なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。


バンコクでクリームシチューを食べたい時はプロンポンのキッチン新潟

バンコクでクリームシチューを食べれるキッチン新潟の紹介

バンコクで美味しいくりぃむしちゅーが食べたい時はプロンポンのキッチン新潟がおすすめです。

日本食でもタイ料理でも、食べたい物はなんでも食べれるバンコクですがクリームシチューのあるお店はなかなかありません。

具材にこだわったちょっと豪華なシチューがあるお店はそこそこあっても、家や給食で食べたようなクリームシチューはなかなかありません。

庶民的なクリームシチューを食べたいと思い続けてバンコクで暮らして1年ちょい、とうとう求めているクリームシチューを出してくれるお店を発見しました。

そのお店がキッチン新潟です。

 

キッチン新潟の場所と行き方

f:id:kawada1234:20190331182240j:plain

キッチン新潟はBTSプロンポン駅から徒歩2~3分の場所にあります。

f:id:kawada1234:20190205172504j:plain

プロンポン駅の4番出口が一番キッチン新潟から近い出口です。

f:id:kawada1234:20190205172704j:plain

4番出口の階段をおり、Uターンして2~3分ほど歩くとキッチン新潟になります。

キッチン新潟のお店の様子

f:id:kawada1234:20190331183339j:plain

こちらがキッチン新潟の外観になります。

美味しいお店オーラが漂っています。

こういうオーラのお店に入れば失敗する事はまずありません。

ちなみに昼間はランチメニューとなっていて、クリームシチューはありません。

クリームシチューを食べたい方は夜に行きましょう。

f:id:kawada1234:20190331183650j:plain

外観も店内思いっきり日本風です。

客もほとんどが日本人。

ここがタイとは思えません。

三階席まであるので団体でも入れます。

f:id:kawada1234:20190331183750j:plain

テーブルの上もとてもいい感じです。

キッチン新潟のメニュー

f:id:kawada1234:20190331183835j:plain

キッチン新潟にはかなりたくさんの和食メニューがあります。

また、お酒もたくさんあるので定食屋としても居酒屋としても利用できます。

僕のお目当てのクリームシチューだけでなく、フライドチキンやポテトサラダ、とんかつなどがあります。

f:id:kawada1234:20190331183849j:plain

コロッケからハンバーグ、生姜焼きからうどん、オムライスやカレーなど、日本人が毎日通いつめても飽きないメニューが勢ぞろい。

ご飯や味噌汁もメニューにあります。

どの料理も家や友達の家や給食で食べたような庶民が喜ぶ美味しい仕上がりで出されてきます。

オシャレな意識高い系風に仕上げられると美味しくても毎日食べようとは思いませんが、庶民派風で出されると毎日飽きずに食べる事ができます。

f:id:kawada1234:20190331183901j:plain

飲み物もソフトドリンクからタイのビール、日本のビール、焼酎、日本酒とたくさんそろっています。

 

キッチン新潟 いただきます

f:id:kawada1234:20190331185145j:plain

まずはタイのビール、シンハーで乾杯。

バンコクのおいしいおでん プロンポンのキッチン新潟

続いておでん。

お値段は150バーツ、約520円です。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

タイに来て初めておでんを食べたのですが、しっかり煮込まれた具材達が美味しい汁をたくさん吸っていてとても美味しい。

汁までグビグビ飲んでしまいました。

バンコクのクリームシチュー プロンポンのキッチン新潟

そしてクリームシチュー。

お値段は180バーツ、約630円。

こういうクリームシチューを僕は求めていたのです。

牡蠣が入っていたり、サーモンがたっぷり入ったりしているちょっと豪華なクリームシチューでなく、料理のうまい友達の母ちゃんが作ってくれた見た目は普通なんだけどやたらと美味いクリームシチュー。

キッチン新潟のクリームシチューはまさにそういうクリームシチューです。

二日連続でも全く飽きずに美味しく食べれるクリームシチューです。

僕はクリームシチューはご飯にかけて、カレーのようにして食べる派です。

日本では主に給食の時間にシチューをご飯にかける派とかけない派で熾烈な争いがおきていますが、日本のシチューメーカーはご飯にかけても美味しく食べられるように研究して製品を作っています。

なので、シチューをご飯にかける事は間違った事ではありません。

当然僕はクリームシチューと共にご飯も注文したのですが、おでんを全部食べて、クリームシチューも半分ほど食べてしまったのにご飯がきません。

なので店員さんに『ライスはまだですか?』と聞いたら少々お待ち下さい、と言われてしまいました。

店員さんは日本語が上手なタイ人です。

僕は悪意とかイヤミとかでなく、ただツッコミの気持ちだけで『忘れてたっしょ?』と聞いたら、『忘れてはいません、今から持っていきます』と言われました。

忘れてなければこのタイミングでご飯を持ってくるのは絶対におかしいと思ったのですが、店内はかなり混雑していて店員さんは絶え間なく階段を上り下りしています。

忙しすぎて僕のご飯は忘れていたのでしょう。

ビールとおでんとシチューでなんだかお腹もいっぱいになってきたし、シチューライスにして食べるのは今度のお楽しみにしようと思い、ご飯はキャンセルしました。

という事で近々またキッチン新潟にいって今度はクリームシチューライスを満喫する予定です。

キッチン新潟 営業情報と地図

 住所(英語) 692 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110
住所(タイ語) 692 ถนนสุขุมวิท แขวง คลองตัน เขต คลองเตย กรุงเทพมหานคร 10110
電話番号 02 258 6812
営業時間 11:00~13:30 17:00~23:30

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ