なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

ラオス・ビエンチャンのナンプ広場で綺麗な夜景を見ながらディナー。日本人限定の面白メニューあり。

f:id:kawada1234:20180526230453j:plain

ビエンチャンはラオスの首都ですが、それほど広くはありません。

レンタルバイクで2日も街中をうろうろしていれば、ある程度は把握できてきます。

夜、あまり華やかな場所のないラオスですが一つだけとても華やかな場所があり気になったので行ってみました。

ナンプ広場という場所で、噴水を中心にレストランがいくつかあります。

その噴水がライトアップされていてとても綺麗です。

昼と夜の違い

f:id:kawada1234:20180526231018j:plain

夜のナンプ広場はとても綺麗です。

f:id:kawada1234:20180526231204j:plain

でも、昼間はこんな感じです。

周りのレストランも営業は夜からです。

昼は営業していません。

なのでナンプ広場へ行くのなら夜に行ってください。

ナンプ広場のレストラン

f:id:kawada1234:20180526231628j:plain

夜、ナンプ広場にいくと入り口に3つのレストランのメニューがあります。

まずは3つのメニューを見比べてどのレストランに行くかを決めます。

決まったら入り口にいるお姉さんに伝えましょう。

レストランに案内してくれます。

f:id:kawada1234:20180526232701j:plain

メニューに載っていたアスパラベーコンがすごく美味しそうだったので、お寿司屋さんに行くことにしました。

天気がよければ噴水の前でバンドが演奏しています。

でも雨だったのでバンドはいませんでした。

f:id:kawada1234:20180527195509j:plain

f:id:kawada1234:20180527195556j:plain

席に着く前に噴水の周りを一回りしたのですが、とてもおしゃれで素敵な場所です。

ツッコミ所満載のおもしろメニュー

f:id:kawada1234:20180526233307j:plain

こちらがメニューになります。

このメニューがなんと間違った日本語だらけのおもしろメニューとなっていました!

僕は一人でもこのメニューを余すところなく読んでいたため、食事が来るのを待っている時間は全く退屈しませんでした。

ただ、メニューは面白いですが料理は美味しいです。

f:id:kawada1234:20180526233802j:plain

たくさんの手巻き寿司があります。

ただ、テイマキです。

日本語を理解せずに間違ってテイマキとしたのか、それともラオスでは手巻きの事をテイマキというのかそんな謎をこちらに与えてくれます。

f:id:kawada1234:20180526234130j:plainすぱいしーツナです。

ひらがなで書かれているとかわいいですね。

ひらがな、カタカナ、漢字を使い分けるのは外国人にとっては難しいに決まっています。

そして、オスとラリア牛の鉄板焼き。

オスという僕の知らない食べ物とラリア牛という種類の牛肉の鉄板焼きなのか、と思いました。

でもふと気が付きました。

これよくよく考えたら絶対オーストラリア牛の打ち間違えと変換ミスですよね。

f:id:kawada1234:20180526234710j:plain

アゲモ。

おしい!!

あと一文字足りません。

でも、アゲモという言葉はかわいいです。

f:id:kawada1234:20180526234932j:plain

ただ、このページの問題はアゲモではありません。

画像はボケてて見にくいですが、J-110はみそラーメンと書いてあります。

いやいや、みそラーメンはアゲモでもAgemonoでもないっしょ!

と思ったのですが、写真をみたらこれはみそラーメンじゃなくて何かのフライです。

このメニューを作った人は日本語を完璧に理解していないわけではなく、ただおっちょこちょいなだけの人なのかもしれません。

f:id:kawada1234:20180526235528j:plain

煮物のページです。

f:id:kawada1234:20180526235749j:plain

ひらがな表記のみそ汁と漢字表記の味噌汁の二種類があります。

ただ、値段が全然違います。

J-121の味噌汁はなんでこんなに高いんだろう、と疑問に思います。

f:id:kawada1234:20180527000228j:plain

J-121の写真をみます。

みそ汁じゃないやんか~~~い!!

メニューを作った人は1ページに1つは間違いを入れないと気が済まないのでしょうか。

そしてこの人のすごい所はいろんなパターンの間違いをしている所です。

間違い方に統一性がありません。

わざと間違っているのでしょうか。

この間違いに我々日本人はどれだけ気付くかを試されているのかもしれません。

f:id:kawada1234:20180527000629j:plain

とも思ったのですが、刺身盛りセットのページには僕が見る限り間違いはありません。

がっかりです。

もしかしたら僕程度では気が付かないボケをかまされているのかもしれないですが。

f:id:kawada1234:20180527000910j:plain

そしてメインの握り寿司のページです。

メインというのは、メインの料理という意味もありますがボケのメインという意味もあります。

ここで一番目立つのは右のページのJ-44の写真です。

f:id:kawada1234:20180527001234j:plain

ズドーーーーーーーーン!!

もはや説明不要です。

その上この場合の漢字は卵ではなく玉子です。

ダブルでボケてきました。

かなり高等な技を使っています。

日本人よ、間違いに気づくか?という挑戦なのかもしれません。

そしてこのページのすごいのはこれだけにとどまりません。

f:id:kawada1234:20180527001837j:plain

画像は見にくいと思いますが、右下の日本語で書かれている部分です。

f:id:kawada1234:20180527001948j:plain

右下の文字で書かれている部分には

J-40 ホタテ握り

J-42 納豆握り

と書かれています。

写真と照らし合わせてみてください。

至るところにボケを散らしてきています。

まさにメインのメニューとってふさわしいページとなっています。

お寿司をいただきます

f:id:kawada1234:20180527002709j:plain

ラオスはどのお店も注文してから料理が運ばれて来るまでが遅い気がします。

ただ、ビアラオを飲みながら面白メニューを見ていたら時間はあっという間に過ぎました。

面白メニューのせいで綺麗な夜景を見る暇もありませんでした。

f:id:kawada1234:20180527195737j:plain料理が運ばれてきました。

f:id:kawada1234:20180527200147j:plain

外国で食べるお寿司ってがっかりする事がありますが、ここのお寿司は美味しかったです。

f:id:kawada1234:20180527200331j:plain

アスパラベーコンも想像通りの食べなれた味で美味しかったです。

メニューはアレですが、料理はとても美味しいです。

ナンプ広場の場所

所在地 Rue Pangkham, Vientiane, ラオス
電話 +856 20 98 884 777

 

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク