なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

ヤンゴンでおすすめのホテル 東屋ホテルミャンマーの紹介

ヤンゴン 東屋ホテルミャンマーの紹介

ミャンマー・ヤンゴンにはたくさんのホテルがあって特徴もそれぞれ違いますが、日本人旅行者に一番おすすめのホテルは東屋ホテルになります。

特に、初めてヤンゴンを訪れる方には一番おすすめできるホテルです。

おすすめのポイントとしては

・ホテルのスタッフは日本語を使える

・リーズナブルな値段

・ヤンゴンの象徴、観光客が必ず訪れるシュエダゴン・パゴダが徒歩圏内

・ヤンゴン内で一番美しくシュエダゴン・パゴダの写真を撮る事ができ、ナンバーワンインスタ映えスポットである

・ヤンゴンには珍しい大浴場がある

・朝食は和食ビュッフェ

・日本人経営のバーがあり、ヤンゴン在住の日本人や日本人観光客と話す機会が増える

とう点があります。

東屋ホテルを詳しく紹介するので、ヤンゴンのホテルを探している方は参考にしてください。

また、お得に安く泊まる方法も説明しています。

 

東屋ホテルの場所と行き方

シュエダゴン・パゴダ

東屋ホテルはヤンゴンの象徴でもあるシュエダゴン・パゴダから300メートルほどの場所にあります。

ヤンゴンの観光の拠点にするにはとても便利な場所です。

ヤンゴン国際空港からは5キロちょいの距離にあります。

ほとんどの方は空港からタクシーで来る事になると思いますが、ヤンゴンのタクシーはぼったくりが多く、空港のタクシー乗り場を利用してもボッタくられます。

なので空港でタクシー配車アプリのグラブタクシーを利用する事をおすすめします。

グラブタクシーの使い方はこちら。

チェックイン

ヤンゴンのおすすめホテル 東屋ホテル

こちらが東屋ホテルの外観。

見た感じは思いっきり日本国内にあるホテル。

綺麗で静かなロビー。

日本人用のフリーペーパーや日本語で書かれた観光ガイドが置かれています。

ヤンゴン 東屋ホテル

ホテルについたらまずはフロントでチェックイン。

女性スタッフは浴衣を着ている時もあるのですがとても似合っています。

異国の地ミャンマーで浴衣の似合う綺麗な女性スタッフに迎えられる、それだけでもとても嬉しい。

さらに女性スタッフは日本語を話せるのでスムーズに手続きができるし、困った事があってもスムーズに対応してもらえます。

部屋の様子

こちらは僕が予約したスタンダードルーム。

広さは8畳ほどでキングベッドが置かれています。

枕元にもコンセントがあるのがとても便利。

Wi-Fiは24時間無料で好きなだけ使えます。

デスクやテレビ、棚、冷蔵庫、電気ケトルがあります。

椅子は日本で買うと1万円以上する物で、長時間のパソコン作業も快適にできます。

テレビでは日本の各キー局の番組を見る事もできます。

トイレは洋式水洗で、トイレットペーパーを流しても詰まる事はありませんでした。

バスタブはないのですがシャワーの水圧は問題ありません。

快適にシャワーを浴びれます。

シャンプーやボディソープなど、各種アメニティも揃っています。

朝食ビュッフェ

朝食は6階で食べる事ができます。

ヤンゴンではレアな和食ビュッフェ。

おかずは毎日変わるので、長期間滞在しても飽きずに朝食を楽しめます。

窓からはシュエダゴン・パゴダを見る事ができます。

近距離で6階という高さから見るシュエダゴン・パゴダは壮大。

そしてこちらのシュエダゴンパゴダが見える6階のテラス席はヤンゴン内でナンバー1のインスタ映えスポットと言っても過言ではありません、と現地の方達は言っていました。

ヤンゴン 東屋ホテルの朝食ビュッフェ

こちらが食べたい物を全て選んだ僕の朝食。

納豆とご飯を同じ比率にした贅沢納豆定食。

タイに住んでいて朝から和食を食べれる機会がほとんどない僕にとってはとても嬉しい朝食ビュッフェです。

施設

大浴場

f:id:kawada1234:20191026140702j:plain

6階には大浴場もあります。

大浴場があるホテルもヤンゴン内にはほとんどありません。

が、大浴場は男湯しかありません。

ヤンゴンの露天風呂 東屋ホテルミャンマー

屋根のない露天風呂タイプの大浴場は解放感があります。

この日は綺麗な月を見ながらまったりと湯舟に浸かる事ができました。

暑いミャンマー、日中の観光で汗だくになって疲れ果てた体で入る大浴場はとても気持ちがいい。

バー 月とワイン

朝は朝食ビュッフェの会場になっている6階ですが、夕方からは【月とワイン】というバーの営業が始まります。

日本人バーテンダーのいる月とワイン、一人で来てもお酒を飲みながらまったりと日本語で会話を楽しむ事ができます。

ミャンマー在住日本人や日本人観光客が集まるバーなので、おすすめスポットやレストランなどのヤンゴン情報を聞ける事もあるし、新しい友達ができる事もあるでしょう。

ミャンマーにいる日本人達の交流を作る、深めるバーにしたいと店長さんは言っていました。

夜、テラス席から見るシュエダゴン・パゴダは感動するほど美しいです。

写真ではすごさが全く伝わりませんが、ヤンゴンに来たのならこの場所からのシュエダゴン・パゴダを必ず見てもらいたい。

ただ、一番すごい景色になるのは夕暮れ時だそうです。

僕は今回見る機会がありませんでしたが、次回訪れた際は必ず見たいと思います。

シュエダゴン・パゴダを見ながらだとお酒もより美味しくなり、とてもいい具合に酔っぱらえます。

月とワインについて詳しくはこちら。

ロケーション

ロケーションは抜群によく、観光もちょっとした買い物もとてもしやすい場所に東屋ホテルはあります。

ホテルの前はローカル感満載の道。

ローカル感満載の道には24時間営業のコンビニがあります。

ホテルからは徒歩1~2分です。

ホテル周辺にはシュエダゴン・パゴダやカンドージー公園があります。

ヤンゴン内のその他主要観光地にも行きやすい場所なので、観光の拠点としてはとても便利な場所に東屋ホテルはあります。

カンドージ公園についてはこちら。

一泊の料金とお得に安く泊まる方法

アゴダで二人一泊の最安値を適当な日付で調べたら、朝食込みで1泊4075円でした。

とても便利な場所にあり施設も充実していて美味しい朝食ビュッフェもあるのに4000円。

ヤンゴンは他の東南アジア諸国の首都圏に比べるとホテルの値段は高いのですが、そんなヤンゴンでもこのクオリティのホテルに4000円で泊まれるのはかなりお得です。

ホテルの値段は時期によっても変わってきますが、ホテルを予約するのならブッキングドットコムかアゴダを使うとお得です。

僕は毎回二つのサイトを見て値段を比べて安い方で予約しています。

こちらのリンク先から料金を調べたり、予約したりする事ができます。

agoda 東屋ホテル 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

まだブッキングドットコムのアカウントがない方はこちらから登録すると、1800円のキャッシュバックが付きます。

¥1800キャッシュバック Booking.com

ヤンゴンの楽しみ方

ヤンゴンの定番観光地 シュエダゴン・パゴダについてはこちら。

ヤンゴンで広くて綺麗でリーズナブルな部屋に泊まりたいのなら民泊がおすすめ。

ヤンゴンのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

東屋ホテル 営業情報と地図

住所MM ရန်ကုန် Bahan Street 3 Road, Near Market No. No.55, Old Yay Tar Shay St, Bahan, ミャンマー (ビルマ)
電話番号 +95 1 543 436

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ