なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

チェンマイの夜をクラブで楽しむのならZoe in Yellowがおすすめ

チェンマイのクラブ Zoe in Yellowの紹介

タイ・チェンマイにはいくつかクラブがありますが、地元民が一番おすすめする一番有名なクラブといえばZoe in Yellowになります。

地元タイ人に大人気のZoe in Yellowは観光客にも人気で、毎晩たくさんの人が集まっては大音量のクラブミュージックに合わせて踊ったり、お酒を飲んだりと大盛り上がりしています。

チェンマイの夜をクラブで楽しみたいという方は必ず行くべきクラブです。

入場料は無料なので、どこで遊ぶか決めかねている方は盛り上がってくる23時近くにどんな様子か覗いてみてから考える、なんて事もできます。

チェンマイで知り合ったお姉さんとクラブに行く事になった僕は、お姉さんおすすめのZoe in Yellowに行く事になりました。

 

Zoe in Yellowの場所と行き方

Zoe in Yellowは旧市街地の中にあります。

ターペー門から徒歩10分くらいの場所になります。

タクシーやトゥクトゥクでZoe in Yellowと言えば伝わりますが、言葉が伝わるか不安だったりタクシーを捕まえられるか不安な方はグラブタクシーを使う事をおすすめします。

僕はチェンマイ姉さんの車でZoe in Yellowと隣接しているレストラン、Chiangmai Tea Houseまで行き、そこで食事をしてから歩いて行きました。

地元民にも観光客にも人気のレストランChiangmai Tea Houseについてはこちら。

f:id:kawada1234:20190320173809j:plain

食事を終え、近くの道を歩いてみます。

周りにはたくさんのバーが並んでいます。

f:id:kawada1234:20190320173840j:plain

バーが並んでいる通りを歩いているとZoe in Yellowがあります。

頭上にはたくさんの傘があり、とても素敵な光景です。

道の両端にZoe in Yellowがあります。

片方はバーカウンターと小さなダンスフロアがあり、外にはとても広いテラス席があるZoe in Yellow。

もう片方は屋内のクラブ、Zoe in Yellow pubです。

どちらも入場料は無料です。

 

Zoe in Yellowの様子

f:id:kawada1234:20190320174042j:plain

まずはZoe in Yellowの方に行ってみます。

小さなダンスフロアでは音楽に合わせて踊っている人がいます。

時間は22時近く、チェンマイ姉さんは『まだまだ全然人がいない』と言っています。

f:id:kawada1234:20190320174509j:plain

出された料理は全部食べるがモットーのチェンマイ姉さんは、ここに来る前に行ったレストランで思った以上にたくさんの量の食事が運ばれて来て、それを頑張って食べたせいで限界を超えた満腹状態。

苦しくなり食休みモードに入っています。

ダンスフロアの後ろにはバーカウンターがありますが、店員さんがほしい飲み物がないか定期的に聞きに来てくれます。

ビールは70バーツになります。

f:id:kawada1234:20190320174853j:plain

22時30分頃になると、少しずつ人が増えてきます。

人が増えてくるのを見計らってDJも『ジャパラ~~ン♪ジャンプ♪ジャンプ♪ジャンプ…』と、どの国のどの世代の人が聞いてもテンションが上がる曲をかけてきます。

一気に店内は盛り上がっていきます。

f:id:kawada1234:20190320175114j:plain

外を見ると、路上も盛り上がってきています。

路上にも踊っている人や何かのパフォーマンスをしている人がいて、それを見るために足を止める人もたくさんいて、どんどん人が増えてきます。

f:id:kawada1234:20190320175247j:plain

店内だけでなく路上でも乾杯をするグループ現れてきました。

Zoe in Yellowの店員さんは路上にいる人にもオーダーを取りに行っています。

f:id:kawada1234:20190320175328j:plain

おじいさんが一人で来ました。

おじいさんも音楽に合わせてノリノリアゲアゲで踊っています。

僕も将来はこんなジジイになりたい!

f:id:kawada1234:20190320175423j:plain

飲んだくれ丸出しのお姉さん達が歩いてきました。

f:id:kawada1234:20190320175438j:plain

Zoe in Yellowの前で足を止め、踊りだします。

みんな盛り上がっていて楽しそうです。

f:id:kawada1234:20190320175545j:plain

23時になると、Zoe in Yellowの前はものすごい人だかりができてきました。

f:id:kawada1234:20190320175634j:plain

満腹でぐったりしていたチェンマイ姉さんも完全復活!

f:id:kawada1234:20190320175837j:plain

Zoe in Yellowの小さなフロアには入りきれないほどの人が集まってきました。

Zoe in Yellow pubの様子

f:id:kawada1234:20190320180143j:plain

人が多すぎるZoe in Yellowを出て、向かいにあるZoe in Yellow pubに行ってみる事にします。

Zoe in Yellow pubも入場料は無料です。

f:id:kawada1234:20190320180407j:plain

店内に入るとバーカウンターがあります。

ひとまずここでビールを購入。

f:id:kawada1234:20190320180230j:plain

店内の正面にはDJがいて、ここでもたくさんの人が音楽に合わせてダンスをし、大盛り上がり。

f:id:kawada1234:20190320180703j:plain

人が多すぎて踊りたくても踊れずに棒立ち状態になってしまっている人もいます。

屋内でこの人口密度はきついのでここは早々に出て、Zoe in Yellowに戻る事にします。

f:id:kawada1234:20190320180743j:plain

時間は24時近く。

店を出たら路上は更に多くの楽しそうな酔っ払い達で溢れかえっています。

Zoe in Yellowから流れてくる音楽に合わせて踊ったり、歌ったり、知らない人同士で『イエ~~イ、かんぱ~~~い!』と、路上もクラブ状態。

路上でたくさんの陽気な酔っ払いと音楽を聞きながら楽しむというこの状況はフェスに近いものがあり、ものすごく楽しい。

チェンマイ姉さんがZoe in Yellowが一番おすすめのクラブと言っていたのも納得です。

ちなみにこの日は平日です。

祝日でもなんでもなく、普通の木曜日でもこの状態です。

週末や祝日前などはさらに激しく盛り上がっているのでしょう。

Zoe in Yellowで飲んで踊って騒いでものすごく楽しい時間を過ごし、僕のチェンマイ最後の夜は終わりました。

チェンマイ姉さんと知り合った経緯はこちら。

タイ・チェンマイの楽しみ方

チェンマイのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

Zoe in Yellow 営業情報と地図

住所(英語) Ratvithi Rd, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200
住所(タイ語) 1ถนนราชวิถี ตำบล ศรีภูมิ อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50200
電話番号 083 989 4925
営業時間 18:00~0:00 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ