なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。


バンコクでVR体験 大迫力ゲームがたくさんあるサイアムのVRX

バンコクでVRを体験できるVRXの紹介

VRのゲームをやった事ってありますか?

僕は数年前からやってみたいやってみたいとずっと思っていたのですが、とうとうタイ・バンコクでVRの体験をしてきちゃいました。

VRとはバーチャルリアリティの略で、コンピューター上に作り出された3次元空間にいるような体験ができるゲームです。

数年前からたくさんの企業がVR市場に参入してきて、家庭内でもVRが楽しめるようになってきました。

日本ではVR体験ができるアミューズメントパークも増えてきましたが、バンコクにもVRのゲームができる場所があります。

バンコクのショッピングモール、サイアムスクエア ワンにあるVRXでは様々なVRゲームが楽しめます。

初めてVRゲームをやってみた僕は、今ではすっかり大好きになり定期的にゲームをしに行っています。

せっかくバンコクに来たのに突然のスコールで困った時、暑い日中にエアコンの効いた場所で楽しみたい時、ちょっとだけ時間をつぶしたい時、そんな時におすすめのVRXを紹介します。

 

VRXの場所と行き方

f:id:kawada1234:20181208191318j:plain

 VRXのあるショッピングモール、サイアムスクエア ワンはサイアム駅と直結しています。

サイアム駅はBTSからもMRTからも行く事ができます。

f:id:kawada1234:20181208191455j:plain

サイアム駅に着いたら4番出口から出ましょう。

f:id:kawada1234:20181208191459j:plain

4番出口を出ると、目の前はサイアムスクエア ワンとなっています。

右に行き、エスカレーターに乗ってください。

f:id:kawada1234:20181208191506j:plainエスカレーターに乗ると3階に到着します。

エスカレーターから下りて、右に行きます。

f:id:kawada1234:20181208191735j:plain

そうするとVRXが見えてきます。

VRXの料金

f:id:kawada1234:20181208191905j:plain

VRX内にはいくつかのVRゲームがあります。

料金は30分で250バーツ~450バーツ。

OMNIというのはVRの世界を走り回る事ができるゲームなのですが、実際にプレイしている人は現実世界でも走っています。

HTC Viveというのは、専用のコントローラーを使うVRのゲームです。

PS4のVRゲームのようなもので、ゲームの種類はたくさんあります。

レーシングゲームやスノーボード、ジェットコースターを体験できるゲームもあります。

f:id:kawada1234:20181208192540j:plain

まずはカウンターでどのゲームをするかを店員さんに伝えましょう。

f:id:kawada1234:20181208192621j:plain

HTC Viveをする方は、こちらのメニューからどのゲームをするかを選びます。

f:id:kawada1234:20181208192721j:plain

HTC Viveのゲームの種類はかなりたくさんあります。

料理を作って盛り付けるかわいいゲームから、ボクシングゲームや医者になって手術をするゲーム等もあります。

f:id:kawada1234:20181208192725j:plain

僕は毎回ゾンビのゲームをしています。

ウォーキングデッドのように、ゾンビによって荒廃した町を冒険するゲームなのですが、このゲームにものすごくハマっています。

 

VRX 店内の様子

f:id:kawada1234:20181208195600j:plain

カウンターでやりたいゲームを伝えて料金を払ったら店内に入ります。

こちらは僕のお目当てのHTC Viveのコーナー。

ただ、この時は先客がいたので、この人達が終わるまで待機です。

ゴーグル内の映像はモニターにも写っているのですが、この方達は銃で戦っています。

女の人は足場を見失いさ迷って、男の人はかなり白熱しているようですが、ゴーグルをつける事によって視界は全て VRの世界。

あり得ないくらいの没入感と迫力なので、端から見るとアホですが誰もがこうなってしまいます。

f:id:kawada1234:20181208200525j:plain

こちらはOMNI。

お兄さんが専用の足場の上を本気で走っています。

お兄さんの動きと連動して、ゲーム内のキャラクターも走り回っています。

f:id:kawada1234:20181208200535j:plain

お兄さんが撃たれてしまったようです。

やればわかるのですが、ゲームとはいえこんな大きなリアクションを取ってしまいます。

体は現実世界でも、脳は完全にVRの世界の中にいるのです。

f:id:kawada1234:20181208200325j:plain

こちらはレーシングゲーム。

コントローラーはハンドルで、実際にアクセルやブレーキを踏んで車を運転します。

f:id:kawada1234:20181208200600j:plain

ジェットコースターの体験もできます。

コースターの動きに合わせて椅子も動くのですが、感覚は本物のジェットコースターに乗ってるいる時と全く同じで絶叫する人多数です。

テレビで芸能人がVRのジェットコースター体験をして、絶叫したり椅子から落ちたりしているのを何度か見た事がありますが、あのリアクションは大げさなものではありません。

実際に体験してみればわかります。

VRのゲームを体験

f:id:kawada1234:20181208201403j:plain

先客の時間が終わり、僕の番になりました。

店員さんから専用のゴーグルとコントローラーを受け取ります。

f:id:kawada1234:20181208201407j:plain

装備完了。

この時点で僕はVRの世界の中にいます。

ゴーグルをかけた時点で自分が現実世界ではどの方向を向いているのか分からなくなります。

コントローラーの使い方やゲームの進め方は店員さんが英語で説明してくれますが、僕の英語力ではあまり理解できません。

それでもゲーム開始数分で慣れていきます。

僕はゾンビだらけの荒廃した町をさ迷っています。

現実世界の僕はドアを開ける動作をしたり、かがんで足元の物を取る動作をしたり、銃を撃つ動作をしているだけです。

VRの存在を知らない人が見たら、下手なパントマイマーに見えるでしょう。

でも、VRの中の僕は、近くの車まで歩いていき、ドアを掴んで開け、車内の銃を取り、ゾンビに向かって撃っています。

ゾンビを倒したと思いきや、横にいるゾンビに気づかずに襲われて、『うぎゃーーー!!』と絶叫してしまったりします。

VR、リアルすぎて恐ろしいけどめっちゃ楽しい。

僕は毎回ゾンビゲームを30分やって帰るので、ゲーム内ではいつも同じような所で終了となってしまいます。

次回こそは1時間やろうと毎回思うのですが、VRは意外と疲れるので毎回30分でやめてしまいます。

こんなに疲れるのはリアル過ぎるからなのでしょうか。

未体験の人にはどれだけリアルかというのを一度体験して知ってもらいたい。

周辺のおすすめスポット

サイアム周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

VRXの営業情報と地図

住所(英語) 388 Siam Square One Bld., Room SS3008, 3th Fl., Phra Ram 1 Rd., Pathumwan, Bangkok 10330
電話番号 +66 2 686 3712
営業時間 11:00~22:00 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ