なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクのナイトマーケット インディーマーケットの紹介

バンコクのインディーマーケット

バンコクの魅力の一つといえばたくさんの屋台があつまるナイトマーケットですが、コロナの影響でパッポンやラチャダー鉄道市場などの有名なナイトマーケットは開催されなくなってしまいました。

そんな中でも現在インディーマーケットは毎晩開催されており、多くの屋台が営業していてたくさんのお客さんで毎日賑わっています。

観光客やバンコク在住者はちょっと行くのがめんどくさい、バンコク郊外にあるインディーマーケットですが、たくさんの屋台やレストラン、バーがあり、ショッピングや食事、飲みなどを一晩中楽しめるナイトマーケットです。

お客さんはほとんどが地元タイ人のナイトマーケットですが、中身はラチャダー鉄道市場と比べても遜色はありません。そんな、観光客にも在住者にもおすすめのインディーマーケットを紹介します。

 

インディーマーケット 地図と行き方

インディーマーケットの場所はバンコクの西側、チャオプラヤー川を越えた先のダオカノンにあります。最寄り駅などはないので、グラブタクシーを使っていくのが一番手っ取り早いです。僕の自宅からインディーマーケットまでは200バーツほどで、バンコク内からだったらどこからでも200バーツ代以内で収まるでしょう。

ちなみにバンコク内には今回紹介しているのとは別のインディーマーケットもあります。そちらはMRTパープルラインのバーンイーカン駅前にあります。

今回紹介しているインディーマーケットの地図はこちらになります。

 

グラブタクシーの使い方はこちら。

インディーマーケットの紹介

f:id:kawada1234:20220412143512j:plain

インディーマーケットには食べ物、服、雑貨・お土産品の屋台やレストラン、バーがあります。マーケット内にある店舗を紹介します。

映えスポット

f:id:kawada1234:20220412143532j:plain

こちらはインディーマーケットの入口です。タクシーで来ると事辺りで降りる事になります。

f:id:kawada1234:20220412143611j:plain

せっかくインディーマーケットに来たのなら、まずはマーケット全体を見渡せる映えスポットに写真を撮りに行きましょう。映えスポットは、入口から入ってすぐに右に行きます。

f:id:kawada1234:20220412143831j:plain

すると螺旋階段のある建物があります。螺旋階段を上った先が映えスポットとなります。

f:id:kawada1234:20220412143934j:plain

マーケット全体が見渡せる映えスポットで記念撮影。早速SNSに投稿します。

食べ物屋台

f:id:kawada1234:20220412144105j:plain

ものすごくたくさんの食べ物の屋台のあるインディーマーケットはビール片手に食べ歩きをするのがとても楽しい。食べ物屋台の一部を紹介します。

f:id:kawada1234:20220412151745j:plain

安くて美味しい串焼き系の屋台がたくさんあります。こちらはタイのソーセージ。ビールに良く合います。鶏肉や豚肉、野菜系や海鮮系など、たくさんの串焼き屋台があります。

f:id:kawada1234:20220412151908j:plain

こちらは今川焼の屋台。今川焼ではタイでもそこそこメジャーで色んな地で屋台をよく見ます。あんこやカスタード、芋など、味もたくさんあります。和食系は他にも寿司の屋台がいくつかありました。

f:id:kawada1234:20220412152019j:plain

ユーチューバーが大好きな昆虫の屋台も何店舗かあります。昆虫、見た目は嫌だし時に足が歯に挟まってなかなか取れなくなったりもしますが、味は普通に美味しいです。虫もビールに良く合います。

f:id:kawada1234:20220412152152j:plain

こちらのパッタイの屋台はものすごい人気。並ぶのが嫌いな人が多いタイ人ですが、行列ができていました。フードデリバリーの人もたくさん待機していました。

こちらはマリファナジュース屋さん。最近いろんな所でみかけるようになりました。

葉っぱも添えられていますが、いわゆる悪い成分は入っていません。タイでは合法です。

f:id:kawada1234:20220412152411j:plain

こちらはケバブ。ノーマル生地と黒い生地があり、具もたくさんの種類があります。

他にもスイーツ系や飲み物系、海鮮系やフライドチキンにガッツリ系と、たくさんの食べ物系の屋台があります。

 

服の屋台

f:id:kawada1234:20220412201646j:plain

Tシャツやタイパンツ、男性用、女性用の服、下着から帽子、タオルまでと、服の屋台もたくさんあります。

f:id:kawada1234:20220412201833j:plain

ステューシーやヴァンズ、ノースフェイスといったブランドTシャツがたくさんある屋台。お値段は200バーツ前後なのでコピー品だと思われますが、最近タイではコピー品販売での摘発が増えてきています。その結果コロナ前にはよく見かけたブランドコピーTシャツを売っているお店も、最近ではあまりみる事がなくなってきましたが、インディーマーケットではまだまだたっぷり売られています。

f:id:kawada1234:20220412202242j:plain

コンバースやヴァンズといったブランドのスニーカーが大量に売られています。お値段は590バーツという安さなので、こちらもコピー品なのでしょう。

スニーカーのコピー品を売っているお店も最近はめっきり見なくなってきました。

f:id:kawada1234:20220412202506j:plain

買い物をしたら袋はH&Mでした。これはお店の人の使い古しなのでしょうか。それとも袋もコピー品なのでしょうか。

f:id:kawada1234:20220412202616j:plain

タイパンツや民族衣装っぽい服もたくさん売られています。

f:id:kawada1234:20220412202707j:plain

タオル屋さんではドラえもんやワンピースやミッキー、サンリオ系のキャラクター物がいっぱい。

最近タイでは無断でキャラクター物を販売しているお店が著作権法違反で摘発されたりもしています。藤子プロやサンリオに印税が入ってないであろうグッズはタイの一般家庭にあふれていますが、この先そういった物もなくなっていくのでしょうか。

f:id:kawada1234:20220412203020j:plain

バンドTシャツも100バーツという安さ。隣には楽器屋さんがあり、謎メーカーの激安ギターなどが売られています。

f:id:kawada1234:20220412203212j:plain

有名ブランドのロゴや有名キャラが描かれている靴下がたくさん売っているお店です。ネヴァーマインドのジャケットのスペンサー・エルデンはこんな所にもいます。

雑貨・お土産品の屋台

f:id:kawada1234:20220413123005j:plain

お土産品や雑貨の屋台もたくさんあります。お土産品っぽい物も地元タイ人は自分用に購入していたりします。

f:id:kawada1234:20220413123137j:plain

日本の駄菓子屋っぽい雰囲気のおもちゃや駄菓子などの屋台。子供がこういう雰囲気のお店が好きなのは全世界共通なのでしょう。

f:id:kawada1234:20220413123323j:plain

スマホケース屋さんもたくさんあります。キャラクター物のスマホケースが屋台から姿を消す日も遠くないのでしょうか。

f:id:kawada1234:20220413123437j:plain

ペット用品店もあります。鳥やハムスターも売られていました。

f:id:kawada1234:20220413123521j:plain

ペット用品店の前ではワンちゃんもナイトマーケット探索を楽しんでいました。

f:id:kawada1234:20220413123554j:plain

地元タイ人や在住者には嬉しい植物屋さんもあります。珍しい形のサボテンがたくさん売られています。

レストラン・バー

f:id:kawada1234:20220413131259j:plain

インディーマーケットの奥はレストランエリアとなっています。

ほとんどのお店がビュッフェ形式で、タイ式焼き肉のムーガタなどが219バーツで食べ放題だったりします。

f:id:kawada1234:20220413131439j:plain

また、マーケットの端っこはバーエリアとなっています。レストランもバーもほとんどが二階席もあります。

f:id:kawada1234:20220413131607j:plain

お腹が空いた僕はお胸の大きなお姉さんが呼び込みをしているバーでしばしお食事&飲みタイムとする事にしました。お姉さんのこの写真を撮るまで、5回ほど撮り直しをさせられました。

f:id:kawada1234:20220413131942j:plain

まずはビールで乾杯。活気のあるナイトマーケットで飲むビールは美味しい。

f:id:kawada1234:20220413132031j:plain

行列の出来ているパッタイが気になったので食べてみる事に。行列ができるのが納得の美味しさです。

f:id:kawada1234:20220413132110j:plain

生牡蠣も発見。外で売られている生牡蠣を危険に感じる方もいるかもしれないですが、氷の上に置かれてしっかり冷やされて売られているので安全です。

f:id:kawada1234:20220413132240j:plain

ついでにケバブもいただきます。具材がたっぷり入っていたケバブ。焦げているのではなく、黒い生地のケバブです。

f:id:kawada1234:20220413132400j:plain

買い物を楽しんだ後はこちらのバーでまったり飲みタイム。

f:id:kawada1234:20220413132434j:plain

僕はビール、奥さんはカクテルを頼んだのですが、カクテルは1バイ1ゲットフリー。ビールも大瓶で、なかなかのアルコール量となってしまいました。

EDMが鳴り響く店内で屋台の灯りを見ながら飲むお酒もいい感じです。

駐車場

f:id:kawada1234:20220413132612j:plain

インディーマーケットの道路を挟んだ隣には駐車場があります。

f:id:kawada1234:20220413132926j:plain

広い駐車場なので、いつ、どの時間に自家用車やバイクで来ても余裕で停めれます。

f:id:kawada1234:20220413132751j:plain

駐車場エリアにも雑貨などを売っている屋台があります。僕の奥さんはこの日、発売されたばかりのiPhone13のケースを探していたのですが、ナイトマーケットにはありませんでした。が、駐車場エリアの雑貨屋でとうとう発見できました。

以上、インディーマーケットの紹介でした。ナイトマーケット好きの方は一度足を運んでみて下さい。

ナイトマーケットも楽しめるアジアンティークについてはこちら。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ