なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

バンコク テーメーカフェの行き方と料金と遊び方【Thermae cafe 】

f:id:kawada1234:20180907143933j:plain

タイ、バンコクのテーメーカフェ(Thermae cafe )は、日本人に大人気の夜遊び鉄板スポットの一つの出会いカフェです。

バンコクの夜遊びの鉄板スポットの一つで、エロマンチックな一夜を過ごしたい変態紳士はテーメーカフェにいる女の子にお金を払ってホテルまで連れ出し、その願望を叶える事ができます。

プロでなく素人の子と遊びたい人、お酒を飲みたくない人やできる限り少ない出費でエロマンチックな夜を過ごしたいという変態紳士の方々には特におすすめのスポットになっています。

テーメーカフェの行き方を教えて。

料金はどんくらいなの?

かわいい子はいるの?

危なくないの?

と、日本からタイ旅行に来た友達に聞かれました。

僕の友達と同じ疑問を持つ方も多いと思うので、テーメーカフェへの行き方や料金、店内の様子、遊び方を詳しく説明していきます。

 

テーメーカフェへの行き方

f:id:kawada1234:20180907151245j:plain

テーメーカフェはBTSナナ駅とアソーク・スクンビット駅の間に位置します。

BTSを利用する場合はスクンビット駅が最寄り駅になります。

f:id:kawada1234:20180907152428j:plain

f:id:kawada1234:20180907152439j:plain

アソーク、スクンビット駅から行く場合は、ターミナル21やロビンソンといった大きなショッピングモールを右手に歩道をまっすぐ歩きます。

f:id:kawada1234:20180907152448j:plain

ただひたすらまっすぐ歩くだけです。

f:id:kawada1234:20180907152924j:plain

駅から200メートルほど歩くとルアムチット プラザ ホテル(Ruamchitt Plaza Hotel)があります。

このホテルの前にはたくさんの人がたむろしているのでわかりやすいです。

たむろしている女性に声をかけられる事もありますが、レディーボーイの可能性が高いので、そういう趣味がない方は応じないようにしておきましょう。

レディーボーイとはいえ、ものすごく綺麗で男とは思えない人もたくさんいます。

ルアムチット プラザ ホテルの右側に、下におりる階段があります。

f:id:kawada1234:20180907153144j:plain

階段を下りて扉を開けたその先がテーメーカフェです。

電車と徒歩でいくのがめんどくさい、初めてのバンコクだからちゃんとたどり着けるか不安だ、という方はグラブタクシーを使って行く事をお勧めします。

この記事の一番下にテーメーカフェの地図を貼っておくので、その地図からグラブタクシーを連動させて使えば言葉がわからなくてもテーメーカフェに辿り着けます。

 

店内の様子

f:id:kawada1234:20180907162207j:plain

店内の様子です。

たくさんの女の子が所せましと座っています。

椅子に座れない女性は立って声がかかるのを待っています。

テーメーカフェに来る女性は学生や昼間に仕事をしている子もいます。

そういう女性達が家で少しまったりして、メイクをし直し着替えてくる時間が21時くらいになります。

21時過ぎぐらいからピークの時間となるのですが、その時間になると店内は立っている女性でうめつくされています。

テーメーカフェの女の子

女の子達は個人でお小遣い稼ぎの為に来ています。

昼間、普通の仕事をしている子、学校に行っている子達です。

一人で行くのは不安だからと友達同士で来ている子もいて、そういう子の中にはこういう場に来るのが初めてだという子もいます。

中にはタニヤやナナで夜働いている女性や、元夜働いていた子もいます。

また、日本語を話す事ができる女の子もたくさんいます。

そしてやたらとかわいい子、綺麗な子も多いです。

かわいくない子はここに来た所で稼げないので、来なくなるのでしょう。

スポンサーリンク
 

テーメーカフェでの女の子の選び方・連れ出し方

f:id:kawada1234:20180907162442j:plain

店内に入ったらまずはバーカウンターに行き、ドリンクを一杯頼みます。

必ずドリンクを一杯は頼まないといけないのがテーメーカフェのルールです。

ドリンクは100バーツほどで購入できます。

ただ、店員は混雑している時はドリンクを買ってない人がいても把握できていない事があったりもします。

ドリンクを購入したら店内を回り、女の子達を一通り見ていきます。

気に入った女の子がいたら「ハロー」の一言でもいいので話しかけましょう。

人に話しかけるのが苦手、日本語しかわからないから外国の人と話すのが不安という方でも、とりあえずハローの一言でいいので話しかけてみましょう。

すると女の子の方から話出してくれます。

中には目が会うとにっこり笑って手を振ってくれる子もいます。

人見知りの方はそういう子が接しやすいでしょう。

また、気に入った子がいてもまごまごしていると他の方にとられちゃう事もあります。

なので、気に入った子がいたら即話しかけましょう。

テーメーカフェの連れ出し料金

女の子に話しかけたらお互いの条件を話し合う事になります。

基本的に連れ出す料金は、

ショート(一回)で2000~2500バーツ。

ロング(朝まで)で4000~5000バーツほど。

ゴーゴーバーやカラオケで持ち帰りするとお酒代や連れ出し代がかかりますが、テーメーカフェではそういったお金はかかりません。

上記の値段と一杯のドリンク代のみで連れ出す事ができます。

また、交渉次第では女の子に気に入られ、料金が安くなったりする事もあります。

逆に、男性は客というわけではないので女の子がどうしても無理だと思ったら相場よりも高い値段を言われたり、どんなにお金を積んでも連れ出しを断られる事もあります。

また、ホテルがテーメーカフェから遠いと、500バーツほど多く払ってと言われたり、テーメーカフェの上にあるルアムチット プラザ ホテルへ行こうなんて言われる事もあります。

ルアムチット プラザ ホテルでの休憩料金は当然男性が払う事になります。

交渉がまとまったら女の子と一緒にテーメーカフェを出ていきます。

あとはホテルに行ってエロマンチックな一時を過ごしてください。

ただし、女の子は素人です。

お店に所属している子と違い、身分もわかりません。

なので病気や物を盗まれるという可能性があるかもしれません。

テーメーカフェで遊ぶ際のおすすめのホテル

バンコク旅行の目的は夜遊び!という方におすすめのホテルはテーメーカフェの上にあるルアムチット プラザ ホテルがおすすめです。

なんといっても即テーメーカフェに行けます。

何度もテーメーの様子を見に行く事が簡単にできます。

また、ナナプラザやソイカウボーイといった変態紳士御用達の盛り場からも近いです。

宿泊費は一人一泊3500円と、かなり安い上に部屋は綺麗で屋上にはプールもあります。

リンク先から料金を調べたり、予約したりする事ができます。

僕がホテルを予約する時は、アゴダとブッキングの両方の値段を調べて安い方で予約しています。

agoda Ruamchitt Plaza Hotel(ルアムチット プラザ ホテル)

 【Booking.com】世界のホテル割引予約

テーメーカフェで遊ぶ前の準備

備えあれば憂いなし!!

という事でテーメーカフェで遊ぶ前にこちらの準備をして万全の状態を整えましょう。

バンコクで夜遊びをするのならこちらもおすすめ

 お店情報と地図

住所(英語) 199 อาคาร ร่วมจิตต์ Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 

住所(タイ語) 199 อาคาร ร่วมจิตต์ ถนน สุขุมวิท แขวง คลองเตยเหนือ เขต วัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
営業時間 20:00~1:00

スポンサーリンク
   

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ