なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

タイ、ホアヒンの民泊は安くて快適!僕が利用したAIRBNBのおすすめの部屋と利用方法。

f:id:kawada1234:20180726204426j:plain

東京にいた時、民泊の運営をしていた僕は旅行をする時もよくAIRBNBを利用しています。

民泊を利用すれば、一人部屋を借りてもホテルよりも安い値段で宿泊できるからです。

予算に限りがある僕が旅行をする時はできるだけ宿泊費を安く抑えたい。

その上でいい部屋に泊まれたら最高ですが、AIRBNBを使って民泊を利用すればその最高の思いを味わう事ができます。

ホアヒン旅行の初日、僕は民泊を利用しました。

民泊を使った事がない人は、民泊ってどうなの?スムーズに利用できて快適に過ごせるの?ホテルのように安心できるの?

という不安を持っている人もいると思います。

また、ホアヒンで民泊利用を考えている方は僕が泊った所がとてもよかったので、紹介していくとともに民泊初心者の方にもどんなものなのか説明していきます。

AIABNBの使い方はこちらになります。

www.bangkok-life-blog.com

予約した民泊の物件まで行く

ホアヒンに到着した僕は、まず荷物を置きに行きたかったのでさっそくAIRBNBで予約した部屋まで行くことにします。

ホアヒンではタクシー配車アプリのglabを使ってもドライバーが一人もいないようなので、駅前にいるタクシーに乗っていく事にします。

f:id:kawada1234:20180727142205j:plain

僕が予約した部屋のオーナーは、メールで住所や鍵を置いている場所を送ってくれていました。

住所はタイ語と英語で書かれています。

なので、このメールをタクシーの運転手に見せます。

タクシーの運転手は場所を理解した用でした。

タクシーに乗り込みます。

f:id:kawada1234:20180802205630j:plain

f:id:kawada1234:20180802205641j:plain

タクシーに乗ってホアヒンの道を進みます。

f:id:kawada1234:20180802205714j:plain

f:id:kawada1234:20180802205722j:plain

時間は午後7時あたり。

タクシーに乗ってる間に辺りはどんどん暗くなっていきます。

予約した部屋に到着

f:id:kawada1234:20180726210232j:plain

タクシーに乗って10分ほどで僕が予約した部屋のあるコンドミニアムに到着しました。

辺りはすっかり暗くなってきました。

コンドミニアムの外観はとても綺麗です。

f:id:kawada1234:20180727144214j:plain

コンドミニアムの入り口にはガードマンがいます。

セキュリティ万全の建物です。

ガードマンにこのメールを見せて、というような事が書いてあるメールも来ていたので、このメールをガードマンに見せます。

これで僕は怪しいものではなく、AIRBNBを利用して泊まりに来た人だという事をガードマンに伝える事ができました。

f:id:kawada1234:20180727142759j:plain

道路を挟んだ向かい側にはファミマがあります。

コンビニがすぐ近くにあるってだけでも泊まる僕からしたらすっごく嬉しい事です。

ひとまずファミマに行き、缶ビールを買います。

f:id:kawada1234:20180727143434j:plain

ビールを買い、コンドミニアムに入ります。

ロビーは高級感がありとても素敵です。

f:id:kawada1234:20180727143643j:plain

部屋の鍵はレターボックスの中にある、とメールが来ていました。

なので、レターボックスのある所へ行き部屋の鍵をゲットして予約した部屋にへ向かいます。

f:id:kawada1234:20180727143833j:plain

f:id:kawada1234:20180727143843j:plain

また、コンドミニアム内にはジムやプールもあります。

これらの共用施設は民泊で泊まってる僕でも利用する事が出来ます。

予約した部屋の様子

f:id:kawada1234:20180727144931j:plain

僕が予約した部屋に到着です。

僕は二人で予約したのですが、タオルとバスタオルは二人分用意されています。

ベッドはとても大きいクイーンサイズ。

部屋の中はとても丁寧に掃除がされていてすごく綺麗で気分がいいです。

f:id:kawada1234:20180727145057j:plain

ソファーや小さなテーブルもあります。

画像には写ってないですが、二人で食事ができるサイズのテーブルと、椅子が二つあり、テーブルの上にはお皿もあります。

f:id:kawada1234:20180727145202j:plain

キッチンもあります。

料理ができる準備も整えられているので、料理好きな人が泊っても満足いくでしょう。

画像には写ってないですが、家庭用サイズの冷蔵庫もあります。

トイレとシャワーも綺麗に掃除がされていて、宿泊客が自由に使えるシャンプーとボディソープが置いてあります。

かなり満足度の高い部屋です。

この部屋を僕はチェックアウトするまで自由に好きかってに使う事ができます。

この部屋の料金

この部屋に一泊したのですが、料金は二人で合計4290円でした。

内訳は、宿泊費が2人分で2045円です。

清掃費が1726円です。

この清掃費というのは一泊しようが一か月泊まろうが料金は固定で1726円のままです。

なので、民泊で同じ部屋に長く泊まれば泊まるほど一日当たりの清掃費は安くなります。

そして清掃費の料金は部屋によって違います。

だいたい1000円から2000円の間ですが、高い所では4000円の所もあったりします。

そしてAirbnbサービス料が519円です。

このサービス料でAirbnbは利益を出しています。

ホアヒンのホテルは安い所でも二人で泊まると一泊8000円近くはします。

ホテルと値段を比べるとかなりお得な料金です。

その上部屋も綺麗で居心地がいいので、4270円という料金はとてもお得です。

ただ、ホテルのように朝食がついていたりはしません。

なかには朝食がでる民泊もありますが、そういう部屋は近くにオーナーがいたり、知らない人と一緒の部屋を使う共同部屋だったりする事が多いです。

ホテルとの違い

ホテルのようにルームサービスもありません。

が、僕にとっては朝食やルームサービスがなくても特に困りません。

それよりも安く泊まれるというのが僕にとってはとても魅力的なので、僕はよく旅行で民泊を利用しています。

また、民泊のオーナーは最後に利用した客から評価とレビューを付けられます。

この評価が高ければ高いほどAirbnb内の検索順位は上がっていくし、お客さんも評価を見て部屋を選びます。

なので、民泊のオーナーは悪い評価が付かないように、いい評価を付けてもらえるように必死です。

部屋の掃除はきっちりするし、客が迷わず部屋に到着できるようにしてくれるし、客からトラブルがあったと連絡がきたらそのトラブルを解決するためにすぐに動いてくれます。

民泊オーナーはホテル以上に客からの評価を気にして行動してくれます。

この部屋を借りるには

僕はこの部屋に泊まって大満足でした。

清潔でロケーションもよく、料金も安い。

なので、ホアヒンで民泊利用を考えている方にはこの部屋をおすすめします。

この部屋はこちらのリンクから予約する事ができます。

www.airbnb.jp

スポンサーリンク
 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク