なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

雨期のクラビ旅行の楽しみ方 3泊4日の僕のケース

タイ クラビ(thailamd krabi)

美しい海と特徴的な石灰岩の岩山に囲まれたタイの秘境、ビーチリゾートであるクラビはバンコクから3時間ほどの距離にあります。

他ではなかなかお目にかかれない圧倒的な大自然の豊かさを満喫できるクラビですが、雨期に行っても十分に楽しめます。むしろ雨期に行った方がホテルが安かったりと、ちょっとしたお得感も得る事ができます。

クラビ旅行を考えている方は雨期だと心配になるかもしれませんが、僕は雨期のクラビも十分に楽しめました。

天気予報を見たらがっかりするでしょうがタイの雨期は雨が降っても1~2時間で止みます。雨期のクラビ旅行を満喫してきた僕、その日ごとの天気予報とともにどんな風にクラビ旅行を楽しんだかを紹介するので、これからクラビ旅行を考えている方は参考にして下さい。

 

雨期の天気予報

僕がクラビに行く前にチェックした週間予報はこうでした。旅行は8月11日から14日までの予定でしたがどの日も全て雨と雷マークで所により雷雨という表示だらけ。

降水確率も50パーセントを越えている日だらけです。ビーチリゾートに行くというのにこの天気予報は日本人の感覚だったらなかなか絶望です。

ただ、タイの天気予報は雨期でもそれほど気にする事はありません。降水確率80%でも雨は1~2時間程度で止みます。そして雨が止んだら空は一気に晴れてものすごくいい天気になります。

なので雨期にビーチリゾートへの旅行を計画しても何の心配もいりません。

1日目

天気予報

クラビ旅行前日、天気予報を確認したら降水確率は40パーセント。所により雷雨との予報。移動中の乗り物に乗っている間に雨が降ってほしいと願うばかりです。

午前

朝5時起きでタクシーで自宅からスワンナプーム空港へ移動。飛行機に乗り、クラビへと向かいます。

飛行機に乗る事1時間30分。飛行機は無事にクラビ空港に到着。クラビ空港からはバスに乗ってホテルへと向かいます。

バンコクからクラビへ行く方法と料金・所要時間はこちら。

空港から30分もかからずホテルに到着。ホテルについた時間は10時頃でまだチェックインの時間前でしたが、ホテルの人が気を利かせてくれて部屋に入る事ができました。

クラビの天気は快晴。部屋に荷物を置き、まずはレンタルバイクを借りに行く事にします。

アオナンビーチ沿いを歩きながらレンタルバイク屋を探します。そして発見したのがアオナンツーリストセンター。こちらでバイクをレンタルします。

バイクを借りるのに必要な物はパスポートだけ。免許は必要ありません。

バイクのレンタルついでにアイランドホッピングツアーにの申し込みもします。

アオナンツーリストセンターの場所やレンタルバイクを借りる方法はこちら。

午後

お腹が空いていたのでレンタルバイク屋のお姉さんかお兄さんか分からない人におすすめのタイ料理レストランを聞きます。

おすすめされたレストランがワンサイシーフード。

海を見ながら食事を楽しめる素敵なレストランです。

辛さなし、赤くないトムヤンクンやラートナーなどをいただきます。

地元民であるレンタルバイク屋の人のおすすめなだけあってどれを食べても美味しい上にお値段もリーズナブル。大満足のランチタイムを過ごします。

ワンサイシーフードの場所や料理、料金について詳しくはこちら。

お腹がいっぱいになり、ホテルに戻ります。

水着に着替え、ホテルのプライベートビーチでビールを飲んだりスマホをいじったり海水浴をしたりとまったりと過ごします。

とてもいい天気で海水浴日和。太陽の周りにある膜は円形の虹なのでしょうか。

14時頃、急に突風が吹いてきて海が荒れだし、空も雲に覆われ始めてきました。

そして激しいスコール。慌てて部屋に戻ります。

部屋に戻り、バルコニーでタバコを吸いボーっと過ごしていると、目の前の木でリスや野鳥が雨宿りをはじめました。

ちょっとうれしい天然動物園を眺めていたら1時間ほどで雨は止みました。1時間の間にいろんな機器の充電も完了。

時間は15時。まだまだやれる事がたくさんある時間です。

という事でボートに乗ってライレイビーチを目指します。ライレイビーチはアオナンビーチと陸続きですが、石灰岩の崖に覆われているために陸路で行く事ができず、ボートでしか行く事ができません。

空はすっかり晴れていい天気。

f:id:kawada1234:20200821132933j:plain

スコール後だからでしょう、砂浜にはたくさんの木片やらがあります。海水も多少にごっています。

ただ、水温は暖かく海は遠浅で海水浴を楽しむには問題ありません。

f:id:kawada1234:20200821170801j:plain

石灰岩の岸壁やたくさんの緑に囲まれた海を見れるなんていう、クラビならではの素敵な光景をビールを飲みながら過ごし最高に贅沢な時間をまったりと満喫します。

アオナンビーチからライレイビーチへの行き方はこちら。

f:id:kawada1234:20200822172048j:plain

夜はナイトマーケットのアオナン・ランドマークを探索します。

オシャレな雑貨やお土産品がたくさん売られているナイトマーケット。各お店を見て周るのが楽しい。

f:id:kawada1234:20200823154750j:plain

そのままナイトマーケットでディナー。

生演奏を聴きながら、ビールと共にカニや焼き鳥、ラープや見た事がない貝のグラタンのような料理を食べてお腹いっぱい。

アオナン・ランドマークについて詳しくはこちら。

f:id:kawada1234:20200905193644j:plain

ナイトマーケットを楽しんだ後はアオナンビーチ沿いにあるバーへ移動。

夕方、このバーの前で店員のお兄さんがカクテル100バーツというビラを配っていました。

100バーツというお値段に惹かれ行ってみてカクテルを堪能。すっかり酔っぱらってこの日を終えます。

1日目、1時間ほど雨は降りましたが僕の行動に大きな影響を与えるような事もなく、思う存分クラビを楽しみました。

2日目

天気予報

f:id:kawada1234:20200905194206j:plain

二日目の日中の天気予報は40%以下。安心の数字ですが、所々雨と雷マークがあるのが気になります。この日は前日予約したアイランドホッピングツアーに行きます。

綺麗なビーチを堪能する気満々なので、ツアー中に雨が降らない事を祈るばかり。

午前

f:id:kawada1234:20200905194649j:plain

7時30分に起きてホテルのプライベートビーチ近くの会場で朝食ビュッフェをいただきます。青空が広がってとてもいい感じの朝。

朝8時にツアーのバンがホテルに迎えに来てくれて、ノッパラッタラ桟橋へ移動します。ノッパラッタラ桟橋からボートに乗って島巡りスタート。

f:id:kawada1234:20200905195327j:plain

ツアー参加者は8人。天気は良くてみんなクラビの絶景を写真に撮っています。コロナ渦中のクラビ、最初はみんなマスクをつけていましたがけっこう序盤からマスクをつけている人は誰もいなくなりました。

帽子、マスク、サングラスというスタイルの人が多かったのですが、犯罪者の集団のようでクラビの景観に似合わない。

f:id:kawada1234:20200905195618j:plain

第一の上陸地点が見えてきました。ライレイ イーストビーチにボートを泊めて、島を少し歩きます。

f:id:kawada1234:20200824180701j:plain

プランナンビーチに到着。海の真上にはむき出しの崖があります。緑色の海にトゲトゲしている石灰岩の崖、この絶景にみんな圧倒されています。

崖に囲まれている為にボートでしか来る事ができないプランナンビーチ、わざわざボートで来る価値は十分にあります。

f:id:kawada1234:20200824182221j:plain

プランナンビーチ観光を終え、ボートに乗って次の目的地へ向かいます。

f:id:kawada1234:20200824190512j:plain

そしてタップ島に到着。僕がこのツアーで一番興味深々だった島です。

透明度の高く美しい海水は、海に潜らなくても泳いでいる魚の姿を見る事ができます。真っ白な砂浜は潮が引くと隣にあるチキン島と陸続きに繋がるタレー・ウェークという現象がおこります。

f:id:kawada1234:20200824192233j:plain

タップ島で海水浴やシュノーケリングを楽しみます。天気は良く、綺麗な海で泳ぐのは気分がとてもいい。

浅瀬にもたくさんの魚がいるので、シュノーケリングも楽しめます。

f:id:kawada1234:20200827185345j:plain

タップ島の次はチキン島。鳥の頭のような形をしている岩があるのでチキン島という名がついています。

チキン島には上陸せずに周辺でシュノーケリングを楽しみます。

が、空を見ると雲がどんどん厚くなり、風も吹いてくるようになってしまいました。雨間近という感じがします。

f:id:kawada1234:20200827185917j:plain

でも多少の雨が降ろうが海に潜るので関係なし。曇っていても水温は暖かく、寒さは一切感じません。

f:id:kawada1234:20200827190057j:plain

水中にはたくさんの魚達。海底には綺麗で大きい貝やものすごく長い針のウニ。

海に潜り魚を追ってシュノーケリングを楽しみます。

午後

f:id:kawada1234:20200827191720j:plain

シュノーケリングの後はボートで最後の島のポダ島へ移動。

f:id:kawada1234:20200827192000j:plain

ポダ島でお昼ご飯。お昼はツアー会社が用意したマッサマンカレーやチキン。フルーツもたっぷりで好きなだけ食べる事ができます。

ご飯を取り、ツアー参加者は島内の好きな場所でご飯を食べます。

f:id:kawada1234:20200827192102j:plain

僕は木でできたベンチでご飯を食べます。すると、とうとう本格的な雨が降り出してきました。最初は天気雨だったのですが、見る見るうちに空は雲で覆われて土砂降り。

雨の中ご飯を食べます。

f:id:kawada1234:20200827192645j:plain

ご飯を食べた後はポダ島のビーチで海水浴やシュノーケリングを楽しみます。雨が降っていてもビーチは十分楽しめます。

ビーチを楽しんでいるうちに雨は上がり、すっかり天気は回復。

f:id:kawada1234:20200827193035j:plain

すっかり晴れた15時頃にツアーは終了。ボートに乗ってノッパラッタラ桟橋へ戻ります。そこからツアー会社のバンでホテルまで送ってもらいます。

クラビのアイランドホッピングツアーの申し込み方や料金、ツアーの詳細についてはこちら。

f:id:kawada1234:20200816185230j:plain

夕方からはホテルのプールでまったりと過ごします。僕が泊まったホテルのプールはジャグジーがついていたり、寝っ転がれるスペースがあったり、プールバーがあり水中の椅子に座ってお酒を飲む事ができる素晴らしいプール。

雨も降る事なく、プールで夜までダラダラと過ごします。

僕が泊ったホテル、クラビリゾートの部屋や施設の紹介、料金についてはこちら。

f:id:kawada1234:20200906142720j:plain

夜はタイ・インドレストランのKing Kitchenでお食事。ロブスターやトムヤンクン、カレーを食べてお腹いっぱい。

こちらのレストランでは営業時間全てがハッピーアワーとなっていて、ビールやカクテルやワインがとても安いのでお酒もたっぷりと注文。

すっかり酔っぱらってしまいました。

King Kitchenの場所やメニュー、料理や飲み物、ロブスターの値段についてはこちら。

3日目

天気予報

f:id:kawada1234:20200906143901j:plain

3日目の天気予報は曇り。降水確率は20%でクラビ滞在中で一番いい予報です。雨マークも雷マークもありません。

この日はバイクで僕が泊っているホテルから70キロ程先の山中にあるエメラルドビーチとクロントム温泉に行く予定。バイク移動だから雨が降らない予報でとても安心。

午前

f:id:kawada1234:20200906144424j:plain

予報は降水確率20%のくせに朝から雨。雨の中でのバイク移動は嫌なので、部屋に戻り雨が止むのを待ちます。

11時頃、空は相変わらず厚い雲で覆われていますが、雨は止んできました。 

f:id:kawada1234:20200829173443j:plain

じきに晴れてくるだろうと思い曇り空の中ホテルを出発。

f:id:kawada1234:20200829174028j:plain

しかし、どうやら僕の進行方向と雨雲の進行方向が同じのようで一向に空は晴れません。

移動中、今にも雨が降ってきそうな雰囲気がずっと続いています。

f:id:kawada1234:20200829174246j:plain

山に着いた頃には本格的に雨が降り出してきました。常夏の国タイとはいえ、雨の中びしょ濡れになってバイクで走るのは寒い。

午後

f:id:kawada1234:20200829181130j:plain

やっとエメラルドプールに到着。観光客はみんな傘をさしています。

入場券を購入すると、今はコロナの感染予防のためにエメラルドプールで泳ぐことはできない、というとても残念なお知らせを受けてしましました。頑張って雨の山道を運転してきたのにがっかり。

f:id:kawada1234:20200829182803j:plain

ただ、エメラルドプールの敷地内に入った瞬間に雨は止み空は晴れてきました。なんとも嬉しい。

綺麗な山の緑と透明の美しい川を眺めながら、目的のエメラルドプールまで1キロ以上歩きます。

f:id:kawada1234:20200829185607j:plain

エメラルドプールに到着。泳げないのは残念ですが、とてもいい天気の中で緑の美しい湖を見れたのがとても嬉しい。

陸から泳いでいる魚の姿が見えるほどの透明度の美しい水は感動的です。緑色もとても綺麗。

エメラルドプールへの行き方やツアーの料金、見どころはこちら。

f:id:kawada1234:20200830170944j:plain

エメラルドプールを出て、次は近くにある天然温泉のクロントム温泉に向かいます。エメラルドプールを出たとたんにまた雨が降り出してきました。

雨で冷えた体を温泉で温めよう、そんな気持ちマンマンでクロントム温泉へと向かいます。

f:id:kawada1234:20200830162939j:plain

こちらがクロントム温泉。山の中で約38℃の天然温泉を楽しめるクロントム温泉は地元民にも観光客にも大人気のスポットです。

f:id:kawada1234:20200830174757j:plain

でも僕が着いた時は雨のせいで水は濁り、水温もあたたかくなくぬるい状態。ただ、また温泉についた途端に晴れてきたのでしばらく温泉を満喫。

f:id:kawada1234:20200830171110j:plain

温泉の隣には巨大温水プールがあります。濁っててぬるい温泉よりもプールの方が快適で、温泉よりも長い時間をプールで過ごします。

クロントム温泉への行き方やツアーの料金はこちら。

f:id:kawada1234:20200906155500j:plain

クラビの山を楽しみホテルに戻ります。降ったり止んだりの雨でしたが、僕がホテルに帰る時は雨は止んで安心。

f:id:kawada1234:20200906155729j:plain

雨が降ったり止んだりの中、バイクで片道70キロの移動はなかなか疲れました。ホテルに戻り、バルコニーでワインを飲みながらまったりします。

f:id:kawada1234:20200831132854j:plain

暗くなると再び雨が降ってきました。お腹が空いてきたのでタイ料理レストランのPotjawanでディナーを満喫。

何を食べても美味しかったのですがエビ料理が一番美味しかったです。

Potjawanの場所やメニュー、料金について詳しくはこちら。

ご飯を食べ終えホテルに戻ります。バルコニーで再びワインを飲み、すっかりよっぱらってこの日は終了。

天気予報は曇り、降水確率は20%というクラビ滞在中一番いい予報でしたが、結局天気は一番悪く雨もたくさん降った日でした。

4日目

天気予報

クラビ最終日。午後には空港に行き飛行機でバンコクに戻ります。

雨期のタイの天気予報はあてにならないという事をクラビ滞在中に毎日予報を見て確信したので、この日は天気予報はみていません。

午前

f:id:kawada1234:20200906160952j:plain

この日は朝から雨。朝食を食べ終えレセプションに行き帰りのクラビ空港行のタクシーを予約します。そして部屋にもどり、しばらくまったりとします。

お昼前、チェックアウトの手続きをしてレンタルバイクを返しに行きます。タクシーはホテルまで来るので、荷物はホテルのロビーに置いてもらいます。

バイクを返して小雨の降る中アオナンビーチ周辺をお散歩。

僕がクラビに行った時は2020年の8月。観光地のクラビはコロナのせいで観光客が激減し、多くの店はシャッターが閉まっていました。人もあまり歩いていません。

雨の中、この状態の道を歩くと寂しい気持ちでいっぱいになってきます。混んでないのは嬉しいですが、人がいなさすぎるのも嫌なものです。

午後

f:id:kawada1234:20200906162146j:plain

お腹が空いてきたので初日にお昼を食べたワンサイシーフードまで歩いていきます。店内は初日に来た時とは違い、海からの強風が吹いてきて天井から吊り下げられている飾りが激しく揺れています。

f:id:kawada1234:20200906162354j:plain

今回はシーフードカオパッドを注文。相変わらず具沢山で美味しくリーズナブルなお値段で大満足。

お昼を食べ終えホテルに戻ると空港行のタクシーが僕を待っていました。

f:id:kawada1234:20200906162849j:plain

ホテルから20分ほどでクラビ空港に到着。雨はやみましたが空には分厚い雲が広がっています。現在クラビ空港は改装工事中で、以前ピピ島に行く際に来た時とは随分景色が違います。

コロナ渦中のドンムアン空港

飛行機に乗り1時間30分。鎖国中のタイなので恐ろしいほど人がいないドンムアン空港に到着し、クラビ旅行は終わりました。

今回雨期のクラビを旅行しましたが、雨期でも雨期じゃなくてもやれること、楽しめる事は同じです。

タイの雨期、雨が降る時は降るし降らない時は降らない。どのタイミングで降るかは運次第。

予報で行動を決める必要はない、という事を身をもって学びました。雨期でも十分に楽しめたクラビ旅行でした。

クラビへの行き方やお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストラン、ホテルなどのクラビの記事一覧はこちら。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ