

鍋からはとてもいい匂いが漂ってきて、その匂いもつまみになります。

f:id:kawada1234:20190808192949j:plain

鍋だけでも一人で食べきれない量ですが、さらに鍋用の雑炊セットも注文します。

ご飯、卵、刻み海苔、薬味の雑炊セット、お値段は90バーツで約310円。

f:id:kawada1234:20190808193130j:plain

普通なら鍋終盤付近に雑炊セットを入れるのでしょうが、僕は店員さんに頼み序盤に雑炊セットを鍋の中に投入してもらいます。

ただ、序盤に全投入すると鍋から汁がこぼれてしまうので、ご飯を入れる量は半分程度ですが。

f:id:kawada1234:20190808193320j:plain

雑炊が出来上がったらいただきます。

海野家のジャンルは海鮮居酒屋なのですが、鍋もとても美味しいです。

残念なモツって噛み切れないし飲み込むタイミングもわかりませんが、海野家のモツは柔らかくて噛んでいたら自然と飲み込んでしまっています。

そしてなぜか鍋に入っているキャベツがすごく美味しい。

甘味の強いキャベツは鍋序盤だとシャキシャキで、後半になるとシナシナになります。

シャキシャキでもシナシナでも、どちらの状態でもやたらとキャベツが美味い。

ややオイリーで濃い味の豚骨スープは全ての具材ととても合うし、ご飯にもものすごく合うので雑炊がとても美味しい。

一人で来るときは、食べ終わったら帰るだけで長居する用もないので最初から雑炊にして食べていますが、常にアツアツの鍋と雑炊はビールにもとても良くあいます。

そして、一人で食べ切れる量ではないのでお腹がいっぱいになったら当然残します。

ただ、残したものは店員さんに「テイク アウェイ プリーズ」とお願いすれば持ち帰れます。

f:id:kawada1234:20190809185839j:plain

そしてこちらが持ち帰って次の日に食べた雑炊。

見た目が汚いのは皿に移し替えるという事が上手にできない僕のせいなのですが、二日目のカレーが美味しいように二日目の雑炊もとても美味しい!

f:id:kawada1234:20190809185933j:plain

冷蔵庫で一日置く事で、ホルモンや肉や野菜から美味しい汁がよりたくさんでているのでしょうか。

お米は美味しい濃厚豚骨スープをよりたっぷりと吸い込んでいます。

レンチンするとものすごくいい匂いが漂ってきて、食べるととても美味い!

量もちょうどいい具合にあります。

一人で海野屋に行き、鍋を頼み食べ切れなかった分は持ち帰り次の日に食べる。

そうする事で二日連続で美味しい雑炊を食べれます。

これができるので僕は一人でたびたび海野屋に行きます。

美味しくてコスパ抜群の海野屋のランチについてはこちら。

周辺のおすすめスポット

サラデーンで一番おすすめのカオマンガイのお店についてはこちら。

サラデーン駅周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

海野屋 営業情報と地図

住所(英語) โรงแรมตวันนา, 80 Thanon Surawong, Khwaeng Si Phraya, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
住所(タイ語) โรงแรมตวันนา, 80 ซอย สุรวงศ์ แขวง สี่พระยา เขตบางรัก กรุงเทพมหานคร 10500
電話番号 02 267 1817
営業時間 11:00~3:00 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ