なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクのヤワラートで燕の巣とフカヒレを食べるなら東方燕窩がおすすめ

ヤワラートでおすすめの燕の巣@東方燕窩(Burapa Rangnok)

バンコクの中華街、ヤワラートで燕の巣やフカヒレを食べるのなら東方燕窩(Burapa Rangnok)がおすすめです。

日本では燕の巣やフカヒレは高級でなかなか食べる機会もありませんが、ヤワラートでしたら本格的で上質な燕の巣やフカヒレを日本よりもリーズナブルな価格で食べる事ができます。

せっかくヤワラートを訪れたのなら是非食べておきたい燕の巣やフカヒレですが、特におすすめで大人気有名店が東方燕窩になります。

タイ国政府観光庁からも紹介されていヤワラートで燕の巣といえば東方燕窩に行ってきたので紹介します。

 

東方燕窩の場所と行き方

バンコクの中華街、ヤワラートはMRTフワロンポーン駅から500メートルほどの所にあります。

駅から歩けない距離ではないのですが、ほとんどの観光客はタクシーやトゥクトゥクでヤワラートに来ています。

観光の方がバンコクでタクシーを使うのなら、タクシー配車アプリのグラブを使う事をおすすめします。

グラブを使えばぼったくられる心配はないし、 アプリ内で行き先を指定できるので言葉が通じなくても問題なくスムーズに目的地に行く事ができます。

グラブの使い方はこちら。

バンコク ヤワラート

夜になるとたくさんの明かりが灯り、中国感満載のヤワラート。

ヤワラートには歩道沿いの至る所に屋台があります。

ヤワラートの大通りから小道に入ってすぐに東方燕窩はあります。

看板が大きいので、小道に入ったらすぐにわかります。

この記事の下の方にグーグルマップを貼っていますが、地図を見ながらだったら初めての方でも簡単に行けます。

東方燕窩 お店の様子

ヤワラートにある人気中華料理店は広くてオシャレなお店がほとんどなのですが、東方燕窩は狭くローカル感が漂っており、オシャレさは全くありません。

それでも人気有名店なのは味が確かだからなのでしょう。

入り口入ってすぐの台の上には銀の容器が置かれています。

それぞれに200だとか500だとかの数字が貼られています。

容器の中には燕の巣がはいっていて、200の容器には200バーツの燕の巣が、800の容器には800バーツの燕の巣が入っています。

店内にはたくさんの乾物も売られています。

もともとは乾物屋だったのがレストランになり、今となっては大人気店になりました。

テーブルの上には各種調味料とお茶用のコップが置かれています。

東方燕窩のメニュー

フカヒレスープは1000バーツから3000バーツまであります。

他にも魚のスープやタイ風チャーハンのカオパッドなどが売られています。

燕の巣を食べたいと伝えると、店員さんが燕の巣の入った容器を全てテーブルに持ってきてくれました。

現物を見てどの値段の燕の巣にするか決める事ができます。

燕の巣のお値段は300~2000バーツです。

こちらは500バーツの燕の巣。

僕は燕の巣を食べた事がなかったので見てもピンときませんが、ひとまず一通り見てみる事にします。

こちらは800バーツの燕の巣。

500バーツのよりも形がはっきりと残っていて、透明感はありません。

こちらは2000バーツの燕の巣。

よりはっきりと形が残っていて、液体は全くありません。

 

東方燕窩 いただきます

注文したらテーブル上のコップにお茶が注がれます。

とてもいい匂いのお茶です。

フカヒレスープ

まずは1000バーツのフカヒレスープが運ばれてきました。

写真では見にくいですが、繊維状のフカヒレがたっぷり入っているのがわかります。

具はタケノコとシイタケ。

バンコク ヤワラートのフカヒレスープ@東方燕窩

フカヒレ自体の味は特に…ですが、スープが非常にうまい。

このスープのうまみの元がフカヒレなのでしょう。

そしてフカヒレ、味は特に…ですが食感は非常にいいです。

具のシイタケがやたらと美味い。

スープにたっぷりとうまみを出したシイタケは、フカヒレスープの美味しさをたっぷりと吸い込んでいます。

お好みで別皿に盛られたパクチーと、日本では食べた事がない野菜をトッピングする事もできます。

燕の巣

ヤワラートの燕の巣@東方燕窩

こちらが燕の巣。

初めてなのでひとまず500バーツの巣にしてみました。

見た目が一番美味しそうだし。

燕の巣のトッピング用として黒蜜、銀杏、ゆで卵がついてきます。

まずはトッピングなしでいただきます。

画像ではわかりにくいですがものすごい透明感で初めての食感と甘さを体験しました。

銀杏や黒蜜も入れて食べてみます。

銀杏のいい食感が加わる事で口の中で新たな扉が開けます。

ジャンル的にはスイーツ、デザートになるのでしょうか。

燕の巣、初めて食べてみましたがこれは二度目があります。

次はいろいろな値段の燕の巣を注文し、味比べをしてみようと思います。

周辺のおすすめスポット

ヤワラートで食べれる本格素材で100バーツの安ウマ北京ダックについてはこちら。

ヤワラートの本格中華料理店hua seng hongについて詳しくはこちら。

東方燕窩 営業情報と地図

住所(英語) 66 Plaeng Nam Rd, Samphanthawong, Bangkok 10100

住所(タイ語) 66 ถนน แปลงนาม แขวง สัมพันธวงศ์ เขตสัมพันธวงศ์ กรุงเทพมหานคร 10100

電話番号 02 222 2360

営業時間 10:00~23:00

 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ