なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

カオヤイ・グラモンテのワイナリーツアー テイスティングもありのぶどう畑見学

カオヤイ グランモンテ(Granmonte)のワイナリーツアー

タイの避暑地、カオヤイにあるグラモンテ(Granmonte)ではブドウ畑やワイン醸造所の見学ツアーができるワイナリーツアーに参加する事ができます。家族経営のグラモンテは現在親の跡を継いで娘さんのニッキーさんが経営していますが、経営者の顔が見える暖かみ溢れたワイナリー。

大人も子供も楽しめるカオヤイ観光ではメジャーなワイナリーツアーですが、お酒好きには嬉しい4種のワインのテイスティングもできます。その上グラモンテのワインは世界各国で賞をとっているレベルの高いワイン。

そんなグラモンテのワイナリーツアーに参加してきたら思いの他楽しめました。

グラモンテのワイナリーツアーの予約方法やグラモンテの施設紹介、見学内容を説明するので、カオヤイ観光を考えている方は参考にしてください。

 

ワイナリーツアーの予約方法と料金

グラモンテのワイナリーツアーの予約はネットからできます。

平日と週末と11月から2月までの繁忙期ではツアーの開催時間が違いますが、平日は11時から一日3回、週末は10時から一日5回の見学ツアーが行われます。

料金は

・大人 450バーツ

・子供 350バーツ

・5歳以下 無料

となっています。ツアーの予約はこちらのグラモンテのHPからできます。

http://www.granmonte.com/tour.html

グラモンテの場所と行き方

グラモンテはカオヤイ国立公園からは4~5キロほど離れた所にあります。カオヤイ観光の中心地からは車でないと行くのは難しいですが、迷うような道はないので初めての方でも地図を見みながらで簡単に行く事ができます。

カオヤイではタクシーを捕まえるのは非常に難しいので車がない方は宿泊先の送迎サービスを利用するか、パクチョンまで行ってレンタカーを借りましょう。

レンタカー屋の場所と借り方、料金はこちらになります。

グラモンテの地図はこの記事の下の方に貼っています。

グラモンテ 各施設の紹介

駐車場

カオヤイのグランモンテ(Granmonte)

こちらがグラモンテの入り口。周りは緑一色、緑のいい匂いもします。

とても広大な敷地内に広がるブドウ畑。様々な種類のブドウの木があります。

コンクリートではなく砂利の駐車場というのがなんだか落ち着きます。駐車場近くには電気自動車の充電スタンドも設置されています。

駐車場のそばにはグラモンテのレストラン、ヴィンコット(VINCOTTO)があります。イタリアン中心のヴィンコットはタイ人や外国人観光客からも大人気で、グラモンテの獲れたてで新鮮なブドウを使った料理も食べる事ができます。

売店・カフェ

グラモンテの入り口そばにある建物は売店とカフェになっています。ツアー参加車はこちらの建物が集合場所となっています。

カオヤイ グラモンテの売店

エアコンの効いた建物内の売店には様々なお土産品が売られています。経営者のニッキーさんも接客している時があります。

カオヤイ グラモンテのブドウジュース

一番人気のお土産品はぶどうジュース。世界各国で賞をとるワインを作るブドウ畑のぶどうで作った新鮮・高品質ぶどうジュースです。

180バーツとその辺で売っているぶどうジュースよりも高いですが、お値段に納得できる美味しさです。

種なしぶどうも290バーツで売られています。ツアーが終わったら買おうと思ったのですが、ツアー後の13時頃の時点ですでに売り切れていました。この日は平日、コロナの影響で外国人観光客はいなく、来客数は少なめだったと思うけど売り切れ。無念です。

ぶどうを購入したい方は早めに買っておきましょう。

建物内にはカフェもあります。ツアーの予約をしていた僕は、コーヒーを飲みながらツアー開始時間が来るのをまちます。

ワイナリーツアー

f:id:kawada1234:20200801190256j:plain

カフェで待っていたら係の人が来てツアー開始。こちらのバスに乗り、農園内を周ります。

f:id:kawada1234:20200801190459j:plain

バスにはガイドさんもいて、タイ語でブドウ畑の説明をします。英語で説明する時もありますが、今回は僕以外はみんなタイ人だったのでタイ語での説明だったのでしょう。

僕はタイ人の英語の先生とツアーに参加したのですが、先生がタイ語を英語に翻訳して説明してくれました。

f:id:kawada1234:20200801192935j:plain

広々とした農園内には様々な品種のブドウが育てられています。

f:id:kawada1234:20200801193029j:plain

途中でバスが停まり、自由に農園を歩いたり写真を撮ったりといった時間もあります。

f:id:kawada1234:20200801193144j:plain

農園内にはコテージがあり、観光客が宿泊できます。

こちらのグラモンテ ワインコテージは二人一泊6000円ほどでアゴダから予約する事ができます。

agoda-グランモンテ ワイン コテージ 

f:id:kawada1234:20200801193600j:plain

ワイン醸造工場の前でバスはとまりました。工場内にはいり、工場見学が始まります。

f:id:kawada1234:20200801193814j:plain

工場内に入るとまずはプロジェクターでワインができるまでの映像を見せてくれます。

f:id:kawada1234:20200801193908j:plain

その後は工場見学。昔1年間ほどジュース工場で働いた事がある僕は興味津々で工場内を見学。たくさんの機械があり楽しめました。

f:id:kawada1234:20200801200227j:plain

工場見学を終えバスは再びゆっくりと農園を周り、スタート地点の建物に戻ります。建物の奥には椅子とテーブルが設置されていて、そこでワインのテイスティングが始まります。

テイスティングの準備中、モニターにはグラモンテの歴史や経営者のニッキーさんのこれまでの歩みが映し出されますが、意外と楽しくニッキーさんの人生に見入ってしまいました。

たぶんみんなニッキーさんの事がちょっと好きになったでしょう。

 グランモンテ(Granmonte)のワイナリーツアー ワインのテイスティング

待ちに待ったワインのテイスティング。4種類のワインの味を楽しめます。

子供にはワインではなくぶどうジュースが用意されます。

クッキーとチーズもテーブルに運ばれてきます。

ワインを注がれるたびにワインの説明もされますが、グラスの下に敷かれている紙にもワインの説明が詳しく書かれています。

どのワインが一番おいしいかは人それぞれの好みですが、世界各国で賞をとるグラモンテ、どのワインもレベルが高い。

ツアーは一時間程度、最後に美味しいワインを4種類も飲めて楽しい時間を過ごせました。

グラモンテにあるレストラン、ヴィンコットのメニューはお値段についてはこちら。

カオヤイのおすすめスポット

カオヤイでイチゴ狩りをするのなら日本人経営のカオヤイ ストロベリー ファームがおすすめ。

カオヤイの山の麓の街、パクチョンにある遊園地のトンソンブーン・クラブについてはこちら。

カオヤイの記事一覧はこちら。

グラモンテ 営業情報と地図

住所(英語) 52 MOO 9, Payayen Pansuk-Kudkla Street, Pak Chong District, Nakhon Ratchasima 30320
住所(タイ語) 52 MOO 9, Payayen Pansuk-Kudkla Street, อำเภอปากช่อง นครราชสีมา 30320
電話番号 +66928067755

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ