なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

バンコク・トンローの囲炉裏十番 絶品和食料理店の竹めしがうまい

バンコク 囲炉裏十番の紹介

バンコク・トンローにある和食料理店、囲炉裏十番。

日本直送の旬の魚介類の囲炉裏焼きや藁焼きが楽しめるお店です。

バンコクのフリーペーパーには毎回このお店の広告が載っているのですが、広告に載っているいるお店の大将の写真が『確実に美味い料理を作る職人顔』なのでずっと気になっていました。

f:id:kawada1234:20181227165352j:plain

タイ人のお姉さんが囲炉裏十番の広告に載っている竹めしの写真を見て、『この美味しそうなのは何?』と聞いてきたのですが、僕は竹めしなんて食べた事がありません。

竹めしの存在自体も知りません。

美味い料理を作る顔の大将の竹めし、ものすごく気になります。

という事で囲炉裏十番に行ってみました。

 

囲炉裏十番の場所と行き方

f:id:kawada1234:20181227170104j:plain

囲炉裏十番はどの駅からも歩いていくのはちょっとめんどくさい距離にあるのですが、一番近い駅はBTSトンローになります。

トンローからでも歩くと30分くらいはかかりそうなので、タクシーで行く事にしました。

f:id:kawada1234:20181227170319j:plain

細い道を通ったりもしてドライバーは若干迷いましたが、囲炉裏十番に到着です。

完全なる和風の外観です。

囲炉裏十番へ行くには予め目的地を地図上に表示でき、ドライバーと話さなくても目的りに到着できるタクシー配車アプリ、グラブを使っていく事をおすすめします。

グラブの使い方はこちら。

囲炉裏十番 店内の様子

f:id:kawada1234:20181227170740j:plain

f:id:kawada1234:20181227170749j:plain

店内に入ると棚にはお酒の瓶がびっしり。

木とレンガの内装で照明はやや暗く、落ち着いた雰囲気です。

f:id:kawada1234:20181227170823j:plain

料理人はマスクをして調理をしています。

徹底した心遣いです。

f:id:kawada1234:20181227170807j:plain

天井はかなり高く、照明もオシャレ。

f:id:kawada1234:20181227170842j:plain

このお店の照明、全部日本酒の瓶を使っています。

これは自宅でもマネしたくなる。

大変そうだから実際にはマネしませんが。

囲炉裏十番のメニュー

f:id:kawada1234:20181227172237j:plain

f:id:kawada1234:20181227172248j:plain

囲炉裏十番のメニューです。

サラダは和風の物が数種類あります。

f:id:kawada1234:20181227172254j:plain

こちらはおつまみ系。

ポテトサラダからからすみ、エイヒレ炙りや漬物と、かなりたくさんあります。

ビールにも日本酒にも焼酎にも合う美味しそうなおつまみが満載です。

f:id:kawada1234:20181227172259j:plain

f:id:kawada1234:20181227173025j:plain

囲炉裏焼きと藁焼き、燻製のメニューもたくさんあります。

さんま竹筒なんて、かなり気になります。

f:id:kawada1234:20181227173317j:plain

お刺身も充実しています。

f:id:kawada1234:20181227173142j:plain

旬のおすすめや、懐石料理のコースもあります。

f:id:kawada1234:20181227172312j:plain

ご飯ものやうどん、デザートもあります。

f:id:kawada1234:20181227172316j:plain

ビールはサッポロとシンハー。

竹酒というのもあります。

 

囲炉裏十番 いただきます

f:id:kawada1234:20181227173521j:plain

まずはサッポロビール。

お値段は270バーツ、約920円。

円への換算はこれを書いている今のレートでしています。

バンコクでの僕の行動範囲内ではアサヒを置いてあるお店は多いのですが、サッポロはあまりお目にかかれません。

僕が一番好きなサッポロビールで乾杯です。

f:id:kawada1234:20181227173819j:plain

お次はポテトサラダ、160バーツ、約550円。

このちょっと豪華なポテトサラダがものすごく美味しい。

僕が今まで食べたポテトサラダの中でもトップ3に入ります。

f:id:kawada1234:20181227174037j:plain

お次は長芋の梅漬け、180バーツ、約610円。

タイ人にしては珍しい、梅が大好きなタイ姉さんが注文したものです。

タイ姉さんは美味しそうに食べていました。

f:id:kawada1234:20181227174332j:plain

こちらもタイ姉さんが注文したささみ梅。

お値段は160バーツ、約544円です。

長芋よりも安いのに驚きです。

f:id:kawada1234:20181227174553j:plain

梅料理を食べていたらビールがなくなったので、お次は竹酒の冷酒を注文。

お値段は320バーツ、約1090円です。

竹酒という物の存在もこの日初めて知りました。

f:id:kawada1234:20181227174746j:plain

竹酒は店員のお姉さんが注いでくれます。

竹から注がれたものを竹で飲む。

こんな飲み方をしたらどんな物でも美味しさがアップするでしょう。

f:id:kawada1234:20181227181713j:plain

厨房を見ると大きな炎が。

藁焼き料理を作っているのでしょうか。

f:id:kawada1234:20181227174952j:plain

お次はホタルイカ。

360バーツ、約1220円です。

お店の大将はタイ姉さんに、『この調味料で食べて。もしこれが合わなかったらこっちの調味料を使って』と、タイ語で丁寧に説明してくれます。

さすが美味い物を作る顔の大将。

接客サービスも超一流。

タイ姉さんは、この日食べた物で一番美味しかったのはこのホタルイカだと言っていました。

f:id:kawada1234:20181227175416j:plain

お次はハマチの刺身、330バーツ、約1320円。

f:id:kawada1234:20181227175420j:plain

そして金目鯛の刺身、420バーツ約1430円。

美味しいので贅の限りを尽くしてしまいます。

同じ刺身でも、作る料理人によって味が違うというのは今まで何度か体験しましたが、ここの刺身は最高です。

噛めば噛むほど美味しい脂がじんわりと出てくる新鮮な刺身と竹の香りのする竹酒の相性も抜群。

f:id:kawada1234:20181227180848j:plain

すでに散々飲み食いしてしまいましたが、竹めしの登場です。

f:id:kawada1234:20181227180853j:plain

店員のお姉さんが竹を開いた瞬間、いい香りが漂ってきました。

匂いだけでもすでに美味しい!!

f:id:kawada1234:20181227180857j:plain

竹の中には具沢山のご飯。

f:id:kawada1234:20181227180901j:plain

お姉さんが器によそってくれた竹めし、ものすごく美味しい。
味のつけられたご飯と柔らかくて美味しいタケノコ、そして竹のいい香りがものすごくマッチします。

梅料理や刺身を満喫して満腹に近い僕とタイ姉さんだったので、竹めしは少しだけ食べて持って帰ろうという話をしていました。

が、あまりの美味しさに全て店内で食べてしまいました。

かなり飲み食いしてしまいまいしたがお目当ての竹めしも、それ以外の物もとても美味しくて大満足。

ただ、残念なのは僕たち囲炉裏焼き料理と藁焼き料理は何も注文していません。

近々もう一度行って、囲炉裏焼き料理と藁焼き料理を満喫しようと思います。

周辺のおすすめスポット

トンロー周辺での食事やショッピング、遊びや観光のおすすめはこちら。

囲炉裏十番 お店情報と地図

住所(英語) 36/1 1Fl. Soi Promphak, Klongtan-nua, Wattana, Bangkok 10110
電話番号 02 392 0489
営業時間 17:30~23:30 
定休日 日曜日

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ