なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへ移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクの有名タイ料理店 マンゴツリー(mango tree )のランチが超お得

バンコク マンゴツリー(mango tree) スリウォン店

バンコクのマンゴーツリー(mango tree )は日本にも支店のある大人気タイ料理レストランです。

どの国の人にも人気の辛すぎない味付けの様々な本格タイ料理を満喫できるマンゴーツリー。本店であるシーロムのスリウォン店は一軒家を改装した建物で、食べ物だけでなくお店の雰囲気も最高です。

バンコクを訪れたら一度は行ってみたいマンゴーツリー。僕が通ってる学校のタイ人の先生にマンゴーツリーのランチは安くて美味しくておすすめだよ、と言われたので行ってみたら大満足のランチタイムを過ごせました。

そんなマンゴーツリーのランチメニューや料金などを紹介します。

 

マンゴーツリーの場所と行き方

f:id:kawada1234:20201012192644j:plain

マンゴツリーはバンコクに数店舗あり、チャオプラヤー沿いやセントラルワールドの中にもありますが、今回僕が行ったのはスリウォン通りにある本店。

BTSサラデーン駅から徒歩10分もしない程度の場所にあるマンゴーツリーのある通りには、鶏肉料理屋さんの鳥波多゛やもっこりラーメンなどの日本食レストランがたくさんあるので、在住日本人にはお馴染みの場所になります。

 マンゴーツリー お店の様子

f:id:kawada1234:20201008200257j:plain

白い一軒家風の建物がマンゴーツリーになります。壁も白いので近くを通ったらすぐに分かります。

f:id:kawada1234:20201012193556j:plain

敷地内に入るとバーカウンターがあります。

マンゴーツリーは飲み物も充実していて、僕が行った日は17時から19時までがハッピーアワーとなっていました。

f:id:kawada1234:20201012193713j:plain

庭はアウトドア席となっています。

オシャレで広い庭で噴水や池を見ながら食事のできるアウトドア席は10人くらいが座れる大きなテーブル席もあります。

f:id:kawada1234:20201012195522j:plain

こちらは屋内席の入り口。

店員さんに案内されて店内に入ります。

f:id:kawada1234:20201012195621j:plain

インテリアや絵がどれもオシャレな店内。

外観も店内も高級感がただよっていますが、ランチタイムの食べ物のお値段はリーズナブルなので安心です。

マンゴツリーのメニューとお値段

f:id:kawada1234:20201012200151j:plain

マンゴツリーは電子メニュー。QRコードを読み込めば自分のスマホにメニュー表が表示されます。

世界中でコロナで過敏になっている人がたくさんいる中、いまいち電子メニューが普及しないのはなぜなのでしょう。

メニュー表って色んな人が触るけど、消毒なんてろくにしてなさそうですし。

f:id:kawada1234:20201012200652j:plain

たくさんのタイ料理のあるマンゴーツリー、その一部のメニューを紹介します。

f:id:kawada1234:20201013150159j:plain

全タイ人が愛するパパイヤサラダのソムタムは50~180バーツ。

ビールにもご飯にもよくあう柔らかな豚の首のお肉は80バーツ。

f:id:kawada1234:20201013150817j:plain

タイではご飯と一緒に食べるのが一般的なタイ風の鶏の串焼きは90バーツ、豚の串焼きは70バーツ。

f:id:kawada1234:20201013150421j:plain

タイではどこで食べてもハズレ無しのでかい魚料理は240バーツ。

マンゴーツリーのでかい魚は他よりも美味しいのだろうと思って注文したら、この日は品切れとなってました。無念。

パッタイは大きさによって120バーツと200バーツ。

f:id:kawada1234:20201013150605j:plain

甘い物系はフライドバナナは60バーツ。

マンゴーライスも60バーツとなっています。

f:id:kawada1234:20201013150937j:plain

アルコール類はビールやカクテル、ウイスキーなどがあり種類もたくさんでとても充実しています。

 

マンゴツリー いただきます

バンコク マンゴーツリーのスイカジュース

まず運ばれてきたのはスイカジュース、お値段は58バーツ。タイで飲むフルーツ系ジュースって基本何を飲んでも日本で飲むより美味しい。

ただ、一緒に行ったタイ人が頼んだオレンジ色の何か分からないジュースは一口飲ませてもらったけど美味しくなかったです。生姜っぽい香りもあったジュース、日本人の口に合わないのかなと思っていたら、タイ人も『美味しくない』と言ってきました。

タイのジュース、中にはハズレもあります。 

f:id:kawada1234:20201013161019j:plain

こちらはFermented rice noodle salad。ビーフンのサラダでお値段は75バーツ。

メニュー表にはサラダと記載されていますが日本人の感覚からするとサラダというよりは具沢山ビーフン。

初めて食べたタイ料理ですが、エスニックな味わいで辛さはなく食べやすいお味。この日食べたものでは一番美味しかったです。

マンゴーツリー(mango tree)のカオソーイ

こちらはタイ風カレーラーメンのカオソーイ、お値段は75バーツ。僕が一番好きなタイ料理です。

ココナッツミルクの入ったなめらかな味のする深みのあるカレーで、マンゴーツリーのカオソーイは辛さはほとんどなく子供でも食べれます。

f:id:kawada1234:20201013161743j:plain

パリパリの麺の下には中華麺が入っています。カレースープととても良く合う。

スープの下にはカレースープをたっぷり含んだホロホロの大きなチキン。初めてのお店でのカオソーイはチキンを注文したほうがいいとタイ人に教わった事がありますが、僕は実際その教えの通りにしています。

カオソーイのカレースープとチキンの相性は抜群。そしてビーフのカオソーイはどのお店でもチキンよりも味は下です。過去何度かカオソーイのビーフを注文した事がありますが、毎回チキンにすればよかったと後悔します。

タイの名物料理、ラープのお値段は80バーツ。

さっぱり味の挽き肉料理ですが、マンゴーツリーは他で食べる同じくらいの値段の物よりもワンランク上。僕は普段ご飯にかけて食べるのですが、今回はお腹がいっぱいなのでご飯なしでラープ単品でいただきます。

単品で食べても十分に美味しい。

ラープって丼にして食べるのか、単品でたべるのか、どちらが正式な食べ方かはわかりませんがとりあえずうまい。

今回は食べ物を3品注文。全てが100バーツ以下という嬉しいお値段。おしゃれなお店で味も美味しいタイ料理の数々をこのお値段で楽しめてかなり得した気分になったランチタイムでした。

周辺のおすすめスポット

マンゴーツリーの近くにある鶏料理店、鳥波多゛についてはこちら。

おいしいカニを食べたい時はスリウォン通りの北海道がおすすめ。

スリウォンにある160バーツでタイ式焼肉のムーガタが食べ放題のKrua Thailand Thailand seafoodについてはこちら。

サラデーン駅周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

マンゴツリー 営業情報と地図

住所(英語) 37 Si Lom 6, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500
住所(タイ語) 37 สีลม 6 แขวง สุริยวงศ์ เขตบางรัก กรุงเทพมหานคร 10500
電話番号 02 236 2820
営業時間 11:30~0:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ