なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

ホアヒンの寺院ワット タム カオ タオの紹介 巨大な仏像と高台からの絶景が楽しめるお寺【Wat Tham Khao Tao】

ホアヒンのワット タム カオ タオ(Wat Tham Khao Tao)

バンコクから南西へ200キロ、タイの王族も利用するリゾート地のホアヒンには綺麗なビーチやたくさんの名所・観光スポットがあります。

そんなホアヒンに来たのなら訪れておきたい寺院の一つがワット タム カオ タオ(Wat Tham Khao Tao)。

海沿いの丘にあるワット タム カオ タオの一番の見どころは小高い丘の上にある巨大な仏像ですが、仏像に辿り着くまでには階段や山道を上らないといけなく、なかなか苦労します。

が、辿り着いた巨大な仏像のある高台からはとても綺麗なホアヒンの景色を見れるという素敵なご褒美もあります。

道中の海沿いの小道には美しい建物があったりとインスタ映えする場所も多数。

ホアヒンの寺院、ワット タム カオ タオを紹介します。

 

ワット タム カオ タオの場所と行き方

f:id:kawada1234:20190722143717j:plain

ワット タム カオ タオは海沿いの小高い丘にあります。

ホアヒンビーチの南にあるスワンソンビーチからさらに1キロほど南に行くとワット タム カオ タオが見えてきます。

ホアヒンではどのタクシードライバーもワット タム カオ タオの場所は把握しています。

また、ホアヒンでの移動は二人以下ならレンタルバイクでの移動をおすすめします。

バイクの免許は必要ありません。

この記事の下の方にワット タム カオ タオの地図を貼っていますが、ホアヒンの道は簡単なのでバイクにのって地図を見ながらでも迷う事なくサクッとたどり着けます。

ホアヒンでレンタルバイクを借りる方法はこちら。

ワット タム カオ タオ 入り口

f:id:kawada1234:20190722203833j:plain

ワット タム カオ タオの駐車場には立派な門があります。

門には漢字で亀山如来禅寺と書かれています。

タオとはタイ語で亀という意味。

ワット タム カオ タオは亀のような形をしている丘で神聖な亀を祀っているお寺です。

この門が入り口っぽくはありますが、僕はここから入りませんでした。

他の観光客もこの門から入る人はいませんでした。

f:id:kawada1234:20190722204054j:plain

駐車場の先には売店が並んでいます。

みな、この売店前の道を通って先に進んでいるので僕もこの道を通って進みます。

f:id:kawada1234:20190723115253j:plain

売店にはたくさんの食べ物系のお土産が売られています。

また、ペットボトルのドリンクも売られています。

先に進む前に売店でドリンクを買っておいた方がいいでしょう。

f:id:kawada1234:20190722204339j:plain

売店を越えると細い道にでます。

木の看板には【thum kao tao】と書かれています。

この道を進んでいきます。

f:id:kawada1234:20190722204516j:plain

少し進むと道の横は砂浜になっていて、舟が停まっています。

今は潮が引いているのでしょう。

f:id:kawada1234:20190722141210j:plain

小さな道を進むと洞窟の入り口のような場所に到着します。

こちらもワット タム カオ タオの入り口なのでしょう。

洞窟前には恵比寿様に似た仏像が座っています。

ワット タム カオ タオ 黄金の亀

f:id:kawada1234:20190722211144j:plain

洞窟内には仏像がたくさん並んでいます。

地蔵サイズの小さな仏像は子供なのでしょうか。

f:id:kawada1234:20190722211304j:plain

洞窟を抜けると周りの景色は海。

曇っているのが惜しまれます。

ホテルの吹き抜けの通路のようで素敵です。

海を見ながら細い道を進んで行きます。 

f:id:kawada1234:20190722211420j:plain

途中途中に階段があります。

階段はどれも短い階段なので、体力を大きく持っていかれる事はありません。

f:id:kawada1234:20190722211555j:plain

進んで行くと土足禁止のエリアもいくつかあります。

土禁エリアでは靴を脱ぎ、手にもって歩いて行きましょう。

f:id:kawada1234:20190722211638j:plain

土禁エリアは仏像にお祈りをする間となっています。

観光で来たとはいえ、みんながお祈りをしている所では一緒にお祈りをしましょう。

f:id:kawada1234:20190722213119j:plain

祈りの間を抜けて歩いていくと、ワット タム カオ タオ第一の見どころ、黄金の亀があります。

f:id:kawada1234:20190722212516j:plain

黄金の亀の前には階段があります。

この階段をスルーして黄金の亀まで進む事もできますが、僕は先に進む前に階段を上りました。

f:id:kawada1234:20190722212631j:plain

階段の上には屋根のある建物が見えます。

階段は上るのに少々大変な長さ。

f:id:kawada1234:20190722212718j:plain

微妙に体力を持っていかれましたが、階段を上った先の建物には菩薩像がありました。

そしてこの高さから見る海やホアヒンの街並みはとても素敵で登り切ったかいを感じます。

この菩薩像は何十年もここから素敵なホアヒンの景色を眺めているのでしょう。

f:id:kawada1234:20190722212948j:plain

階段を下り、黄金の亀に到着。

黄金の亀の横には神聖さを感じる小さな建物、そして亀の後ろは見渡す限りの水平線。

なんとも素敵な光景です。

ホアヒンに来たのなら、この光景を生で見ておいて損はありません。

階段で体力を持っていかれた僕は亀の横の建物で少し休憩をとります。

 

ワット タム カオ タオ 巨大な仏像

f:id:kawada1234:20190723115401j:plain

黄金の亀を堪能した後はワット タム カオ タオ第二の見どころ、巨大な仏像を見るために丘を上って行きます。

長い階段を上っていきます。

f:id:kawada1234:20190723115523j:plain

階段の途中には小さな仏像があります。

途中で巨大な仏像への看板があるので看板の矢印通りに進んで行きます。

f:id:kawada1234:20190723115715j:plain

途中で下を見ると、黄金の亀が小さく見えるほどの高さに到達しているのがわかります。

高い所からはどこを見ても景色が素敵です。

そこそこの高さに上ってきましたが、まだまだ道なりに丘を上って行きます。

f:id:kawada1234:20190723115848j:plain

途中、完全なる山道になりました。

夜に一人で歩くのはとても怖そうな道です。

f:id:kawada1234:20190723115947j:plain

完全なる山道を抜けるとまた階段があります。

階段の先には建物があり、建物の屋上広場に巨大な仏像があります。

f:id:kawada1234:20190723120026j:plain

屋上広場に到着。

かなりの体力を持っていかれたのでまずはベンチに腰掛けて少し休憩します。

f:id:kawada1234:20190723122305j:plain

まわりを見渡すと野生の猿がくつろいでいます。

ホアヒンの山は猿が多い。

猿を見て少し和ませてもらいます。

f:id:kawada1234:20190723122236j:plain

こちらが巨大な仏像、ものすごい存在感ですがなんともいえない表情をしています。

周りにはライトがあるので暗くなるとライトアップされるのでしょう。

たくさんの階段を上り、ここまでたどり着くのは大変でしたがワット タム カオ タオに来たからには巨大仏像を目の前にして圧倒されるべきです。

f:id:kawada1234:20190723122942j:plain

巨大仏像のある高台から見下ろすホアヒンの景色もとても素敵です。

この日は今にも雨が降ってきそうな曇り空でしたが、それでもこの光景と巨大な仏像でここまで来たかいがあります。

曇っていて少し強い風が気持ちよく、体力はかなりもっていかれましたが気持ちは晴れやか。

しばらく巨大な仏像とホアヒンの光景を堪能します。

f:id:kawada1234:20190723123236j:plain

来た階段とは違う階段を使って戻りますが、この丘には至る所に仏像が祀られています。

ちょっとした登山をした感覚で、新鮮で神聖な気分になって丘を下りる事ができました。

f:id:kawada1234:20190723123414j:plain

帰る前に駐車場の近くの売店でお土産を物色。

銀のトレーに入っているものは魚介を煮たもの。

ほとんどはタイバージョンの甘め、甘辛の味付けなのですがどれを食べても美いしく、ご飯のおかずにもお酒のつまみにもなります。

僕は貝を煮たものとエビの甘辛揚げを購入したのですが、どちらもホテルでお酒のつまみとして美味しくいただきました。

ホアヒンの楽しみ方

ホアヒンのもう一つの寺院・ワット カオ タキップについてはこちら。

ホアヒンのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストラン、ホテルなどについてはこちら。

ワット タム カオ タオの営業情報と地図

住所 Nong Kae, フワヒン プラチュワップ キーリー カン 77110
住所(タイ語) ตำบล หนองแก อำเภอหัวหิน ประจวบคีรีขันธ์ 77110

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ