なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

おすすめの求人
在宅(国内・国外OK)orマレーシア勤務 メール・電話対応 未経験OK経験不当年齢制限なし 月給20万円以上 8時間週5勤務 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクで洗濯機の洗浄をする@DAITO THAILAND

バンコクでドラム型洗濯機の洗浄

バンコクで洗濯機の洗浄をするのならDAITO THAILANDがおすすめです。

洗濯機って使っていると見えない所にものすごく汚れがたまっていき、長い間内部の洗浄や掃除をしないと黒いカスが浮き出てきて、洗濯物に大量のカスが付着して洗濯をすると逆に洗濯物が汚れてしまうという事態になります。

縦置き式の洗濯機ならカスが発生しても自力で洗浄をする事ができますが、ドラム式だと自力で洗浄ができないので業者頼みになります。

引っ越し先の洗濯機がドラム式で、一年くらい使ってそろそろ洗浄時期だと思っていたタイミングでエアコンから水漏れが発生したので、何度もお世話になったDAITO THAILANDにエアコン修理ついでに洗濯機の洗浄もお願いしました。

洗濯機の洗浄の流れや料金、割引してもらう方法を説明するので、バンコクで洗濯機の洗浄を考えている方は参考にしてください。

ちなみに僕は日本にいた時民泊をやっていて全ての部屋に中古の洗濯機を置いていたのですが、まずは洗濯機の洗浄から行っていました。また、縦置き式洗濯機の洗浄技術を獲得したので友達の家の洗濯機の洗浄も何度かやったのですが、洗濯機ってみなさんが思っている以上に汚れています。

洗浄液を使うと抗菌効果はあるかもしれませんが、内部の汚れは落ちません。内部が汚れた洗濯機で洗濯しても、逆に別の汚れが洗濯物に付着するのでは、と思います。

タイでは洗濯機は備え付きで前の住人が使っていた物をそのまま使う事になる事が多いですが、前の住人やオーナーは洗濯機の洗浄なんてしないでしょう。なので、バンコクで新しい部屋に引っ越したらまずは備え付きの洗濯機を洗浄する事をおすすめします。

 

洗濯機洗浄の流れ

お問い合わせ

まずはDAITO THAILANDにお問い合わせをします。

僕は今まで何度かお世話になった事があるので、ラインでお問い合わせをします。日程やらはサクッと決定。

初めてお問い合わせをするという方はウェブにいって電話をするか、QRコードから読み取ってラインでお問い合わせをしてみましょう。

DAITO THAILANDのホームページはこちらです。

日本のお客様 | 排水管、つまり、エアコンクリーニング | Daito Thailand Co., Ltd. | Bangkok

 

ちなみにホームページには洗濯機洗浄の事は記載されていませんが、DAITO THAILANDでは洗濯機洗浄も行っています。

バンコクでは他にも洗濯機洗浄をやっている業者がいくつかあります。

僕はコロナ渦中に洗濯機洗浄をしようと思っていくつかの業者に電話をしたのですが、技術者が帰った、担当者が帰国した、エリア外です、等との理由でほとんどの業者に断られました。

DAITO THAILANDが洗濯機洗浄も行っているのは知らなかったのですが、色んな業者に断られる前に質問しておけばよかったです。

洗浄作業

作業日当日、日本人一人とタイ人数人の作業員がきて早速洗浄作業がはじまります。まずは重い洗濯機をバルコニーに運びます。バルコニーで洗浄作業開始。

慣れた手つきで洗濯機のカバーを外していきます。

そして高圧洗浄で汚れや洗剤の塊を一気に落としていきます。

タイでは水質の問題で日本に比べると洗剤が固まりやすく、詰まりの原因となってしまいます。固まった洗剤が詰まってしまうと、洗濯機本来の力が発揮できないうえ、最悪水がながれなくなり洗濯ができなくなってしまいます。

高圧洗浄で洗濯層に付着している汚れも一気に落とします。水が泡立っているので、高圧洗浄に使われている水には何かしらの洗剤も入っているのでしょう。

汚れの宝庫、ゴム周りもしっかりと洗浄。

洗濯機にたまった水はかなり黒っぽく汚れています。

洗浄前、見た目感じ洗濯機は汚れていなさそうに見えましたが、それでもこれだけの汚れが洗濯槽にありました。

この日、エアコンの修理と清掃も頼んでいたので、バルコニーで洗濯機を洗浄した後はバルコニーにある室外機も高圧洗浄で綺麗にしてもらいます。

部屋の中ではエアコンの掃除と水漏れ修理が行われています。

エアコンのフィルターに埃が詰まりまくっていたため、水漏れが発生していたようです。

僕の部屋はエアコンが埋め込み式で、自分でフィルターを外すのがとてもめんどくさく、引っ越してきてから一度もフィルターの掃除をした事がありませんでした。見事な汚れっぷりでした。

カバーを装着した洗濯機。カバーもしっかり丁寧に掃除してくれます。

ピカピカになった洗濯機を元の場所に設置して、洗濯機の洗浄は終了です。

 

洗濯機洗浄の料金と割引してもらう方法

DAITO THAILANDでは作業後にグーグルにレビューを投稿すると200バーツの割引をしてくれます。

僕の場合は作業にきた日本人に、グーグルにレビューはしていないけど以前エアコン清掃を頼んだ時の事を勝手にブログに書いた、と話したら割引してくれました。

料金の内訳ですが、

洗濯機洗浄が1200バーツ、エアコン二台の清掃が3000バーツです。

割引額は、ブログに書いた事で200バーツ、洗濯機とエアコンの作業をまとめて頼んだことで300バーツの計500バーツの割引。

合計から割引額引いた額に7%のTAXがかかり、最終的な合計は3700バーツでした。

ちなみに僕は、エアコンの水漏れが原因で備え付けのシューズボックスがダメージを受けた事をオーナーに伝えたら、お金を催促したわけではないのにオーナーがエアコン清掃代の半額と洗濯機の清掃代全額を後日僕に振り込んでくれました。

なぜエアコン清掃代は半額だったかというと、タイの業者と比べて高いからという事ででしたが、それでもオーナーにお金を出してもらうつもりはなかったのですごくありがたかったです。

以前住んでた所のオーナーはお金関係の事の話をすると毎回めんどくさかったので、エアコン修理や清掃をしてもオーナーには伝えず僕が払っていたし、僕が毎日使っているものだからそれでいいと思っていましたが、今のオーナーはサービス精神旺盛ですごく優しい人です。なのでわざわざ催促していない僕にかかった金額を聞いてお金もはらってくれたのでしょう。

バンコクで洗濯機やエアコンをして自腹で出したくないという方は、一度オーナーに相談してみましょう。

バンコクでのエアコン修理や清掃についてはこちら。

タイのトイレ詰まりを自力で直す方法はこちら。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ