なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

チェンマイ観光の鉄板 ドイステープ寺院の行き方と紹介

チェンマイ ワット・プラタート・ドイ・ステープの紹介

チェンマイ観光で必ず行っておきたい鉄板の観光地といえば、ワット・プラタート・ドイ・ステープになります。

1080メートルの山の上にあるワット・プラタート・ドイ・ステープの中央にある高さ22メートルの黄金の仏塔はたくさんの装飾が施されてとても美しく、その仏塔を目当てに毎日たくさんの観光客や地元タイ人の参拝者が訪れています。

また、展望エリアもあるので1080メートル上空からチェンマイののどかな街並みを見渡す事もできます。

チェンマイ旅行に来た僕はワット・プラタート・ドイ・ステープにも行ってものすごい存在感を放つ美しい仏塔に圧倒されてきました。

そんなワット・プラタート・ドイ・ステープの行き方や様子を紹介します。

 

ワット・プラタート・ドイ・ステープ 服装の注意点

f:id:kawada1234:20190315173837j:plain

タイのお寺では服装によっては立ち入る事ができなかったりします。

ワット・プラタート・ドイ・ステープは神聖なお寺です。

女性の場合はスカートやショートパンツはNG。

長ズボン着用で、背中や肩が出ている服装もNG。

男性の場合は膝が隠れるくらいまでのハーフパンツだったらOKですが、のび太君くらいの短さだとNGになります。

僕は膝がギリギリ出るか隠れるかっていう長さのハーフパンツだったのですが、OKでした。

ワット・プラタート・ドイ・ステープへの行き方

ワット・プラタート・ドイ・ステープはチェンマイの市街地から西へ、車で約40分ほど行った山の中にあります。

現地の旅行会社のツアーを利用していくのが一番手っ取り早いし、チェンマイにある日本人経営の旅行会社でしたら日本語ガイドもついていますが、便利で手っ取り早い分料金がかかります。

タクシーやトゥクトゥクだと往復500~1000バーツで行く事ができます。

言葉がわからない、交渉したくないという方はアプリ上から行き先を指定できるグラブタクシーを使えば問題なく行く事ができます。

グラブの使い方はこちら

また、乗り合いバスのソンテウだと40バーツほどで行く事ができ、一番安あがりな行き方になります。

f:id:kawada1234:20190315180801j:plain

ワット・プラタート・ドイ・ステープの入り口にはたくさんのソンテウが待機しているので、帰りの心配はいりません。

自分で運転していく方法

僕はレンタルバイクで行きました。

レンタルバイクを借りてグーグルマップを頼りに行くのが一番安上がりだし、自分のペースで行けるし寄り道もできるので、個人的には一番いいと思います。

チェンマイで免許なしでもオッケーのレンタルバイク屋さんはこちら。

f:id:kawada1234:20190315181316j:plain

まずはバイクにのってグーグルマップを見ながら市街地から西の方を目指します。

画像に写っている赤い車が乗り合いバスのソンテウです。

f:id:kawada1234:20190315181417j:plain

大きな道路を走り、西の山を目指します。

すると途中でメーヤー ライフスタイル ショッピングセンターというショッピングモールがあります。

このままさらに西の山を目指します。

画像の左に赤いソンテウが見えますが、この辺で同じ方向に走っているソンテウの目的地はワット・プラタート・ドイ・ステープになります。

僕はソンテウについて行く事にしましたが、このショッピングモールがみえたら後は道なりに進むだけです。

f:id:kawada1234:20190315181817j:plain

ソンテウについてくと山道になりました。

日本と同じような風景のクネクネした山道を上っていきます。

途中、自転車でワット・プラタート・ドイ・ステープに向かっている人達を何組かみましたが、僕は絶対に自転車では行きたくありません。

チャリでの山道、かなり辛そうです。

f:id:kawada1234:20190315181941j:plain

山道の途中では露店がいくつかある休憩所のようなポイントがあります。

ここでは飲み物や食べ物が売っています。

f:id:kawada1234:20190315182017j:plain

この休憩所には展望台があり、山からみるチェンマイののどかな景色を背景にたくさんの人が写真をとっています。

また、トイレもあります。

f:id:kawada1234:20190315182114j:plain

休憩所から道なりに山を上って行くと、お店がたくさん並んでいたり、バイクがたくさん停まっている場所になります。

ここがワット・プラタート・ドイ・ステープ。

到着です。

バイクがたくさん停めてある道沿いに僕もバイクを停め、ワット・プラタート・ドイ・ステープへ向かいます。

ちなみに僕がバイクに乗りながら撮った写真はこちらのカメラをバッグに付け、30秒に一回シャッターを切る設定で撮りました。

 

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

300段以上の階段

f:id:kawada1234:20190315185444j:plain

まずはワット・プラタート・ドイ・ステープの入り口の階段を上ります。

この階段は普通の階段です。

僕が行った時はちょうどものすごく大きなたくさんのツアーバスから観光客がいっぱい出てきたので、入り口周辺がとても混んでいました。

f:id:kawada1234:20190315185650j:plain

入り口の階段を上ると小さな広場になります。

ここでも食べ物や飲み物、お土産品がたくさん売られています。

f:id:kawada1234:20190315185729j:plain

ドイステープ寺院へ行く準備の為にお店で飲み物を購入。

f:id:kawada1234:20190315185815j:plain

この300段以上ある階段を上った先にワット・プラタート・ドイ・ステープがあります。

暑いとこの階段に体の水分をかなり持っていかれると思うので、しっかりと水分の準備はしておきましょう。

階段横にはとても立派なナーガ像があります。

入り口を守護しているのでしょうか。

f:id:kawada1234:20190315185946j:plain

僕が行った時はこの階段上も、上る人と下りてくる人がたくさんいて大混雑していましたが、常にこんなに混雑しているわけではありません。

f:id:kawada1234:20190315190031j:plain

階段の横にはナーガの胴体が続いています。

ドラゴンボールの蛇の道のようです。

この階段を上りたくない、というかたはケーブルカーで行く事もできます。

でも、健康な体を持っている人だったら階段を上りましょう。

気持ちのいい頑張った感を味わえます。

チケット売り場と料金

f:id:kawada1234:20190315190315j:plain

階段を上りきると、チケットを買ってね、という看板があります。

f:id:kawada1234:20190315190320j:plain

看板通りに進むとすぐにチケット売り場があります。

僕たち外国人はここでチケットを買いましょう。

チケットは一人30バーツです。

靴置き場

f:id:kawada1234:20190315190723j:plain

チケットを購入したらいよいよドイステープ寺院の敷地内に入る事ができます。

でも、敷地内は土足です。

f:id:kawada1234:20190315190802j:plain

入ってすぐの所には靴置き場があります。

ここは無料で靴を置く事ができます。

この画像の中で一番汚くてぼろいサンダルが僕のです。

なので、もし盗まれても別にいいし、そもそもこんなのを盗る人はいないだろ、と思ってここに置きました。

こんな神聖な場所で人の履物を盗む人なんていないと思いますし。

f:id:kawada1234:20190315191010j:plain

靴用のロッカールームもあるので、心配な方はこちらを利用しましょう。

展望台

f:id:kawada1234:20190315191700j:plain

裸足になり、ワット・プラタート・ドイ・ステープの見物スタート。

まずは展望台を目指そうと、その方面に進みます。

優しい顔をした仏像が座っている後ろの木までものすごく神聖に見えてきます。

f:id:kawada1234:20190315191707j:plain

鐘がたくさん並んでいます。

参拝に来たタイ人はこの鐘を全て鳴らしながらあるいています。

なので僕も鐘を鳴らしながら歩きます。

f:id:kawada1234:20190315191714j:plain

綺麗なお花がいっぱいある場所がありました。

庭園的な感じなのでしょう。

f:id:kawada1234:20190315191721j:plain

展望台に到着です。

たくさんの人達がここで写真を撮っています。

f:id:kawada1234:20190315191728j:plain

1080メートルから見るチェンマイの街並み。

とてものどかな風景が広がっています。

1080メートルの山の中にあるこの場所にとても大きく立派なワット・プラタート・ドイ・ステープを造った昔の人、すごい!

車もバイクも大型車もない時代、こんなに高いこの場所まで、たくさんの人が何度も何度も上り下りして建設作業を進めていたのでしょうか。

f:id:kawada1234:20190315191735j:plain

かっこいいお坊さんを発見。

写真を撮らせてもらいました。

逆光気味だけど絵になります。

僕の写真も撮ってほしかったけど、お坊さんにお願いするのは厚かましいかと思い諦めました。

f:id:kawada1234:20190315192714j:plain

f:id:kawada1234:20190315192720j:plain

展望台周辺にも大きな仏像や、立派な人だったのがわかるけど誰だかわからない人の像があります。

参拝している外国人観光客はあまりいませんでしたが、タイ人はいろんな所で参拝しています。

 

黄金の仏塔

f:id:kawada1234:20190316164519j:plain

次はワット・プラタート・ドイ・ステープ、一番の見どころの黄金の仏塔を目指します。

敷地内は車椅子の人でも回りやすいようになっています。

f:id:kawada1234:20190316164529j:plain

売店やタイ料理の食べれるレストランもあります。

f:id:kawada1234:20190316164659j:plain

ワット・プラタート・ドイ・ステープの入り口の前にある建物内に黄金の仏塔があります。

f:id:kawada1234:20190316164741j:plain

建物に入るには階段を上ります。

f:id:kawada1234:20190316164813j:plain

階段の先は大きな中庭のようになっていて、そこに黄金の仏塔があります。

一番の見どころなので、ここが一番人がたくさんいます。

f:id:kawada1234:20190316164904j:plain

壁沿いにもたくさんの仏像が並べられてあります。

屋根があり日陰になっている部分もたくさんあり、座って一休みしている人もたくさんいます。

f:id:kawada1234:20190316170432j:plain

f:id:kawada1234:20190316165149j:plain

黄金の仏塔の周りにもたくさんの仏像があり、参拝している人もたくさんいます。

f:id:kawada1234:20190316165615j:plain

地元参拝者は仏塔を中心に時計まわりに回っているので、僕も時計まわりに回ります。

f:id:kawada1234:20190316165704j:plain

所々に建物もあります。

f:id:kawada1234:20190316165730j:plain

全ての建物内には立派な仏像があり、多くの人が参拝しています。

建物内では外国人観光客の参拝者もいました。

僕もここで参拝します。

f:id:kawada1234:20190316165919j:plain

敷地内にはたくさんの仏像がありますが、この仏像が一眼カメラマンに一番人気の仏像です。

一眼カメラマン達はこの仏像の素敵な写真を撮ろうと頑張っていました。

f:id:kawada1234:20190316170121j:plain

黄金の仏塔を中心に敷地内を一回りました。

改めて仏塔を見ますが、ものすごい存在感で神秘的で美しく、とても素敵です。
たくさんの人がこの仏塔を背景に写真を撮っていました。

写真屋さんもいるので、仏塔を背景に記念写真を撮ってもらう事ができます。

f:id:kawada1234:20190316170558j:plain

仏塔だけでなく、黄金のパラソルのようなものや建物にもとても細かく美しい装飾が施されています。

とても天気のいいこの日、青空を背景に黄金の仏塔や神聖な仏像、装飾の美しい建物をたっぷりと見る事ができ、大満足してワット・プラタート・ドイ・ステープを後にしました。

タイ・チェンマイの楽しみ方

チェンマイのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

ワット・プラタート・ドイ・ステープ 営業情報と地図

 住所(英語) Su Thep, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
住所(タイ語) ตำบล สุเทพ อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50200
電話番号 +66 53 295 003
営業時間 8:00~18:00 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ