なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

バンコクでアイススケート。ラマ9のセントラルプラザにある、ザ・リンク(The Rink Ice Arena)

バンコク、ラマ9のアイススケート ザ・リンク(The Rink Ice Arena)

タイ、バンコクに引っ越してきて半年。

分かったのは、バンコクには僕が思っていた以上になんでもあります。

スケートリンクだってあるので、アイススケートもできちゃいます。

タイとアイススケート、なんだか似合いませんが暑いタイだからこそスケートリンクを欲するのでしょう。

タイのお姉さんに、

「アイススケートした事ある?」

と聞いてみたら、

「ないけどやってみたい」

と言われたので、ラマ9の巨大ショッピングモール、セントラルプラザ内にあるザ・リンク(The Rink Ice Arena)アイススケートをしに行きました。

 

ザ・リンクの場所と行き方

f:id:kawada1234:20180828143640j:plain

ザ・リンクのある大型ショッピングモール、セントラルプラザはMRTラマ9世駅と直結しています。

f:id:kawada1234:20180828144245j:plain

ラマ9世駅の改札をでたらすぐにセントラルプラザの入り口が見えてきます。

f:id:kawada1234:20180828144249j:plain

セントラルプラザを外からみたらこうです。

かなり大きい。

f:id:kawada1234:20180828144253j:plain

セントラルプラザの7階にザ・リンクはあります。

f:id:kawada1234:20180828144257j:plain

こちらがザ・リンク。

入り口近くはスケートリンクからの冷気が出ていてひんやりします。

となりは映画館です。

ザ・リンクのアイススケートの料金

f:id:kawada1234:20180828193045j:plain

まずは入り口前のカウンターで料金を払います。

f:id:kawada1234:20180828193049j:plain

日本とは料金形態が違っています。

2時間毎に行われるスケートリンクの整氷の時間で一区切りとなっていて、整氷がはじまったらスケートリンクから出なければいけません。

その区切りの中で2時間スケートをするのなら330バーツ、約1130円。

90分なら280バーツ、約960円。

60分なら240バーツ、約820円となっています。

時間に関してはこちらのザ・リンクのサイトに詳しくかかれています。

The Rink Ice Arena

スケート靴の料金も込みですが、ロッカーを借りる際は別途料金がかかります。

スケートの準備

f:id:kawada1234:20180828194749j:plain

f:id:kawada1234:20180828194752j:plain

お金を払ったらさっそくスケートの準備をしにロッカーへと向かいます。

カフェやスケートグッズ屋さんの前を通り過ぎます。

f:id:kawada1234:20180828195924j:plain

ロッカーに着く前にこちらでスケート靴を借りる事ができます。

f:id:kawada1234:20180828195138j:plain

この機械に足を乗せると靴のサイズがわかります。

店員さんがサイズを見て靴を出してくれるので、言葉がわからなくても問題ありません。

また、この隣の棚には無料で借りれるヘルメットがたくさん置いてあります。

f:id:kawada1234:20180828200335j:plain

スケートリンクの前にはペンギンとアザラシが置いてあります。

初心者の方はこのペンギンやアザラシに捕まりながら滑ると転ばずに滑れます。

f:id:kawada1234:20180828200338j:plain

ペンギンのレンタルは100バーツ。

アザラシのレンタルは150バーツです。

借りる時は近くにいるスタッフの方にお金を支払いましょう。

スケートをする

f:id:kawada1234:20180826172156j:plain

靴を履き替え、荷物をロッカーに預けスケートリンクに行きます。

リンクはショッピングモールの中にあるとは思えないくらい広いです。

僕が行ったのは13時くらいで、滑ってる人はほとんどが小学校低学年や幼稚園くらいの小さい子達でした。

そんなタイのちびっこ子達ですが、みんなびっくりするほどスケートが上手です。

滑っている途中で回転ジャンプしたり、イナバウアーみたいに片足をあげて両手を広げてスィ~~~~~~~~っと滑ったり、新体操のリボンを持ってくるくるさせながら滑ったり。

f:id:kawada1234:20180828202830j:plain

リンクの4分の1ほどは区切られていて、その先では防具を付けてアイスホッケーの練習をしてるちびっ子達がいるのですが、彼らもものすごく上手です。

スティックを持ちながら滑ったりジャンプして、バシっとゴールを決めています。

タイのアイススケートレベル、かなり高くて驚きです。 

僕はスケートはほとんどやった事がなくて上手くはないですが、開始10分くらいでなんとか滑れるようにはなりました。

ただ、調子に乗って滑っていたら思いっきり転倒してかなり激しく顔をスケートリンクに打ち付けました。

アラフォーの僕はもう上手に転ぶ事すらもできなくなっていて、それがとても残念でなりません。

近くにいたタイのちびっ子は思いっきり顔を打ち付けた僕を心配して僕の顔を覗き込んでいました。

この日初めてスケートをしたタイのお姉さんは、10分起きくらいに転んでいました。

「きゃぁぁぁーーー!!!」ズドン!!!

という悲鳴と音の発信源は全てタイのお姉さんでした。

ちびっ子達は全然転びません。

転びそうになってもうまくバランスをとって転倒を回避します。

f:id:kawada1234:20180828202902j:plain

途中から身の危険を感じたのでしょう。

タイ姉さんはヘルメットを装着しだしました。

転んでも転んでもスケートを続けていて、初めてのアイススケートはとても楽しかったそうです。

途中から何人かの学校帰りのちびっ子達がお母さんに連れられてきたのですが、ちびっ子達はみんな上手に滑っていました。

このスケートリンクの中で一番下手なのはタイ姉さん、そして二番目に下手なのは僕でした。

f:id:kawada1234:20180828203239j:plain

そして14時20分、スケートリンクの整氷が始まりここでスケートの時間は終了です。

みな、スケートリンクを後にします。

整氷が終わる20分後にまたお金を払えばスケートを続ける事ができますが、あまりにも疲れ果てたので今回はここで終了する事にしました。

かなり久しぶりにアイススケートをやったのですが、やったらとても楽しいものです。

また、服装ですが特に決まりはありません。

どんな服装でもオッケーです。

僕は普通の長ズボンと長袖シャツをきていたのですが、途中で暑くなって長袖シャツを脱いでTシャツ姿でスケートをしました。

タイ姉さんはもふもふしているあったかそうな上着にショートパンツという恰好でした。

ショートパンツだと転んだ時に直に打ち付けるので、終わった後のタイ姉さんの足はアザだらけでした。

お店情報と地図

住所(英語) L7,701, Centralplaza Grand Rama 9, Ratchadaphisek Rd, Khwaeng Huai Khwang, Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400
住所(タイ語) L7,701, Centralplaza Grand Rama 9, ถนนรัชดาภิเษก แขวง ห้วยขวาง เขต ดินแดง กรุงเทพมหานคร 10400
電話番号 +66 2 103 4750
年中無休

スポンサーリンク
 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク