なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

タイの最強焼肉ムーガタが160バーツで食べ放題。タニヤ、パッポンでおすすめの【Krua Thailand Thailand seafood】

160バーツで食べ放題 タニヤ・パッポン近くのムーガタ

日本人のバンコク旅行者に人気のタニヤ、パッポン。

僕は学校帰りにこの辺りを歩くのですが、毎回夜遊びをしたり買い物をしたりしている日本人をたくさん見かけます。

そんなタニヤ、パッポン周辺にタイ式焼肉のムーガタが食べ放題のお店、クルア タイランド(Krua Thailand Thailand seafood)があります。

お肉をたっぷり食べたい、野菜をたっぷり食べたいという人に超おすすめです。

しかも160バーツ、約545円で食べ放題という超お得な料金です。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

また、タイ人はムーガタが大好物な人が多いので、タニヤやパッポンのお姉さんと遊んでいる方はクルア タイランドに連れていったらとても喜ばれるでしょう。

地元のタイ人にも大人気のクルア タイランド、僕もお肉をいっぱい食べたかったので行ってきました。

 

ムーガタって何?

f:id:kawada1234:20180825172540j:plain

そもそもムーガタって何?って思う人、多いと思います。

僕はタイに引っ越してくるまでムーガタの存在を知りませんでした。

ムーガタとはタイ式の焼肉の事で、真ん中がでっぱってる鍋を使います。

鍋のでっぱりの部分がお肉ゾーンで頂点に肉の脂身を乗せ、その周りにお肉を乗せて焼きます。

でっぱりの周りは溝になっていて、そこは野菜ゾーンとなっています。

野菜ゾーンには野菜を煮込む用のスープを入れます。

そうするとお肉ゾーンから肉汁が野菜ゾーンに垂れてきてスープと混ざります。

スープは肉汁と合わさってより美味しくなり、野菜ゾーンで煮込まれた物もとても美味しく食べる事ができます。

また、野菜ゾーンにお肉を投入してしゃぶしゃぶスタイルで食べる事もできます。

肉汁一滴も無駄にせずに有効活用するバンコクの焼肉、それがムーガタです。

クルア タイランドの場所と行き方

f:id:kawada1234:20180825175046j:plain

クルア タイランドの最寄り駅はBTSサラデーン駅となっています。

サラデーン駅を背にタニヤ通りやパッポンをまっすぐ歩くとスリウォン通りにぶつかります。

タニヤからもパッポンからも、スリウォン通りに入ったら左折します。

f:id:kawada1234:20180825180317j:plain

f:id:kawada1234:20180825180320j:plain

スリウォン通りをまっすぐ歩いているとすぐにファミマが見えてくるので、ファミマの前を左折します。

f:id:kawada1234:20180825180323j:plain

するとステーキ屋さんやマッサージ屋さんがある通りになります。

この通りの一番奥がクルア タイランドです。

クルア タイランドの様子

f:id:kawada1234:20180825180326j:plain

クルア タイランドは店の外にもテーブルと椅子がたくさん用意されているのですぐにわかります。

ムーガタを食べる場合は外のテーブルになります。

店内に入るとシーフード料理のメニューを出されてしまいます。

店の外の空いているテーブルに適当に座って店員さんに「ムーガタ プリーズ」と言えばそれで伝わります。

ムーガタの発音は【新潟】や【夕方】と同じです。

f:id:kawada1234:20180825181810j:plain

ムーガタを食べるという意思を伝えたら、店員さんはムーガタの準備をしてくれます。

クルア タイランドはビュッフェスタイルです。

その間に食べたい物を小皿に入れてテーブルに置き、こちらも食べる準備を整えておきます。

f:id:kawada1234:20180825181821j:plain

お肉は豚、牛、鶏、レバー、タレにつけられているお肉と色々とそろっています。

f:id:kawada1234:20180825181827j:plain

カニカマや豆腐、ウインナー、イカ、エビ、白身魚等もあります。

f:id:kawada1234:20180825181832j:plain

白菜やエノキから、名前がわかんないタイの野菜と、お野菜もたくさんあります。

生卵もたくさん積まれています。

f:id:kawada1234:20180825181837j:plain

チャーハンもあるのでお米がないとお肉を食べれないという人も安心です。

f:id:kawada1234:20180825181842j:plain

こちらはムーガタのタレになります。

ニンニクも好きなだけ使えます。

ナンプラーや塩といった調味長も用意されています。

f:id:kawada1234:20180825181852j:plain

こちらはあま~~~いタイのデザートになります。

なぜかこのデザートコーナーにコーンもあるのですが、デザートに入れると美味しいのでしょうか。

僕はこのコーンをムーガタ鍋に投入しました。

f:id:kawada1234:20181028125839j:plain

デザートコーナーの横の青いクーラーボックスの中には氷がたくさん入っています。

この氷とデザートコーナーの物を組み合わせて、タイ風寒天入りココナッツミルクかき氷等を作る事ができます。

f:id:kawada1234:20180825181858j:plain

当然ビールもあります。

焼肉にビールは欠かせません。

f:id:kawada1234:20180825190640j:plain

僕の方の準備は完了しました。

いつでも焼けます。

f:id:kawada1234:20180825190647j:plain

店員さんが炭を持ってきてくれました。

その炭の上にムーガタの鍋をセットし、スープを入れてくれます。

f:id:kawada1234:20180825190653j:plain

スープにも薄く味がついています。

スープは少なくなってきたら自分でつぎ足します。

スポンサーリンク
 

ムーガタをいただきます

f:id:kawada1234:20180825191615j:plain

鍋の準備ができたら食べたい物を鍋に投入。

f:id:kawada1234:20180825191628j:plain

溶き卵も全体にかけていきます。

そして焼けるのと煮えるのを待つ!

f:id:kawada1234:20180825191638j:plain

美味しそうに焼けてきました!!

f:id:kawada1234:20180825191651j:plain

f:id:kawada1234:20180825191655j:plain

ニンニクをたっぷり入れたムーガタのタレにお肉を付けて、いただきます!

焼肉はどこで食ってもうまいです。

でも、このタレがどっちもから~~い!!

はじめの数口はちょっと辛いかな程度だったのですが、食べていくうちに口に残った辛みが蓄積されてどんどんつらくなっていきます。

辛いのが好きな人にはたまらないのでしょうが、カレーの中辛が限界の僕にとってはちょっとしんどいです。

f:id:kawada1234:20180825192557j:plain

なので持ち込んできた黄金の味と醤油を使う事にします。

f:id:kawada1234:20180825192635j:plain

f:id:kawada1234:20180825192641j:plain

お肉ゾーンのものは黄金の味。

野菜ゾーンのものは醤油で食べます。

これがものすごくうまい!!!

タイと日本の融合!!

うますぎて箸が止まりません。

食っては焼き、食っては焼き、追加で肉や野菜を持ってきて投入して、また食っては焼き、食っては焼きの焼肉ループに入りました。

大満足です。

エバラとキッコーマンには感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:kawada1234:20180825193358j:plain

さらに後日、ミツカン味ぽんを持ってきてみました。

野菜ゾーンは醤油よりも味ぽんの方が断然うまいです。

白身魚なんて止まらなくなってしまいます。

肉汁とムーガタスープと味ぽんが合わさった味は最強です。

なので、ムーガタを食べる時は黄金の味と味ぽんを持ってくる事をおすすめします。

辛いのが好きな人でもタイのタレと黄金の味、味ぽんと食べ比べてみたらより楽しめると思います。

黄金の味と味ぽんはこちらで買えます。

www.bangkok-life-blog.com

f:id:kawada1234:20180825193701j:plain

僕の一番のお気に入りのムーガタの具はエノキ。

焼いて黄金の味で食ってもよし、煮て味ぽんで食ってもよし、です。

f:id:kawada1234:20180825194103j:plain

食後はデザート。

デザートコーナーにあるタピオカ?寒天?みたいなムニュムニュのやつを甘い飲み物に入れていただきます。

名前はわかんないけどこのデザートもとても美味しいです。

思う存分肉と野菜を食べて、美味しくビールも飲めて、デザートまで食べれる。

こんなに大満足できて160バーツ、素敵すぎます。

ビールは別料金です。

お肉をたくさん食べた後はこちらを飲んで脂肪の吸収を抑える事をお勧めします。

www.bangkok-life-blog.com

お店情報と地図

住所 113/3-4 Thanon Surawong, Bang Rak, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 タイ
営業時間 10:30~3:00
電話番号 +66 2 634 1247

 

スポンサーリンク
 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク