なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

ヤンゴンのリーズナブルな高級ミャンマー料理レストラン パドンマ【PADONMAR】

ヤンゴンのミャンマー料理店 パドンマの紹介

ミャンマー・ヤンゴンには日本人の味覚にあう美味しいミャンマー料理が食べれるレストランがたくさんありますが、パドンマ(PADONMAR)もその一つです。

どんな料理があるのか知らずに来たミャンマーでこれまで食べたミャンマー料理はどれも美味しく、値段もリーズナブルで毎回満足度の高い食事になりました。

ヤンゴン滞在中にちょこちょこミャンマー料理を食べた僕ですが、この日の夜もミャンマー料理が食べたくなり、観光客に人気のレストラン、パドンマに行ってみる事にしました。

ちなみにパドンマは高級レストランともいわれているようですが、日本人の感覚からすると普通の値段です。

 

パドンマの場所と行き方

パドンマはシュエダゴン・パゴダから1キロくらいの場所にあります。

ヤンゴンの中心部やダウンタウンからも近く、ヤンゴン市内のどこからでもタクシーでサクッといける場所にあります。

僕はグラブでタクシーを呼んでパドンマまで行きました。

ヤンゴンでの移動はタクシー配車アプリのグラブを使う事をおすすめします。

ヤンゴンでは観光客相手に倍近い値段でぼったくってくるタクシー運転手も少なくないですが、グラブを使えばボッタくられる心配はないし、 アプリ内で行き先を指定できるので言葉が通じなくても問題なくスムーズに目的地に行く事ができます。

グラブの使い方はこちら。

f:id:kawada1234:20190202195438j:plain

パドンマはオシャレな一軒家のレストランです。

建物内だけでなく、庭にある席でも食べる事ができます。

昼間にいくと素敵な建物をはっきりと見る事ができます。

f:id:kawada1234:20190202195559j:plain

僕は夜に行ったのですが、パドンマの周りはこんな感じでした。

そこそこの暗さです。

オシャレライトなので光は弱いです。

タクシーでパドンマの前でおり、細い道を数メートルほど歩くとパドンマになります。

パドンマの様子

f:id:kawada1234:20190202195756j:plain

こちらがパドンマの一軒家。

昼と夜では印象が全然違います。

画像だとやたらと暗くみえますが、実際に夜に行くとここまでの暗さではなく、オシャレ感も十分にあります。

f:id:kawada1234:20190202195911j:plain

入り口前の店員さんに屋内で食べるか外で食べるかをきかれたので、外で食べる事にします。

時間は21時近く。

お客さんがピークの時間は終った様子ですがそれでも何組かお客さんはいます。

f:id:kawada1234:20190202200306j:plain

パドンマの中はこうなっています。

オシャレで高級感が漂っています。

パドンマのメニュー

f:id:kawada1234:20190202200402j:plain

パドンマにはかなりたくさんのメニューがあります。

f:id:kawada1234:20190202200407j:plain

最初のページに大きく写真まで載っているカレー、こちらが看板メニューなのでしょう。

f:id:kawada1234:20190202200410j:plain

お値段は高くても7500チャット、日本円で約544円です。

高級レストランですが、日本人からしたらリーズナブルな価格です。

f:id:kawada1234:20190202200415j:plain

ビールやソフトドリンクなど、食べ物だけでなく飲み物も充実しています。

f:id:kawada1234:20190202200418j:plain

また、入り口前にある大きな看板には一部の料理のメニューが日本語で書かれています。

 

パドンマ いただきます

f:id:kawada1234:20190204171342j:plain

まずはミャンマービールをいただきます。

お値段は約220円。

ミャンマーで飲むミャンマービールは相変わらず美味い。

ちなみにミャンマービールはアジアナンバー1ビールに選ばれた事があります。

f:id:kawada1234:20190204171933j:plain

こちらはお通しのようなものなのでしょう。

ビールを注文するとついてきます。

サクッとして美味しい。

f:id:kawada1234:20190204172104j:plain

ビールを飲んでいたら料理が運ばれてきました。

まずはカリフラワーのサラダ。

お値段は3200チャット、約230円です。

見た目通りカリフラワーを炒めた料理ですが、日本人好みの味付けで美味しいです。

中国から渡ってきた料理なのでしょうか。

f:id:kawada1234:20190204172037j:plain

こちらはヒョウタンの春雨スープ。

お値段は1200チャット、約90円です。

ミャンマーの代表的なスープと説明書きがされていたのですが、思った以上にクセがあります。

このクセがミャンマー風の味つけなのでしょう。

全然食べれますが、僕はこのクセがちょっと苦手でした。

f:id:kawada1234:20190204172512j:plain

そしてこちらはカレーです。

店員さんにこの店の一番のおすすめを聞いたらカレーと言われたので注文しました。

ミャンマーレストランでカレーを食べたのはこれで二度目です。

インドだけでなく、ミャンマーもカレーが名物のようです。

お値段は7000チャット、約510円ですが、この値段にしてかなり美味しい。

さすがおすすめの一品なだけはあります。

僕は辛い食べ物が苦手で、カレーは中辛までしか食べる事ができません。

辛すぎて、すき家のカレーを食べる事はできません。

そんな僕でもとても美味しく食べる事ができます。

日本人の辛い食べ物が苦手な子供でも美味しく食べれる辛さです。

f:id:kawada1234:20190204172837j:plain

カレーを頼んだのならライスも注文しないといけません。

ライスは700チャット、約50円です。

パドンマのカレーはそのままで食べてもとても美味しいのですが、ライスにかけて食べるとより美味しい。

カレーとライスでご飯がすすみます。

f:id:kawada1234:20190131140428j:plain

こちらが僕が注文した全てになります。

これだけ食べてお値段は合計で15,100チャット、約1100円です。

美味しい料理をお腹いっぱい食べれて、ビールも美味しくてこのお値段。

ヤンゴンでは満足度の高い食事をしっぱなしです。

パドンマも大満足。

ただ、外で食べていたから足を何カ所か蚊に刺されました。

外の席で食べたいけど蚊に刺されるのは嫌だという方は虫よけスプレーを忘れずに。

ミャンマー・ヤンゴンの楽しみ方

ミャンマーのヤンゴンのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

パドンマの営業情報と地図

住所(英語) 105/107, Kha-Yae-Pin Road, Yangon 11191
電話番号 +95 1 538 895
営業時間 11:00~23:00

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ