なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクのJapanese Soba Noodles 蔦 ミシュラン獲得の超有名ラーメン店

バンコクのJapanese Soba Noodles 蔦の紹介

バンコクのセントラルワールドにJapanese Soba Noodles 蔦が出店しました。

日本で初めてミシュラン1つ星を獲得したラーメン店で、現在は代々木上原に移転しましたが移転前の巣鴨では連日ものすごい行列を作っていた超有名店です。

ラーメン好きの日本人だったら誰もが知っていて一度は口にしてみたい蔦のラーメン。僕はタイに来る前に何度か行こうと思ったのですが、待つのが嫌いなのでとうとう行かずじまい。

そんな蔦がバンコクに出店したのなら行くしかない、という事で行ってきました。バンコクの蔦、気になる方も多いと思うので紹介します。

 

Japanese Soba Noodles 蔦の場所と行き方

蔦があるのはショッピングモールのセントラルワールドの3階になります。

セントラルワールドはチットロム駅からもサイアム駅からもスカイウォーク(屋根付きの歩道)と直結しているので駅から歩いてサクッと行く事ができます。

ちなみにチットロム駅周辺には東京の超有名ラーメン店である麺屋 一燈と屯ちんも出店していて、日本の大人気ラーメン店の集結しているエリアとなりました。

広いセントラルワールド、あまりいった事がない人は探すのに苦労するかもしれませんが、3階の飲食店がたくさんあるエリアにあるスタバの隣に蔦はあります。

バンコクのJapanese Soba Noodles 蔦の外観

こちらが蔦の外観。和風テイスト満載で、店名もたくさん書かれているので近くを通ればすぐにわかります。

Japanese Soba Noodles 蔦の行列と並び方

日本でも行列を作っていた蔦ですが、バンコクでも鬼のような行列を作っています。蔦のバンコク出店はタイ人の関心も高いようです。

混んでたら嫌だったので13時半ごろに行ったらそれでもこの行列。蔦専用の行列ゾーンが設置されていたので、そこに並びます。

が、並んでいたら店員が来て、整理券は持ってますか?と聞かれました。持ってないと答えたら、本日分は売り切れになってしまいました、との事でした。

なのでこの日は帰る事にします。

次の日の11時30分ごろに再び行ったら店員さんから渡された整理券は14時からのもの。

行列もたくさんできています。何時に行っても今は混んでいるようです。

紀伊国屋に行ってキングダムの最新巻を買ってマンガを読みながら待ってようと思っていたのですが、2時間以上も待つのは嫌なので一度帰る事にします。

14時ちょうど位に三度蔦に行っても相変わらずの行列です。レーンに並んでいる人達だけでなく、レーン周辺にたむろったり座ったりしている人達も蔦待ちの人達です。

定期的に店員がきて整理券を確認して客を店内に案内していくのですが、明らかに僕よりも整理券をもらうのが遅く、僕よりも後に来てレーン周辺でたむろってた人を僕よりも先に店内に案内したりもしていました。

日本ではきちんと順番通りに案内してくれますが、バンコクではアバウトな部分があるようです。客が多すぎて店員はわけがわからなくなっていたのかもしれませんが。

Japanese Soba Noodles 蔦のお店の様子

30分ほど待ってやっと店内に案内されましたが、店内でもまだ待ちます。

僕は店内奥に案内されました。奥にもたくさんのテーブル席があります。

オープンしたばかりなのでテーブルはとても綺麗。卓上調味料はありません。

席はカウンター席とテーブル席があります。

店員は僕が見た限りでは全員タイ人。僕の発音の悪い中学レベルの英語を一生懸命理解してくれました。

店員は皆、とても忙しそうです。

Japanese Soba Noodles 蔦のメニュー

f:id:kawada1234:20201230192759j:plain

醤油ソバは270バーツ、プレミアム醤油ソバは390バーツ。

プレミアムの方はイベリコ豚と玉子がはいっています。お値段は少々高いですが東京の蔦もお値段は高めです。

プレミアム醤油ソバを注文したら、玉子が品切れになってしまったのでイベリコ豚を追加しますと言われました。

僕の中でラーメンの具ランキングは玉子⇒ネギ⇒メンマでチャーシューはそれほど高くありません。玉子が品切れで悲しい。

f:id:kawada1234:20201230193209j:plain

塩ソバは270バーツ、イベリコ豚と玉子の入ったプレミアム塩ソバは370バーツ。

初めて蔦に来たら、醤油か塩を頼みましょう。

f:id:kawada1234:20201230193449j:plain

東京にはないトンコツラーメンもあります。お値段はトッピングの違いによって230~270バーツです。

海外ではトンコツラーメンが人気だからメニューにトンコツを入れたのでしょうが、蔦といえばトリュフ。トンコツラーメンにトリュフは使われていません。

f:id:kawada1234:20201230193637j:plain

丼ものは照り焼きチキン丼と肉飯が170バーツ。

黒豚ロース飯が320バーツ。

トリュフ飯が350バーツです。

f:id:kawada1234:20201230193815j:plain

サイドメニューの餃子は焼き餃子も水餃子も120バーツ。

炙り肉やロースチャーシューは150バーツ。

唐揚げは130バーツです。

ギョウザを注文したら、焼き餃子も水餃子も売り切れと言われてしまいました。

f:id:kawada1234:20201230194226j:plain

ドリンク類は麦茶と緑茶が40バーツ。

ミネラルウォーターやコーラなどのソフトドリンクが30バーツ。

シンハービールが130バーツ、サッポロビールが200バーツ。

デザートの抹茶ババロアが69バーツです。

僕の大好きなサッポロビールがあるので注文したら、今はお酒の提供時間外なのでだせないと言われました。

注文した全ての物に何かしらの残念な一言を添えられて、『モール内のラーメン屋だからサービスチャージをとられるんだろうな。これでサービスチャージを払うのは腑に落ちないな。』と思いました。

 

Japanese Soba Noodles 蔦 いただきます

f:id:kawada1234:20201230194651j:plain

まずは冷たい緑茶が運ばれてきました。緑茶はお替り自由です。

f:id:kawada1234:20201230194723j:plain

この時店内はほとんどの客が緑茶を注文していました。店員は、客の緑茶が半分くらいになったら継ぎ足しにきていて、とても大変そうでした。

ただ、なぜか僕の緑茶が継ぎ足される事はありませんでした。

f:id:kawada1234:20201230173253j:plain

15時、やっとの事で注文したプレミアム醤油ソバが到着。

玉子は品切れって言ってたのに入っていてすごく嬉しい!醤油スープのすごくいい匂いが器から漂ってきます。

チャーシューの上にはバルサミコトリュフソース、イベリコ豚の上にはイチジクのコンポートが乗っていて、後々スープに溶け出して自然と味変されていきます。

f:id:kawada1234:20201230200112j:plain

スープは最初からレンゲでじゅるじゅる飲めるくらいの温度。アツアツじゃなのはタイ人がアツアツスープが苦手だからでしょう。

激ウマ醤油スープと思いきや、ラーメンスープでは初めての風味がしてきます。トリュフやポルチーニ茸、ムール貝といったラーメン屋では珍しい食材を使っているからでしょう、醤油スープにうっすらイタリアンも感じます。

激ウマ醤油スープの奥から手間暇かけて作られた繊細・高級・上品なピザポテトが顔を出しているといった感じです。

f:id:kawada1234:20201230201348j:plain

麺は中細ストレート。コシがあって味も歯ごたえもいい。

タイのラーメン屋ではごくまれに麺がダマになっている時もありますが、ここの店員はしっかり教育されているようです。

開店時から常に店内は満員、休むことなく麺を最高のクオリティで茹で続ける店員はとても大変でしょう。

f:id:kawada1234:20201230201634j:plain

イベリコ豚もチャーシューも柔らかな口応え。

バルサミコトリュフソースやイチジクのコンポートがのったチャーシューを食べる機会なんてここ以外ではほとんどないでしょう。

f:id:kawada1234:20210101163825j:plain

玉子は黄身の表面が固い状態の熟タイプ。

黄身の部分にスープを入れて食べると激ウマです。

初めての味の醤油スープに麺も玉子もチャーシューも美味しく、スープまで全部飲んでしまいました。

お会計

f:id:kawada1234:20210101164008j:plain

お会計はプレミアム醤油ソバが390バーツで約1340円。

緑茶が40バーツで約140円。

これにサービスチャージが10パーセントで43バーツ、約140円。

消費税的なVATが7パーセントで33バーツ、約100円。

合計506バーツ、約1740円。

ラーメン屋としては高いですが日本でも蔦は高いし、食材が他のラーメン屋よりも高そうので仕方ないでしょう。

味の好みは人それぞれですが蔦のスープは他では味わえません。

ただ、一度食べた僕は並んでまではもう食べなくていいかな~って感じです。あと1か月もしたら行列も落ち着くだろうし、行列がなかったら次は塩を食べてみたい。

今はタイに戻ってこれなくなるから日本に行けないですが、そのうち日本の蔦にも行ってみたいと思います。

セントラルワールドの近くにあるショッピングモール、マーキュリーヴィレにある超人気トンコツラーメン店の屯ちんについてはこちら。

セントラルワールドの近くにあるショッピングモール、エラワンバンコクにある超有名ラーメン店、麺屋一燈についてはこちら。

セントラルワールドの紀伊国屋についてはこちら。

Japanese Soba Noodles 蔦 営業情報と地図

住所(英語) Central World 3rd floor, 999 Room No. A304 Pathum Wan District, Bangkok 10330
住所(タイ語) Central World 3rd floor, 999 Room No. A304 เขตปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
電話番号 02 624 9999
営業時間 10:00~22:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ