なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

タイ、バンコクへの移住の準備②家具家電を全部処分する方法と料金 物が少ない人向けの方法

f:id:kawada1234:20180326231345j:plain

全ての家具家電を処分する事ってあまりないと思うけど僕はあります

家具家電を全部処分するのってとても大変です。

家具の買い替えやいらなくなったり、引っ越しなどで一部を処分するという事は多くの人が経験があると思いますが、すべての家具家電を処分した事があるって人はあまりいないと思います。

ただ、僕は一度だけ経験があります。

以前、物件のオーナーや管理会社にだまってこっそり民泊にしていた部屋が管理会社にばれた事がありました。

その時僕は東南アジア一か月一人旅をしていました。

旅に出て3日目くらいに管理会社から、民泊をやっている証拠はつかんでいるので規約に従って退去してもらいます、という電話がきました。

旅で上がっていた気分が一気に下がりました。

毎日頑張ってやっと初期費用が回収できてこれから黒字になっていくのに、部屋探しや家具を買うの、頑張ったのに…

しかし、東南アジアの陽気な気候と仲良くなった現地の人と昼からのビールで、嫌な気分を引きずったのはその日の夕方くらいまででした。

海外にいる今何を考えたってどうにもならない、日本に帰ってから考えよ、と自分でも引きずりそうだなとは思ったのですが意外と簡単に気持ちを切り替える事ができ、旅を満喫できました。

それから時が経ち、民泊用に借りていた部屋の家具家電を処分する日がきました。

f:id:kawada1234:20180328233243j:plain

f:id:kawada1234:20180328233256j:plain

一人で酔っぱらってうろついている怪しげな日本人と仲良くしてくれる心優しいフィリピンの人達

処分するもの

ちなみに退去しないといけない民泊用の部屋にあったデカい家具、家電は

・冷蔵庫

・二段ベッド

・二段ベッドのマットレス

・掛け布団と敷布団と枕×4

・下の画像みたいな衣装ケース×3

です。

f:id:kawada1234:20180326234012j:plain

 

初期費用をかけず、シンプルな部屋というコンセプトのお部屋だったのででかい家具はこんなもんでした。

あとはちっこいテーブルやドライヤーやタオル、バスタオル、鏡、皿、箸、ナイフ、フォーク、コップ、シャンプーとかって感じです。

安い値段でできる処分の仕方

まず、でかい家具家電以外は全部マンションのゴミ捨て場に捨ててきました。

ケトルとかちっこいテーブルもきっといいのだろうと思ってマンションのゴミ捨て場に捨ててきました。

以上のものはすてる値段は無料となります。

マンションのゴミ捨て場に捨てれないデカい家具でも自分で決められた場所にもっていけるものであれば自治体の粗大ごみを処分してくれるくれる所にお願いすると安い値段で引き取ってくれます。

二段ベッドや冷蔵庫といった、自分で決めれた粗大ごみ収集所に持って行くのが難しいものはリサイクル業者に引き取ってもらえば、もしかしたら値段がつくものもあるかもしれません。

僕が利用したリサイクル業者


というわけでまずはリサイクル業者に連絡をしてみました。

どうやらどこの業者も最初に見積もりに来て、見積もりを出してから引き取ってもらうかどうかをこちらが決めるそうです。

引っ越し屋さんみたいな感じです。

という事で適当に3社選んで見積もりにきてもらいました。

その中で一番安かったのはリサイクルジャパンという業者です↓

www.recyclejapangroup.com

なので僕はリサイクルジャパンを利用する事にしました。

ちなみに部屋にあった家具家電で有料で引き取れるものはない、と全ての業者にいわれました。

家具を処分。そのお値段

見積もりの時、最初は自治体に頼もうと思っていた布団とかマットレスの処分ですが、それを自分で持ってマンションの三階から階段でゴミ収集所まで持って行くのはめんどくさいな、と思ってしまうようになりました。

なので、布団やマットレスもリサイクルジャパンに引き取ってもらう事にしました。

・冷蔵庫

・二段ベッド

・二段ベッドのマットレス

・掛け布団と敷布団と枕×4

・衣装ケース×3

・ついでに包丁

これらすべてで三万五千円くらいでした。

ワンルームに住んでて家具が少ない方は僕と同じくらいの値段になると思います。

自治体の粗大ごみ収集を利用すればさらに安くなります。

 

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク