なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

タイのATMでキャッシュカードを使わずにお金を下す方法

タイ アユタヤ銀行のATM

タイのATMではキャッシュカードを使わずに、スマホアプリとATMの操作だけでお金を下す事ができます。

僕が利用しているアユタヤ銀行(Krungsri Bank、クルンシィ銀行)でもカードを使わずにお金を引き出す事ができます。

タイのATMって日本のと比べるとトラブルになる事が多く、過去に僕は旅行中にクレジットカードがのまれてATMから出てこなくなったり、日本のATMとはお金とカードの出てくるタイミングが違うのでお金だけとってキャッシュカードを取り忘れたり、ATMがカードを読み込んでくれなくなったりした、なんて事がありました。

ちなみにカードが読み込まれない時は、除菌用アルコールなどでカードのICチップの部分を拭けばほぼ解決します。

カードを使わなければそんなトラブルに見舞われる事もなく、カードを持ち歩く必要もなくなります。若干便利になるカードを使わずにATMでお金をおろす方法を説明するので、気になる方は参考にしてください。

こんかいはアユタヤ銀行の方法を紹介しますが、タイの銀行だったら他の銀行でもだいたいどの銀行も似たような方法でキャッシュカードを使わずにお金を下す事ができます。

 

スマホアプリの操作

キャッシュカードを使わずにATMでお金を下すには、まずはアプリを起動します。アプリがないという方、登録方法がわからないという方は、銀行の窓口に行きましょう。

アユタヤ銀行の場合はエムクオーティエの窓口に行けば、アプリの登録方法をその場で日本語で教えてもらう事ができます。

アプリを起動したら、左上にある【Krungsri cardless】をタップします。

するとこの画面になります。送金情報をATMに送るよっていう確認の画面なのでしょう。

タップして次の画面に進みます。

f:id:kawada1234:20211007115444j:plain

するとこの画面になるので、引き出す金額を選びます。自分で金額を入力する事も可能です。

金額を選んだら【NEXT】をタップして次の画面に進みます。

f:id:kawada1234:20211007115601j:plain

すると送金情報の確認の画面になります。僕の口座情報からKrungsri ATMに送金情報を送るって確認の画面です。

OKなら、画面下の【CONFIRM】をタップして次の画面に進みます。

f:id:kawada1234:20211007115809j:plain

すると6桁の番号が表示されえます。

この番号はATMに入力するコードなので、画面は閉じずにそのままにしておきます。

このコードの有効時間は5分なので、時間内にATMで操作をする必要があります。なので、スマホの操作はATMの近くでやっておいた方がいいでしょう。

 

ATMの操作

f:id:kawada1234:20211007120120j:plain

スマホでコードを表示させたらATMの操作になります。アユタヤ銀行の場合は黄色いATM。

f:id:kawada1234:20211007120210j:plain

まずは最初の画面の右下にある【Cardless ATM】を選択します。

f:id:kawada1234:20211007120539j:plain

すると電話番号を入力する画面になるので、銀行に登録している電話番号を入力します。

f:id:kawada1234:20211007120617j:plain

入力したら【Amount】という文字が表示されるので、引き出す金額を入力します。

電話番号と金額を入力し、間違いがなかったら【Correct】を選択して次の画面にすすみます。

f:id:kawada1234:20211007120728j:plain

するとコードを入力する画面になります。

スマホに表示されている6桁の番号を入力して、【Correct】を選択して次の画面に進みます。

f:id:kawada1234:20211007120931j:plain

すると現金が出てきます。

画面には現金をお受け取り下さいと日本語でも表示されます。忘れずに現金をとって操作終了。

スマホアプリにはすぐに取引情報が反映されます。

以上がタイのATMでキャッシュカードを使わずに、スマホアプリとATMの操作だけで現金を下す流れになります。

ワークパーミットなしの僕がタイで銀行口座を作った方法はこちら。

タイでクレカのキャッシングやショッピングで損をしないための注意点はこちら。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ