なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

バンコクで食べれる美味しいスープカレー。北海道で修行をしたシェフのいるGARAKU。

f:id:kawada1234:20180913164345j:plain

僕の中でスープカレーはテンションの上がらない食べ物なので、2~3年に一度、人の付き合いで仕方なく食べる程度でした。

自分から好んでスープカレーの店に入る事なんてなかったし、スープカレーを食べるんだったらカレーでいいじゃん、と思っていたのですが、そんな僕のスープカレーの認識を変えた超激ウマなスープカレーの店がバンコクにあります。

そのレストランの名前はスープカレーガラク(GARAKU)。

北海道のレストランなのですが東京にもいくつか支店があり、食べログの評価もなかなかいいです。

そんなGARAKUのバンコク支店が僕の家の近くにあり、あまりの美味しさによく足を運んでいます。

 

スープカレーGARAKUの場所と行き方

f:id:kawada1234:20180922115008j:plain

スープカレーガラクの最寄り駅はMRTサムヤーン駅になります。

サムヤーン駅の2番出口から徒歩5分ほどでお店につきます。

この辺りは美味しいレストランやローカル食堂がたくさんあるバンコクのグルメエリアです。

f:id:kawada1234:20180914100540j:plain

ガラクはアヒル肉のガパオを食べれるお店、ソイ6ポーチャナーの向かいの隣になります。

行き方の詳細はこちら。

店内の様子

f:id:kawada1234:20180914101154j:plain

お店に入ると店員さんがいらっしゃいませ~と声をかけてくれますが、日本語を話せる店員さんはいません。

f:id:kawada1234:20180914101159j:plain

オシャレなカフェのような雰囲気です。

f:id:kawada1234:20180914101151j:plain

タイミングによってはほぼ満席の時もあります。

家族連れのタイ人や学校帰りの学生、カップル、日本人など、お客さんの層は厚いです。

レジ前のテーブルではたまに店長らしきおばちゃんが座っていて経理の仕事のような事をしています。

そのおばちゃんはとても気さくな人で、話しかけると英語がほとんど理解できない僕でも理解できるように英語でゆっくりと会話をしてくれます。

おばちゃんによると、ここのシェフは北海道でしばらくスープカレー作りの修業をしていたそうです。

たぶんGARAKU本店で修業をしていたのでしょうが、スープカレーの本場、北海道でみっちり修業をして他のお店のスープカレーも食べつくして研究してきたのでしょう。

かなり期待が持てます。

f:id:kawada1234:20180914101545j:plain

モニターに写っているのはこのGARAKUの店内をテレビが撮影していた時の映像なのでしょう。

スープカレーGARAKUのメニュー

f:id:kawada1234:20180914103845j:plain

スープカレーのメニューは豚の角煮やチキン、シーフード、ソーセージなどがあります。

f:id:kawada1234:20180914104129j:plain

ライスは別料金ですが、スープカレーを食べるのならチーズの乗ってるライスも必ず一緒に食べるべきです。

f:id:kawada1234:20180914104217j:plain

スープカレーを注文したら辛さも選べます。

辛いのが苦手な人も激辛が大好きな人も満足できる仕様になっています。

f:id:kawada1234:20180914104513j:plain

サーモンのサラダなどもあります。

f:id:kawada1234:20180914104543j:plain

北海道といえば海鮮だからでしょう、刺身まであります。

スポンサーリンク
 

スープカレーをいただきます

f:id:kawada1234:20180913164345j:plain

f:id:kawada1234:20180914105445j:plain

僕が注文したのは角煮のスープカレーとチーズライス(小)

お値段は角煮のスープカレーが209バーツ、約715円。

チーズライス(小)が15バーツ、約50円です。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

大きな角煮が二つと大きくカットされた野菜がいっぱい入っています。

和風だしを使ったスープカレーのようで、匂いすらも美味しいです。

f:id:kawada1234:20180914105720j:plain

添えられてるレモンをチーズライスに絞り、ライスをスプーンにのせ、スープカレーにくぐらせて食べるのがおすすめの食べ方だそうです。

その通りに食べてみますが、これはとてもうまい!!

ライスにチーズをのせてスープにくぐらせたら温度で少しとろ~りとなるのですが、とろ~りチーズとライスとスープカレーの相性は当然ながら抜群です。

スープカレーは薄まったカレーではなく、カレーとは別ジャンルのスープカレーという料理なんだなというのを舌で理解する事ができました。

辛い物が食べれない僕はカレーの中辛が限界なので、辛さレベルは1にして注文したのですが、辛いのが無理な僕でも美味しく食べれる辛さです。

カレー甘口と中辛の間くらいの辛さで、僕は少し額に汗をかく程度でした。

日本の子供も美味しく食べれる辛さです。

f:id:kawada1234:20180914110339j:plain

角煮もとても美味しいです。

トロトロぶよぶよになるまでしっかり煮込まれてカレーを吸い込みまくった角煮は、スプーンで簡単に一刀両断できます。

美味しい上にかなりの食べ応えのある角煮が二つ入っています。

f:id:kawada1234:20180914110520j:plain

野菜もたくさん入っていますが、僕が一番好きなのはブロッコリー。

少し焼かれた風味のあるブロッコリーがスープカレーによく合います。

f:id:kawada1234:20180914110523j:plain

二番目に好きなのがでっかく切られた人参。

この人参もスプーンで簡単に一刀両断できます。

スープカレーを吸っていてとても美味しい。

他にも卵やレンコンやらじゃがいもやら、たくさんの野菜が入っています。

美味しくて食べ応えもあり、栄養もたっぷりとれる素晴らしきスープカレーです。

f:id:kawada1234:20180914111144j:plain

ついでにサーモンの刺身も注文しました。

え、カレーと刺身?正気ですか?

と思われる方も多いでしょうが、食い合わせなんて考えずに食べたい物を食べる。

それが僕のスタイルです。

サーモンは厚く切られていて、こちらも美味しい!

f:id:kawada1234:20180914111515j:plain

いつもは角煮スープカレーばかりを注文するのですが、別の日にソーセージスープカレーを注文してみました。

f:id:kawada1234:20180914111642j:plain

この巨大なソーセージ!!

これもうまい!!

そしてかなりの食べ応え!1

ここでは何を注文しても美味しいのでしょう。

f:id:kawada1234:20180914111646j:plain

ソーセージには角煮には入っていないベーコンが入っていました。

スープカレーの種類によって入っている具が若干違うようです。

ソーセージ!ベーコン!と来たらビールを欲してきます。

なのでビールも注文しました。

ただ、ビールは日によってあったりなかったりします。

ビールがあってもなくても毎回大満足できるスープカレーGARAKU。

まだ美味しいスープカレーを体験した事がないという方は特にここで体験して、新しい扉を開いてもらいたいです。

周辺のおすすめスポット

サムヤーン周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

お店情報と地図

住所(英語) 270 ซอย จุฬาฯ 11 Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
住所(タイ語) 270 ซอย จุฬาฯ 11 แขวง วังใหม่ เขต ปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
電話番号 +66 83 628 2636
営業時間 10:30~21:00
定休日 なし

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ