なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクで美味しい豆腐を食べるなら 自家製の豆腐料理専門店・天然豆腐(Tennen toufu)

バンコクの豆腐料理専門店 天然豆腐の紹介

バンコクで美味しい豆腐を食べるのなら、サトーンにある豆腐料理専門店の天然豆腐(Tennen toufu)がおすすめです。

日本人が大好きな豆腐ですが、豆腐の味に関しては間違いなくタイよりも日本の方が上。タイにいる豆腐が大好きな方は物足りない思いをしている方も多いのではないでしょうか。

天然豆腐は豆腐にとても大きな思いを持っている日本人が店内で作った自家製豆腐を使って作られた美味しい数々の豆腐料理を食べる事ができます。

豆腐ハンバーグまである天然豆腐のメニューですが、お値段はリーズナブル。豆腐の持ち帰りもできます。

僕が美味しい豆腐を欲してきた時に行くお店、天然豆腐を紹介します。

 

天然豆腐の場所と行き方

天然豆腐の最寄駅はBTSチョンノンシー駅になります。

が、チョンノンシー駅からでも徒歩で20分ほどかかる、近所の方以外だと行くのがなかなかめんどくさい場所にあります。

行くのはめんどくさいけどそれでも日本人には是非行ってもらいたいお店です。

日本人があまり住んでいない上に行くのがめんどくさいエリアで自家製豆腐で勝負して何年も続いているお店、それだけでもお店は信用できるでしょうし、そんな店はたくさんの人に知ってもらって末永く営業し続けてほしい。

タクシーなどで行くのもいいですが、ソンテウも走っているので駅から来る方はソンテウを利用する事をおすすめします。

ソンテウは手をあげれば停まってくれるし、降りる時は下りたい場所でブザーを鳴らせばいいだけです。

この記事の下の方に天然豆腐の地図を貼っているので、地図を見ながらソンテウに乗ってお店の近くになったら降りましょう。ソンテウの料金は10バーツ、降りたら運転手にお金を払えばいいだけです。

天然豆腐の前の道路は常に駅方面行のソンテウがたくさん走っているので、帰りも問題ありません。

チョンノンシー駅近くの天然豆腐前を通るソンテウ乗り場はこちらの地図の赤ピンの辺りになります。常にテンソウが待機していますが、もしいなくても少し待てばすぐにテンソウがきます。

天然豆腐 お店の様子

こちらが天然豆腐の外観。

周りはバンコクローカル感がたっぷりの建物やお店だらけです。日本人はほぼ見かけません。

f:id:kawada1234:20191219220628j:plain

店内に入るとレジとショーケースがあります。

f:id:kawada1234:20191219220715j:plain

ショーケース内には様々な味の豆乳が売られています。

この豆乳もどの味も美味しく、タイで飲んだ豆乳の中ではナンバー1。

パッケージにはTennen toufuと書かれているのでお店で作られた豆乳なのでしょう。

お値段は25バーツとリーズナブル。

天然豆腐の営業時間は20時までとグーグルマップの情報には書かれていますが、19時過ぎに行って食事の提供は終わったと言われた事が何度かあります。ただ、食事の提供時間は終わってもショーケース内の物を買う事はできます。

19時に食事の提供は終わっても20時まではショーケース内の物は買えるという事なのでしょう。

f:id:kawada1234:20191219220935j:plain

店内の席はカウンター席のみ。座席は10席もありません。

座席よりも豆腐を作る機械の方がたくさんの場所をとっています。

f:id:kawada1234:20191219221021j:plain

こちらが豆腐を作る機械。

ここで毎日美味しい豆腐が作られているようです。

f:id:kawada1234:20191219221205j:plain

壁には店主の豆腐に対する思いが書かれたボードがあります。

ほとんど日本人が住んでいないエリアなのに、全て日本語で書かれています。

このボードからも、美味しい豆腐を作るためのごつい機械を導入しているのからも、店主の豆腐に対する熱い思いがすごく伝わります。

そして食べたらさらに伝わります。

 天然豆腐のメニュー

f:id:kawada1234:20191219221621j:plain

こちらが天然豆腐のメニュー。

様々な豆腐料理が80バーツから100バーツというとてもリーズナブルな価格で楽しめます。

これらの料理にはご飯と味噌汁とキムチを付ける事もできます。

f:id:kawada1234:20191219221538j:plain

メニュー裏面には一品物の豆腐料理。

こちらも45バーツから50バーツという安さ。

 

天然豆腐 いただきます

f:id:kawada1234:20191219221909j:plain

まずは豆乳とキムチが運ばれてきました。

辛い物がたべれない僕でもこのキムチは美味しく食べれます。子供でも美味しく食べれる辛さのキムチです。

普段キムチを自分で注文する事がない僕ですが、天然豆腐にきたら毎回キムチを注文します。

バンコクの豆腐料理専門店 天然豆腐(tennen toufu)

こちらは和風豆腐、お値段は80バーツ。

大きめサイズの豆腐一丁には薬味もたっぷりついています。

デカい、柔らかい、美味い!ワンランク上のすごく美味しい豆腐です。

自家製の出来立て豆腐は美味い!

僕は後半からキムチを乗せて味変します。

キムチ豆腐もとても美味い。メニューにも90バーツでキムチ豆腐がありますが、僕はこのようにして後半からキムチ豆腐を楽しみます。

バンコク 天然豆腐の湯葉

こちらは湯葉刺身、45バーツ。

そのままで食べてもおいしいのですが、

薬味を巻いて食べても美味しい。様々な薬味と醤油で何パターンもの湯葉を楽しめます。

バンコクの美味しい豆腐ハンバーグ @天然豆腐
こちらは豆腐ハンバーグでご飯と味噌汁とキムチと枝豆付き。

大きい豆腐一丁を思いっきり圧縮させて作ったであろう豆腐ハンバーグは柔らかい豆腐からできているはずなのにそこそこの噛み応え。

食べると豆腐の密度がものすごい事になっているのを感じます。そして、噛むととても素敵な豆腐の香りが鼻から抜けていきます。

美味しいソースによく合う豆腐ハンバーグ、おすすめです。

僕の周りのタイ人は豆腐好きが多いのですが、そんなタイ人たちにこの写真を見せて、このハンバーグは豆腐でできてるんだよ、と教えるとみんな興味深々になり「連れてって!連れてって!食べてみたい!!」とかなり食いついてきます。

なので近々豆腐大好きタイ人たちにこの豆腐ハンバーグを試してもらいます。

食べ終わったら豆腐一丁をお持ち帰り。

ビールのつまみにもなるしおかずにもなる、冷蔵庫の中にあるとかなり安心なお豆腐です。

周辺のおすすめスポット

タイ人に大人気のタイ料理店、Ter Sab Woeyについてはこちら。

手作り餃子とカレーが美味しいKinza Gyozaについてはこちら。

チョンノンシー周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

天然豆腐 営業情報と地図

住所(英語) 211 Chan 18/7 Road, Bangkok 10120
住所(タイ語) 211 Chan 18/7 Road, กรุงเทพมหานคร 10120
電話番号 02 675 6881
営業時間 8:30~20:00  

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ