なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

バンコクのジェイ オー チュラ トムヤムラーメンが人気の行列ができる超人気店

バンコクのトムヤムラーメン@ジェイ オー チュラ(Jei Oh Chula)

バンコクでトムヤムラーメンを食べるのなら、超人気食堂のジェイ オー チュラ(Jei Oh Chula)がおすすめです。インスタント麺なので正確にはトムヤム ママーですが、超人気すぎて連日常に大行列ができています。ちなみにママーとはタイで一番人気の即席ラーメンの名前ですが、タイではインスタントラーメンの事を基本的にママーと呼びます。

また、トムヤムですが辛さを選べるので、辛い物が好きな方から苦手な方まで美味しく食べれます。

トムヤムラーメンだけでなく数々のタイ料理メニューのあるジェイ オー チュラはミシュランのビブグルマンに何度も掲載されているお店なので、美味しくてリーズナブルなタイ料理を満喫できるお店です。

今回久々にベトナムからバンコクに旅行に来たお友達がジェイ オー チュラに行きたいというので一緒に食べに行ったのですが、友達も僕も大満足。トムヤンクンやトムヤムラーメンが好きな人には特におすすめのジェイ オー チュラを紹介します。

 

ジェイ オー チュラの場所と行き方

ジェイ オー チュラの最寄り駅は鉄道のバンコク中央駅や地下鉄MRTのフアロンポーン駅とサムヤーン駅とナショナルスタジアム駅になります。どちらの駅からも500メートルくらいの距離に位置しているチャラムアン通り(Charat Mueang Alley)にジェイ オー チュラはあります。

ジェイ オー チュラ お店の様子

こちらがジェイ オー チュラの外観になります。

どの時間にいってもお店前にはものすごい行列ができているので、近くを通ったらすぐにわかります。

お店についたらまずは行列係のスタッフの人に名前を伝え、紙に名前を記入してもらいます。名前を記入したら、あとは自分達の番が来るまでひたすら待つのみ。

ちなみに道路脇にある椅子に座っている人達は全てジェイ オー チュラの順番待ちで待っている人達です。ジェイ オー チュラで食べるにはこの行列に並ぶ覚悟が必要です。

待つ事1時間ほどでやっと店内に入れました。店内はエアコンが効いて快適。外でずっと待っていたので、涼しい店内に入れてすごく嬉しい!

お客さんはほとんどがタイ人で、旅行者っぽい欧米人もちらほらいます。ジェイ オーには何度か行きましたが、日本人を見た事はありません。

ほとんどの席でトムヤム ママーが注文されています。

僕が座った席の隣の窓ガラスにはおばちゃんの写真が貼ってあります。きっとこの人がジェイ オー チュラをここまでの超人気店に育て上げた偉大な鉄人なのでしょう。

ガラス越しに隣の仕込み場が見えます。部屋の中では大量のクリスピー フライド ポークが仕込まれています。ちなみにこのクリスピー フライド ポークもすごく美味しく、ジェイ オーに来たら注文すべき一品です。

ただ、これだけ大量のフライド ポークですが、遅い時間だと品切れになってしまう場合もあるようです。

トイレに行くには厨房を突っ切っていきます。広い厨房内ではものすごくたくさんの食材が調理されています。

大人気のトムヤム ママーで使われる即席麺は大量に積み上げられています。

ジェイ オー チュラのメニューとお値段

たくさんのタイ料理メニューのあるジェイ オー チュラ。一部のメニューとお値段を紹介します。

また、メニュー表にはタイ語・中国語・英語表記の料理とタイ語しか表記されていない料理があります。タイ語しか表記されてなくても、写真があるのでなんとなくどんな料理かは想像できます。

どこで食べてもハズレなし、フライド チキン ウィングは量によって100~200バーツ。

タイ版エビ揚げは150バーツ。

アスパラガスと海老炒めや、空心菜とクリスピーポーク炒めなどのタイの野菜炒め系料理は50~200バーツ。

お店イチオシのメニュー、フライドポーク ワンタンは50バーツ。

タイ名物のシュリンプ ケーキは100バーツ。

刺身は量によって300バーツと500バーツ。

トムヤムラーメン、ママーは具材や量によって150~850バーツ。

トムヤムラーメンのメニュー表にはタイ語と中国語表記しかありませんが、初めての方で3人くらいまでのグループだったら300バーツのトムヤムママーを注文しましょう。

ライスは10バーツです。

ドリンクは水やコーラがありますが、アルコール類は販売していません。

ざっくりとジェイ オー チュラのメニューを紹介しましたが、豚肉料理、ダック料理、シーフード料理など、様々なタイ料理のメニューがあります。

 

ジェイ オー チュラ いただきます

この日、ベトナムからタイ料理食べ歩き旅行に来たセクシー双子姉さんと一緒にジェイ オー チュラに来た僕。

ジェイ オー チュラに来る4時間ほど前にバンコクの名店、ワッタナー・パーニッチとヒアハイの2店舗で連食してきたため、僕は全くお腹が空いておらず食欲がない状態でした。

最初に運ばれてきたのはジェイ オー チュラの名物の一品、クリスピー フライド ポーク。お値段は100バーツ。

カリカリを越えた、ガリガリの硬さの衣の中にはふんわりジューシーな豚肉。一緒に運ばれてくる甘めの漆黒ソースをつけて食べるとすごく美味しい。

日本では食べた事のないガリガリ衣とふんわり豚肉の食感はとても良く、食欲のない僕でも気がついたら美味しく食べていました。

ベトナム姉さん達もバクバク食べて、大満足の様子です。

次に運ばれてきたのはスイートポークソーセージでお値段は60バーツ。名前の通り、ちょっと甘めのソーセージです。

以前ある店で食べたタイ式ラーメンクイッティアオにこのソーセージが入っていて若干甘めの味となっていたのですが意外と美味しかったので、今回味変用に僕が注文。

ベトナム姉さん達に味変も楽しんでもらおうと思って注文したのですが、このソーセージはベトナムにもあるとの事でした。

そして今回お目当てのトムヤムママー。お値段は300バーツ。

エビやイカ、クリスピー フライド ポーク、豚肉のつみれみたいなの、卵など具材も盛りだくさん。

スープは辛そうに見えますが、僕もベトナム姉さんも辛い物が食べれないので辛さ控えめで注文しました。

ベトナム姉さん達に三等分によそってもらい、いただきます。

トムヤムママー、想像以上の美味しさでした。

辛い物が食べれない僕はタイの市販のトムヤム ママーも食べれません。また、タイでは辛くしないでと言って注文しても、運ばれてきた料理が僕にとっては激辛という事がちょくちょくあります。

ジェイ オー チュラの辛さ控えめトムヤムラーメンはそんな僕でも美味しく食べれる絶妙の辛さです。外国人のお客さんが多いから絶妙の控えめ辛さ加減を熟知しているのでしょう。

また、これまでいろんなお店のトムヤムを食べましたが、ジェイ オーのトムヤムはまろやかな感じでトゲトゲしさががありません。ベトナム姉さん達も美味しいと言ってバクバク食べています。

トムヤムスープを染み込ませたエビもすごく美味しく、また、ガリガリの硬さだったクリスピー フライド ポークはスープを吸ってしんなりし、これもまた絶品。スープも具も極上の美味しさで、連食している僕達ですがスープまで全部いただいてしまいました。

こちらは別日に来た時に注文した空心菜炒めの唐辛子抜き、お値段は50バーツ。ビールがないのが悔やまれます。

こちらも別日に注文したタケノコでお値段は50バーツ。メニュー写真よりも明らかにでかく量も多い。

すごく柔らかく煮込まれたでかめのタケノコは激ウマなスープをたっぷり吸っています。このタケノコがドストライクだったため、お持ち帰りでも注文。自宅でも美味しくいただきました。

ベトナム姉さん達といったワッタナー・パーニッチについてはこちら。

ミシュランのビブグルマン獲得、リーズナブルで美味しい超人気タイ料理店のヒアハイについてはこちら。

ジェイ オー チュラの周辺のおすすめスポット

アヒル肉のガパオがおすすめ、リーズナブルで美味しいアヒル肉料理を満喫できるソイ6ポーチャナーについてはこちら。

ソムタムが大人気のタイ料理食堂、ジェーデーンについてはこちら。

サムヤーンにある寺院のワット フアランポーンについてはこちら。

ジェイ オー チュラ 営業情報と地図

住所(英語) 113 ซอย จรัสเมือง Rong Muang, Pathum Wan, Bangkok 10330
住所(タイ語) 113 ซอย จรัสเมือง แขวง รองเมือง เขตปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
電話番号 0641185888
営業時間 16:30~0:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ