なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

おすすめの求人
在宅(国内・国外OK)orマレーシア勤務 メール・電話対応 未経験OK経験不当年齢制限なし 月給20万円以上 8時間週5勤務 詳しくは【こちらをクリック】

ナンリンチー通りの屋台群にあるバンコクで一番美味しい串焼き屋

バンコク サトーンの美味しい串焼き屋台の紹介

タイでも串焼きや焼き鳥は庶民に愛されている食べ物で、串焼き屋のお店や屋台はたくさんあります。

屋台でも秘伝のタレを使っていたりしてお店ごとに味は違いますが、タイ版の焼き鳥や串焼きはどのお店の物でも日本人の舌に合い安くて美味しいので僕は良く食べるのですが、そんなバンコクの串焼き屋台で一番美味しいお店を発見しました。

サトーンのナンリンチー通りの屋台群にある串焼き屋台なのですが、美味しいだけでなく恐ろしいほどビールに合います。

世界の山ちゃんの手羽先のタイ版といった感じの串焼きなので、ビールと一緒に串焼きを食べるのが好きという方には特におすすめ。そんなバンコクナンバー1の串焼き屋台を紹介します。

 

バンコクナンバー1の串焼き屋台の場所と行き方

バンコクナンバー1の串焼き屋台の最寄り駅はBTSチョンノンシー駅とMRTクロントーイ駅になります。

ただ、どちらの駅からも700メートルくらい離れているため、駅から歩いていくのはちょっとめんどくさいです。

こちらがサトーンにあるナンリンチー通り。

多くの日本人にはあまり縁のない場所で、この通りで日本人を見かけた事はまだ一度もありません。

こちらがナンリンチー通りにある屋台群。

規模はそこまで大きくはないですが、一通りのタイ料理の屋台はそろっています。

お食事時になると平日でも大混雑。

屋台群の中にはセブンイレブンもあり、屋台とセブンで買ったものをテーブルで食べれるってのが結構便利です。

バンコクナンバー1の串焼き屋台と屋台群の様子

こちらが屋台群にあるバンコクナンバー1の串焼き屋さんです。屋台の見た目はそこらにある串焼き屋台と変わりません。

タイ人は食べたい物を自分でショーケースからとって焼き網の上に置きますが、僕の場合はどの串焼きやさんでも指さしで食べたいものを店員さんに伝えます。

店員さんはものすごく話しやすい人。言葉が通じなくても買い物の短い時間の中で楽しいコミュニケーションを何度も取ってくれます。ケンカが強そうでたぶん昔多少のやんちゃ行為をしてたっぽい雰囲気ですが、日本でもタイでもこういうタイプの人のお店って美味しいです。

最近テレビでたびたび見る、僕がタイに来る前に住んでいた高円寺にあるラーメン屋の健太の店主も元ヤンな雰囲気たっぷりですが、もともと美味しかった健太はテレビで紹介された後、行列ができまくるお店になったというのを聞きました。

f:id:kawada1234:20211219101302j:plain

ちなみにナンリンチー通りの屋台群は、辛いのが苦手な僕でも美味しく食べれるお店がいっぱいあります。

こちらは鉄板焼き屋さん。牛や豚の焼肉定食やステーキ定食を100バーツ以下のお値段で食べれます。

f:id:kawada1234:20211219101509j:plain

100バーツ以下でも、味は普通に美味しくて量もたっぷり。僕の中ではタイの吉牛的なお店として重宝しています。

野菜を食べる機会の少ないタイですが、パックいっぱいの生野菜サラダが30バーツというお値段で買えるというのもありがたい。

ちなみにタイって牛肉を食べれない人が多く牛肉料理は発展していないからか、牛肉料理のレベルは低く安いお値段の牛肉は昭和生まれが学校の給食で出されたゴムみたいな肉です。なので、ローカル店の焼肉系では牛肉はさけ、鶏か豚肉を選びましょう。

また、ナンリンチー通りの屋台群ではカオマンガイもおすすめです。

50バーツくらいのお値段ですが、カオマンガイだけでなくスープも絶品。珍しくパクチーの入っていないスープなので、パクチーが苦手な人でも美味しくいただけます。

メニューとお値段

f:id:kawada1234:20211219102039j:plain

バンコクナンバー1の串焼き屋さんのメニューは豚串や焼鳥、キノコ、オクラ、ベーコン巻きなどと、売られているものは他の串焼き屋台と同じ感じです。

お値段は一本10~20バーツくらい。

画像の下半分の一列が僕が注文した串焼きになりますが、これだけ頼んでもお値段は110バーツ、約370円という驚きの安さです。

セブンで買い物をしたり、他の露店を見て回って時間をつぶしながら焼き上がりを待ちます。

f:id:kawada1234:20211219103349j:plain

しばらく待って出来上がり。袋に入れてもらってお持ち帰りします。

財布の中の小銭がいっぱいだった僕はお金を払う際120バーツを渡して、お釣りの10バーツはいらないと伝えお店を去ろうとしたのですが、店員さんはそれを激しく拒否。

わざわざ僕を追いかけて、10バーツのお釣りを渡しにきました。

タイで客商売をしている人の中では珍しいタイプの人ですが、独自の感性、生き方もってそれを貫いてきている人なので料理の味にも出ているのでしょう。

 

バンコクナンバー1の串焼き いただきます

f:id:kawada1234:20211219110413j:plain

自宅に戻り、お皿に移してレンチンします。

レンジからほっかほかの串焼きを出すと、食欲をそそる匂いが部屋にあふれてきます。

f:id:kawada1234:20211219110520j:plain

ビールを開けて映画を見ながら串焼きをいただきます。

一口食べると日本にはない、独特の香りが口の中に広がります。初見ではどちらかというと『くさッ!!』という香りですが、この香りがクセになります。

そしていい具合のピリ辛感。日本のすき屋のカレーでも辛すぎて食べれない僕にとっても、ギリ食べれる辛さです。

そしてパンチの利いた味。

香り、辛さ、パンチは串焼き屋さん秘伝のタレによるものですが、塗られているタレが肉にもキノコにも、全ての串焼きにマッチして激ウマです。

パンチの効いたピリ辛感なので、ビールもグイグイすすみます。恐ろしいほどのビールとの相性。

こんなに美味しい串焼きをたっぷり食べてお腹いっぱい大満足になっても使ったお金は100バーツちょい。ものすごい満足感を得れる串焼きです。

串焼き好き、ビール好きの方は一度は食べてもらいたい串焼き屋台の紹介でした。

バンコクナンバー1の串焼き屋台の地図

今回紹介した串焼きやは、こちらの地図の赤ピンの屋台群の中にあります。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ