なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

リペ島の在住日本人がおすすめするレストラン NEE PAPAYA THAIFOOD & BBQ 

リペ島のレストラン NEE PAPAYA THAIFOOD & BBQ

リペ島には新鮮な魚介類を使ったタイ料理系シーフードレストランがたくさんありますが、リペ島在住の日本人が一番おすすめするシーフードレストランはNEE PAPAYA THAIFOOD & BBQになります。

なぜ一番おすすめかというと、その日にリペ島近辺の綺麗な海で獲れた新鮮魚介を使っている美味しい料理をたっぷり満喫できるからです。

リペ島滞在中、ダイビングに行った際にリペ島在住の日本人インストラクターに一番おすすめのレストランはどこかを聞いた際にNEE PAPAYA THAIFOOD & BBQを教えてもらったのですが、おすすめされただけあって大満足のディナータイムを過ごせました。

リペ島で美味しいタイ料理を食べたい、新鮮なシーフードを食べたいという方は一度足を運んでみるべきレストランのNEE PAPAYA THAIFOOD & BBQを紹介します。

 

NEE PAPAYA THAIFOODの場所と行き方

NEE PAPAYA THAIFOODはウォーキングストリートの街中側の出入り口から出て、右に行ってすぐの場所にあります。

セブンイレブンからウォーキングストリートの出入り口を越えてすぐの場所にあり、リペ島内にはセブンイレブンは一件しかないので初めてのリペ島観光の方でも分かりやすい場所にあります。

看板には英語でもNEE PAPAYA THAIFOOD & BBQと書かれているため、近くを通ったらすぐに発見できます。

NEE PAPAYA THAIFOOD お店の様子

お店前には獲れたて新鮮シーフードの数々。タイでは何を食べても大当たりのデカい魚やエビ、カニ、貝類、カブトガニなんかが並んでいます。

デカい魚はバーベキューにして焼いたり、蒸し料理にしたり、刺身で食べたりする事ができます。

すぐ近くでは新鮮シーフードがおいしそうに焼かれています。

店員さんにおすすめの魚を聞いてその魚をおすすめの調理法で作ってもらうのが、新鮮なお魚系料理のおすすめの食べ方になります。

広い店内にはテーブル席がたくさんあり、お客さんもたくさんいて賑わっています。

店内にはカニの生簀があります。超新鮮カニを美味しくいただけます。

NEE PAPAYA THAIFOODのメニューとお値段

タイシーフード料理が中心のNEE PAPAYA THAIFOOD。一部のメニューとお値段を紹介します。

店舗前にある新鮮シーフードのバーベキューは量り売りが多いので、お値段が気になる方は店員さんに値段を聞きましょう。

メニュー表はタイ語と英語と中国語で記載されています。

カニカレーやカニのココナッツスープ、カニの蒸し焼きなどのカニ料理は、量によって350バーツと700バーツ。

グリーンカレーやマッサマンカレー、トムヤンクンは、鶏、牛、シーフードなど具材を選べてお値段は150と200バーツ。

ご飯の上におかずを乗せたタイ版丼は、おかずの種類によって80~160バーツ。

タイ版チャーハンのカオパッドは鶏、豚、牛、シーフード系など具材を選べてお値段は100バーツ。

パッタイやトムヤムヌードル、グリーンカレーヌードルなどの麺料理は80~120バーツ。

タイの国民食、パパイヤサラダのソムタムは80バーツでたくさんの種類があります。

フライドポテトや春巻き、フライドポテトなどの揚げ物系は100~150バーツ。

飲み物系は、紅茶系やフルーツジュース系などがたくさんあり、お値段は30~100バーツ。

ビールなどのアルコール系もたっぷりあります。

マンゴーライスやパンケーキ、南国系フルーツ盛りといったデザートも充実しています。

 

NEE PAPAYA THAIFOOD いただきます

まずはビールで乾杯。

ウォーキングストリートで買ったイカ焼きをつまみに、料理が運ばれてくるのを待ちます。このイカ焼きが、卵がびっしりで思った以上の美味しさでした。

まず運ばれてきたのはパパイヤサラダのソムタム、お値段は80バーツ。

辛い物を食べれない僕は一口食べてみて辛くて無理でしたが、タイ人奥さんは美味しい美味しいといってガツガツ食べていました。

こちらはカブトガニのヤム。ヤムも辛めのサラダ料理です。

日本ではカブトガニを食べる事はほぼありませんが、タイではたまにカブトガニ料理を見かけます。

そしてこちらが新鮮お魚料理。

店前で店員さんに一番おすすめのお魚を選んでもらい、店員さんおすすめの調理法で作ってもらったものです。

表面をカリカリに、中身はふんわりとした食感のデカ魚焼きは非常に美味しく、おかわりするか悩みましたが、意外と量もありお腹いっぱいになってしまったため断念。

今回は僕とタイ人奥さんでこの三品プラスライスを注文しましたが、二人ともお腹いっぱいで大満足のディナータイムとなりました。

ちなみに隣の席の人が食べていたデカい魚のカリカリ焼きじゃないバーベキューもすごく美味しそうでした。また、タイはデカい魚のスープ蒸し系料理もすごく美味しいです。

他のデカい魚系料理もすごく気になるので、またリペ島に行った際は、別のデカい魚料理を食べに行こうと思います。

リペ島のビュッフェレストラン、アキラ リペ リゾートについてはこちら。

リペ島でのシュノーケリングについてはこちら。

 

リペ島での食事やショッピング、遊びや観光についての記事記事一覧はこちら。

NEE PAPAYA THAIFOOD 営業情報と地図

住所(英語) F8Q5+879, Ko Tarutao, Mueang Satun District, Satun 91000
住所(タイ語) F8Q5+879 ตำบล เกาะตะรุเตา อำเภอเมืองสตูล สตูล 91000
電話番号 0877145519
営業時間 09:00~23:30 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ